Twitter傘下だったライブ動画VineがByteに改名し復活。Tiktokにはない魅力を狙う

2016年に財政的に苦境にあったTwitterが6秒動画のVineを終了させて以後、ループする短い動画を共有する市場は中国のTikTokにさらわれた感があった。 それから1年半経って、Vineの共同ファウンダーであるDom Hoffman(ドム・ホフマン)氏はVineの後継アプリのV2を開発していると発表した。 このアプリがByteと改名され、このほど非公開ベータを開始した。ホフマン氏は友だち100人をアプリに招待したという。ByteはVineによく似ており、縦位置撮影の短いスマートフォン動画を簡単にアップしてループ再生で共有するソーシャルプラットフォームだ。表示の順序はもっとも新しい投稿がトップとなるフィード方式だ。

タクシー配車「DiDi」が東京でもサービス開始--2019年度内に全国展開へ

タクシー配車サービス「DiDi(ディディ)」を運営するDiDiモビリティジャパンは4月24日、サービスエリアを拡大し、東京と京都でサービスを開始した。

脳信号を音声に変換、患者の会話を支援する研究発表。「しゃべる動きを再現」するアプローチ

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究者チームが、脳の信号を音声に変換するインプラント(埋め込み型)インターフェースを発表しました。 この研究は、重度の麻痺を患った人々の会話を助けるシステムに向けての第一歩とのこと。現状では話す能力を失った患者が意思表示をするには並々ならぬ努力を要しますが、ゆくゆくは改善されるかもしれません。

旅をしながらIT業界で働く「世界中の」デジタルノマドに医療保険を提供するSafetyWing

 旅をしながら遠隔勤務で仕事をする主にフリーランスのデジタルノマドはこの世界に「2500万人ほど」存在する。 Read More

ソフトバンク、空飛ぶ電波塔「HAWK30」誕生。完璧にSFじゃんこれ!

Image:ソフトバンクAlphabetとも連携するビッグプロジェクト。本日、ソフトバンクが発表したものは、上空から広範囲にネットワークを提供する「HAPS(HighAltitudePlatformStation)」事業。その根幹を担うものがトップ画像の飛行機「HAWK30(ホーク30)」です。このむちゃくちゃカッコいい飛行機は、全長約78m、ソーラーパネルを搭載した翼には10個のプロペラを装備、

個人遺伝情報の提供でポイント付与--遺伝子検査のジェネシスヘルスケア、新サービス

ジェネシスヘルスケアは4月25日、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」を開始すると発表した。

英国、ファーウェイの5Gネットワークへの参入を限定的に許可へ

米国から安全保障上の脅威を指摘されている華為技術(ファーウェイ)に関して、英国が5Gネットワーク構築プロジェクトへの参入を許可する模様だと、The Telegraphが伝えている。

テスラの第1四半期は786億円の赤字

 Tesla(テスラ)は水曜日、予想より大きな赤字7億200万ドル(786億円)を計上した第1四半期決算を発表した。 Read More

Grow with Google:Googleのノウハウを無料で学べるってすごい

Image:Googleこの量で全部無償なのか…すごい。Googleは、4月22日にデジタルスキルトレーニングプログラム「GrowwithGoogle」を発表しました。2022年までに日本国内の1000万人に対してデジタルスキルのトレーニングを無償で提供するというもので、30以上のプログラムやトレーニングが用意されています。プログラム開始時は、(1)ビジネス向け、(2)個人向け、(3)学生・教育者

iOS 13では顔文字、牛、タコ、ネズミなどのアニ文字が増えるみたい

Image:Hadrian/Shutterstock.com顔文字って、なかったんですね。自分の顔の動きを可愛い絵文字に反映してくれる「アニ文字(Animoji)」。こちらに、iOS13では絵文字(たぶん?とかの顔文字)や牛、タコ、ネズミがくわわりそうです。ItlookslikeiOS13mightgetsomenewAnimoji:acow,octopus,mouse,andanemojifac

「Apple Watch」のリアルな耐久テスト?海で紛失から半年後に動く状態で発見

あるボディサーフィン愛好家が海でなくした「Apple Watch」が、半年後に正常な状態で見つかった。

Teslaが保険商品を販売へ

 Tesla(テスラ)は保険商品を開発中で1カ月ほどで発売する計画だ。CEO Elon Musk(イーロン・マスク)氏が米国時間4月24日の第1四半期決算会見でアナリストらに語った。 「現在世に出ているどの商品よりも魅力あるものになる」とマスク氏は言った。… Read More

KyashがAPI開放、オンラインバンクやポイントを『即Visa化』できるKyash Direct

ウォレットアプリ「Kyash(キャッシュ)」を運営するKyashは、サービス・アプリ開発者向けのVisaプリペイドAPI「Kyash Direct」を発表しました。 Kyash Directを利用することで、サービス開発者が自社ブランドの「バーチャルVisaカード」を発行できるようになります。たとえば、銀行ならオンラインバンクの預金残高をVisaプリペイドとして支払ったり、フリマアプリなら売上金をVisaで利用できるようにしたりといった形で利用できます。アプリなどに表示するバーチャルVisaカードのほか、実カードの発行にも対応。今後、電子マネーQUICPayの発行にも対応します。 Kyash Directのサービス開始にあたり、Kyashはビザ・ワールドワイド・ジャパンと提携。Visaのスタートアップ向けプログラムの一環として、Visaプリペイドの自社発行権限を取得しています。Kyash Directではカード発行から決済処理までKyashが提供することで、低コスト化で高速処理の決済サービスを提供できるとしています。

Kyashが決済技術を他社へ開放、法人向けプラットフォーム「Kyash Direct」を提供開始

 ウォレットアプリを提供するKyashは4月25日、法人向けの決済プラットフォーム「Kyash Direct」の提供を開始した。同時にVisaとのパートナーシップを強化し、「Fintechファストトラックプログラム」契約を締結したことも明らかにしている。 Read More

アカデミー賞の選考資格は昨年同様ストリーミングにとって不利、映画は劇場で見るもの

 選考適格であるためには、ロサンゼルスの商用劇場において7日間以上、一日の上映回数3回以上、有料入場者に対して上映されていなければならない。 Read More

ファーウェイが中国国家安全部から資金協力を受けているというウワサ=CIA関係筋

5Gはどこへ。もうネットが速くなるならどこでもいいよ、と言いたくなりますよね。でも国家の安全と言われたらねえ...。ギズモード・ジャパンのスマホレビューなんかじゃあ、どれも使い勝手はよさそうなんですが。米GizmodoのTomMcKayがレポートしています。どこでもいいから夢の5Gネットワークを早くどんどん安全に日本にも広げてほしい〜。米中央情報局(CIA)関係筋からの情報によれば、天下の中国巨大

AirPods上位版はノイキャン搭載で2019年末までに発売? 複数の情報源からの噂が

今年3月に発売された第2世代AirPodsを買ったばかりの人は複雑な心境となりそうですが、早くも新型AirPodsの噂が複数の情報源から伝えられています。

発売前の「Galaxy Fold」がさっそく分解。スキマがやばい…

Image:iFixit二つ折りで超えなければいけない壁がよくわかる…。折りたたみスマホとして、いま世界からの視線を集めているこの貴重なガジェット。発売前のGalaxyFoldを早くも分解したのは、そうねおなじみiFixit。この分解レポートにはそのメカニカルな構造に加え、GalaxyFoldの問題点も指摘されています。開ける前から隙間Image:iFixitおいおいマジかよ。と思わされたのがこの

投資初心者にも資産運用の第一歩を--LINEスマート投資で積み立て「ワンコイン投資」開始

テーマ投資サービスを展開するFOLIOと提携し、「LINEスマート投資」を提供するLine Financial。同社は4月25日、LINEスマート投資において、「ワンコイン投資」のサービスを開始した。

セガ、Nintendo Switch向け「SEGA AGES バーチャレーシング」の配信を開始

セガゲームスは4月25日、Nintendo Switch用ソフト「SEGA AGES バーチャレーシング」の配信を開始した。オンラインでの2P対戦のほか、ローカル対戦では1台のNintendo Switchで最大8人での画面分割対戦が可能としている。