1台3役の加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」日本先行でお披露目、11月29日に8万円で発売

ダイソンは加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」を11月29日に発売します。市場想定価格は税別8万円前後です。加湿器、扇風機、空気清浄機の3つの用途に対応した製品で、どんな季節でも室内の衛生環境を整えるとしています。 加湿機能では新設計のUV-Cテクノロジーを採用。加湿に使用するタンク内の水をUV-Cライトで照射して細菌を除去し、銀繊維を編み込んだ抗菌加湿フィルターを採用することで衛生的な加湿を実現したそうです。 ▲タンク内で加湿フィルターを入れて洗浄できます。水と専用のクエン酸を入れて、一時間水を循環させて洗浄します。 本体に搭載されているセンサーが微細粒子や揮発性有機化合物、湿度、温度を測定。丸いLCDディスプレイでそれらの数値をリアルタイムで表示してくれます。空気清浄機能としては「360˚グラスHEPAフィルター」がウイルスなども含むPM 0.1レベルの微細な粒子を捕らえ、「活性炭フィルター」により有害なガスも除去するとしています。 1台3役の加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」濃ゆいスモークが30秒でこんなにクリアに!https://t.co/vhLTTl9yHw pic.twitter.com/SfVewuTmOI - Engadget 日本版の田沢梓門 (@samebbq) November 14, 2019 送風は首振りではなく、エアコンの様に両端の送風口のフィンが動くことで開口部から最大90度で送風の向きを調整できます。そよ風に近い送風が可能な「ブリーズモード」も新たに搭載されました。 ダイソン製品を操作できる「Dyson Link アプリ」にも対応。屋内の空気の汚染度や温度、湿度の数値確認やリモコン代わりに操作も可能です。新機能として、スマホからの音声操作にも対応しました。 本体サイズは高さ923x幅312x奥行き312mm、重さは8.29 kg。空気清浄能力は8畳を22分、加湿能力は350mL/h。フィルター交換目安は約1年(1日12時間使用の場合)。 実は日本で初公開でした じつは「Dyson Pure Humidify+Cool」は、世界に先立って日本初お披露目の製品です。11月14日に開催された製品発表会では同社の空調家電製品カテゴリーのグローバル・カテゴリー ディレクター、チャーリー パーク氏が登壇し、以下の用にコメントしました。 「サイクロン掃除機で培われた空気力学の専門技術を活かして開発された空調カテゴリーが誕生して、今年で10周年です。『Dyson Pure Humidify+Cool』の開発にあたっては、弊社が行なってきた微生物学や先端生化学の研究での知識と、工学原理と組み合わせを試みました。それらの努力の結果、乾燥や空気の汚れを解決して衛生的な屋内 環境を維持できる製品を開発することができたのです」。 ■関連リンク Dyson Pure Humidify+Cool製品サイト

Google社員、Stadiaキットを近所のユーザーに手渡しと約束。配送の遅れを受けて

米GoogleのゲームストリーミングサービスStadiaは19日に公式リリース予定です。しかしながら、プレイに必要なFounder's Edition(スターターキット)は6月6日の予約初日に注文した人でもほとんどが21〜22日、最速でも20〜21日に配送となる(Googleストアで確認可能)ことが明らかとなっています。 こうした配送の遅れを受けて、Stadiaチームの1人が自宅の近所に住んでいるユーザーに自ら手渡しで届けると表明しています。

日本工営とスカパーが業務提携--衛星データ活用し老朽施設の事故リスクを判断

日本工営とスカパーJSATが業務提携。衛星データの活用により、老朽化したインフラの事故リスクを衛星データで一括判断するサービスを共同開発し、2020年のサービス提供開始を目指す。

MacBook Proを2台同時充電可能な驚異の電源アダプタ「HyperJuice」

Image:HYPERハイパーすぎ!モバイルバッテリーと同じくらい、熱く盛り上がっているサードパーティーの電源アダプタ業界。そしてHYPERが新たに投入するのは、なんとMacBookPro(15インチ)の2台同時充電も可能な「HyperJuice」です。HyperJuiceで注目したいのは、なんといってもそのパワー。2個のUSB-Cポートと2個のUSB-Aポートを搭載し、USB-Cポートからは最大

大宮駅に、AIを搭載したロボットパスタショップなど--「STARTUP_STATION」

ロボティクス・サービス・プロバイダーのQBIT Roboticsは11月14日、JR東日本グループ(東日本旅客鉄道とJR東日本スタートアップ)のビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択されたと発表した。

あと1日!お部屋にいながら世界を旅する木製ウォールアート「3D世界地図」がもうすぐ終了

Image:machi-yaライフハッカー[日本版]からの転載年末年始はどの国に行こうかな?青い海でバカンス、古城探訪、最先端都市でショッピング三昧など、日本だけでは味わえない体験を思い描くって楽しいですよね。そんなワクワクした気持ちをいつでも感じられそうな木製ウォールアート「3D世界地図」が現在姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンを実施中。まもなくキャンペーン終了となるので、今回あらためてご

ソニー、インドに研究拠点を設立--AI人材を中心に採用

ソニーは11月14日、R&Dセンターのひとつとして、インドに研究拠点を設立すると発表した。まずは、2020年に最初の拠点を設立し、その後複数開設する予定だという。

ポケモンGO「こうかばつぐんウィーク」「フレンド・フェスト」イベント発表

ポケモンGOが11月後半から12月にかけてのイベント予定を発表しました。 11月20日から26日は、GOロケット団との戦いにも役立つトレーナーバトル関連ボーナスの「こうかばつぐんウィーク」を開催。 11月28日から12月2日は、交換コスト半減や特別交換が1日2回など、家族友人と一緒に遊ぶテーマの「フレンド・フェスト」を実施します。 また11月27日以降、伝説レイドボスに「テラキオン」が出現することもあわせて発表しています。

クックCEOとトランプ大統領によるApple施設訪問、まもなく実施か

Image:MoabRepublic/Shutterstock.comデート…ではなさそうですロイターの報道によると、Apple(アップル)のティム・クックCEOはトランプ大統領と来週にもテキサス州オースティンのApple(アップル)の施設を訪問するようです。もちろん世界でもトップクラスに忙しい2人が、ただの工場見学で終わるわけではありません。この訪問は、トランプ大統領によるアメリカ企業の国内生産

iOS版Lightroomユーザー待望。外部メディアからの直接インポートに間もなく対応

11月初めに開催されたAdobe MAXではiPad版Photoshopが発表されましたが、すでにリリース済みのiPad版(iOS版)Lightroomにも、地味ながら便利な更新が入りました。ユーザーが待望していた、外部メディアから直接の写真インポートが可能となるためです。 関連記事: iPad版Photoshop公開。PSDファイルをiPadで編集可能、機能は順次拡充

写真で見るモトローラ「Razr」--開いて閉じて、気になる折り目も

モトローラが発表した6.2型OLED画面の折りたたみ式スマートフォン「Razr」を写真で紹介する。

ARエンタメ開発のENDROLLが施設向け集客ソリューション「CIRCUS KIT」提供開始

 東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunch Tokyo 2019で11月14日、スタートアップバトル グループCに出場したAR×エンタメ企業のENDROLLは、商業施設向けのAR集客ソリューション「CIRCUS KIT」の提供開始を発表した。 Read More

HUAWEI WATCH GT 2レビュー。2週間の電池持ちはダテじゃない

ファーウェイ・ジャパンが日本への投入を発表したスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」。同社からグローバル版を借りて、数週間ほど試用してみました。 HUAWEI WATCH GT 2はいわゆるスマートウォッチで、時刻を表示するだけでなく、活動情報(歩数や心拍数など)を取得して、健康管理やトレーニングに役立てることができるという製品です。専用アプリを介して、ファーウェイのスマホだけでなく、iPhoneや他社Androidスマホに接続できます。

モトローラ、6.2型OLEDの折りたたみスマホ「Razr」発表--クラムシェル風の縦折り

Motorolaは、発売のうわさが流れていた、6.2型OLED画面の折りたたみ式スマートフォン「Razr」を発表した。

Apple Musicが一年を振り返るプレイリスト「リプレイ」を提供

 Apple MusicはSpotifyに対抗する新機能、Apple Music Replayを発表した。ユーザーは2019年に聴いたお気に入りの曲を振り返ることができる。 Read More

ファーウェイ新スマートウォッチ「WATCH GT 2」11月29日発売、普段使いで2週間の電池持ち

ファーウェイ・ジャパンは、スマートウォッチの新製品「HUAWEI WATCH GT 2」を11月22日に発売します。国内の家電量販店やAmazon、楽天などの各ECサイトで取り扱われます。 ケースサイズが46mmと42mmの2パターンを用意し、それぞれ3デザインの計6モデルをラインナップします。価格は最安の42mmスポーツモデルは2万2800円(税抜、以下同)から。最上位のエリートモデルは3万2800円となっています。なお、各サイズの最上位モデルは12月に遅れて発売されます。 46mmモデルでは一体型のクリスタルベゼルを採用し、最上位モデルは「エリートモデル」と命名されています。対して42mmモデルは厚さ約9.4mmとスリムで丸みを帯びた、どちらかというと女性向けなデザイン。最上位モデルは「エレガントモデル」と名付けられています。 両モデルとも最大の特徴は、長時間のバッテリー駆動を実現しつつ、処理速度を向上させたこと。46mmモデルは典型的な使用パターンで約2週間、42mmは約1週間の電池持ちを謳い、GPS利用時の電池持ちは46mmモデルで約30時間と旧モデルより向上させています(42mmモデルは約15時間)。SoCにはファーウェイ独自設計の「Kirin A1」を搭載しています。 スマートウォッチとして基本的な機能を網羅し、スマートフォンとの連携による通話や音楽再生、各種通知、アクティビティの計測、スマートフォンを紛失した際に検索する、といったことが行えます。また、ストレスが高いと検出された場合は、深呼吸を整えるように促す機能も備えます。 ウォッチフェイスは、初代GTと同様にカジュアルからシックなタイプなどが用意されています。ウォッチフェイスのスタイルに合わせたウォッチバンドも用意されています。バンドの種類は42mmが3種類、46mmが3種類です。Androidスマホであれば、専用ストアから各種フェイスをダウンロードできるほか、自身で撮影したお気に入りの写真をフェイスに設定できます。 カラフルなウォッチフェイスのほかに、画面パターンは限られますが、デジタル・アナログ時計表示でディスプレイの常時点灯にも対応します。 ▲ウォッチフェイスも多数用意 ▲46mmはスピーカーを内蔵 アクティビティ計測では、屋内外で15種類のワークアウトパターンから選んで記録可能。特にランニングでは、13種類のコースパターンを用意し、初心者から上級者向けまで、様々な人に合わせてリアルタイムでコーチングするとしています。 14日に東京都内で行われた発表会にはCrossFitトレーナーのAYAさんが登壇し、HUAWEI WATCH GT 2を装着した状態で腹筋しました。短時間とはいえ、やや激しい運動をしたこともあり、画面には脂肪燃焼や有酸素運動が激しいという結果が表示されました。 ▲CrossFitトレーナーのAYAさん ▲AYAさんの運動結果(心拍数に関する内容) モデル・カラーと税抜価格は以下の通りです。 【46mmモデル】 スポーツモデル(マットブラック) ── 2万4800円 クラシックモデル(ぺブルブラウン) ── 2万8800円 エリートモデル ── 3万2800円 【42mmモデル】 スポーツモデル(ナイトブラック) ── 2万4800円 クラシックモデル(グラベルベージュ) ── 2万6800円 エレガントモデル ── (3万800円)

NASAが来年計画している有人の商用宇宙飛行をiOSとWebのアプリで疑似体験できる

 商用の有人宇宙飛行を目指しているNASAが、モバイルアプリとWebアプリケーションでその簡単なシミュレーションを提供している。来年行われるその商用飛行にはSpaceX Crew DragonとBoeing Starlinerが使われるが、シミュレーションはその両方を疑似体験できる。 Read More

ファーウェイ、東京で独自アプリ基盤「HMS」の開発者会議

ファーウェイは、スマートフォンのアプリストアなどをまとめた独自エコシステム「HMS」(Huawei Mobile Service)の開発者会議を東京で実施すると明かしました。日本での開催はポルトガル・ポーランド・スペイン・アラブ首長国連邦・シンガポール・タイ・マレーシア・フィリピンに続いて9か国目です。 米国の制裁により、最新端末にGoogleサービス(GMS:Google Mobile Service)を搭載できなくなったファーウェイは、GMSの代替となるHMSに注力。約10億ドルを開発者向けに拠出し、HMSの世界的な普及を目指しています。 11月14日に東京で新製品発表会に登壇した呉波氏は「HMSは全世界で月間5億7000万人のアクティブユーザーを抱えている」「日本の開発者の皆さんにも、日本語でフルサポートを提供する」とコメント。 また、東南アジアの配車最大手「Grab」がHMSに登録した結果、HMSの独自アプリストア経由で3か月間で300万回以上のダウンロードがあった点を挙げ、開発者に対し、アプリをHMSに登録することでグローバルに配信が行えるとアピールしました。

Apple Watch Series 6(仮)、処理速度と耐水性能が向上か。スキューバダイビングも可能に?

最新モデルのSeries 5が2ヶ月前にリリースされたばかりのApple Watchですが、早くも次期モデルSeries 6(仮)は「パフォーマンスが向上し、耐水性能が改善される」との予測が伝えられています。

Googleマップが外国の地名を読み上げる翻訳機能を提供

 Googleマップは、言葉の通じない国を旅行する人たちのために、テキスト読み上げ機能付き翻訳機能を提供する。ユーザーが場所の名前や住所の横にあるスピーカーボタンをタップするとGoogleマップが読み上げてくれる。旅行中に道順を尋ねたいときには特に便利だろう。 Read More