Samsung Galaxy S10は、ほかのスマホをワイヤレス充電できる

 穴あき画面はともかくとして、Wireless PowerShareはS10シリーズの目玉機能だ。Samsungの最新フラグシップ機はこの機能を備えだ最初の端末ではないが(Huawei Mate 20 Proの方が数ヶ月早かった)、クールな新機能に違いない。 Read More

AirPodsを越えてる気がする:Samsungの新完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」ハンズオン

昨今、外に出れば耳から綿棒が突き出たみたいなイヤホンを見かけないことはありません。そうした日常がすぐになくなることはたぶんないでしょう。今年、Apple(アップル)のAirPodsは5000〜5500万台を売り上げると上がると予想されていますから。 しかし、そんな状況はSamsungの新完全ワイヤレスイヤホンによってすぐ変わってしまうかもしれません。SamsungはAirPodsのライバルたりう

Nintendo Switch保護フィルムが568円、口腔ジェットウォッシャーが3379円【Amazonセール速報2月21日版】#セール #特価

数あるAmazonタイムセールのなかでも、Engadget編集部が気になったアイテムをお届けします。 今回ピックアップしたのは以下の9アイテム。 Nintendo Switch 保護フィルムが568円、口腔ジェットウォッシャーが3379円などお得に購入できます。スマホでご覧の場合、右側にスクロールします。 ¥ 568 参考価格: ¥ 1,499 (62% OFF) Nintendo Switch 保護フィルム iVoler 専用強化 ガラスフィル... ¥ 4,480 参考価格: ¥ 17,820 (75% OFF) 【最新版】 Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ イヤホ. ¥ 1,614 価格: ¥ 2,099 (23% OFF) タブレット アーム スタンド 寝ながら ipad iphone アーム ベッド ... ¥ 3,379 参考価格: ¥ 5,680 (41% OFF) Vividay 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ こうくう洗浄機 ... ¥ 3,132 価格: ¥ 3,980 (21% OFF) アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 温度調節機能付き ホワイト ... ¥ 799 参考価格: ¥ 1,499 (47% OFF) USB Type C ケーブル【2M 3本セット】RAVIAD タイプ C ケーブ... ¥ 42,741 価格: ¥ 46,000 (7% OFF) OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII 14-42mm EZ... ¥ 1,189 価格: ¥ 1,680 (29% OFF) 【2018最新版】Morease 加湿器 空気浄化 超音波式 超静音 部屋 ... ¥ 2,958 価格: ¥ 3,580 (17% OFF) 【進化版】 APEMAN A66S アクションカメラ 1080P高画質 140... ※本記事のセール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況が変化する場合があります。

Samsung、Galaxy携帯の販売台数20億台を突破

 今日(米国時間2/20)最も高価なスマートフォンを発表したSamsungは、これまで大量に販売したGalaxy携帯の発展過程についても話した。 Read More

サムスン、「Galaxy S10」シリーズ発表--スペック、機能などまとめ

サムスンがサンフランシスコで開催したイベントで「Galaxy S10」を正式に発表した。「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10 Plus」の3機種が登場した。

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」発表--開くと7.3インチ、カメラ6基、20万円超

サムスンは米国時間2月20日、サンフランシスコで開催した「Unpacked」イベントで、新しい折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を発表した。

ドアを閉めるだけなのに中毒性MAXの『バタガチャ!』でネットランキング上位を狙え:発掘!スマホゲーム

【連載:発掘!スマホゲーム】 星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルをひたすらご紹介していきます! 今回ご紹介するのは『バタガチャ!』です。 発掘!スマホゲーム連載一覧 『バタガチャ!』は、オバケが部屋へ入ってこないようひたすらドアを閉め続けるアクションゲーム。正しい手順でドアを閉める行為に特化したシンプルな内容ですが、それゆえにプレイヤーの反射神経と正確な操作テクニックが要求されます。 『バタガチャ!』アプリダウンロードはこちらから   選択できるモードは、制限時間内にドアを閉めまくる「スピードモード」と、制限時間にライフの概念が加わった「ライフモード」の2つ。まずはオーソドックスなスピードモードから遊んでみましょう。 『バタガチャ!』の基本ルールは、画面に表示されたドアの状態に従って「バタ!」「ガチャ!」「オッケー!」のアイコンをタップすること。ドアが開いている場合は、左の「バタ!」から右に向かって順番にアイコンをタップします。最終的にドアを閉めて鍵をかければOKです。 最初からドアが閉まっている場合は、「ガチャ!」アイコンで鍵をかけて「オッケー!」アイコンをタップします。ただし、ドアが閉まった状態で「バタ!」をタップするとミス判定になるので注意が必要。約1秒間ほど動けなくなるミス判定は、1分1秒を争うスピードモードでは命取りになります。 ドアが空いているときに、オバケがこちらを覗き込んでいることもあります。その場合はドアを2回閉めることでオバケが追い払えるので、「バタ!」を素早く2回タップしてから「ガチャ!」に移りましょう。 スピードモードでは残りタイムが全て無くなった時点でゲームオーバーとなり、獲得したスコアが記録されます。記録はアプリ内のランキングに保存されるだけでなく、シェア機能を利用すれば他のユーザーに送信することも可能です。 ライフモードは、1回の操作ミスにつき体力が減少していく仕様となるため、制限時間とライフの両方に追われる難度の高いゲーム性が楽しめます。スピードモードに物足りなくなってきたら挑戦してみるとよいでしょう。 ドアを閉める操作性がクセになるシンプルなアクション『バタガチャ!』。記録更新を目指してストイックにやり込めるゲームを求めている方はぜひプレイしてみてくだだい。 『バタガチャ!』アプリダウンロードはこちらから   発掘!スマホゲーム連載一覧

友達の過去ツイート数百件を「いいね」誤爆しまくってしまった話

米Gizmodo編集部のHarrisonがやってしまったTwitterのうっかりミス。意図せず友達の過去ツイートを大量いいね!してしまい、「大丈夫か?」と心配されて恥をかいたというお話。これ、みんなもやってしまう可能性大いにあるので、ちょっとHarrisonに詳しい話を聞いてみましょう。

【きょうのセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! AnkerのACプラグ付きモバイルバッテリーや48in1精密ドライバーキットがお買い得に

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール、今日2019年2月21日はAnkerのACプラグ付きモバイルバッテリーや48in1精密ドライバーキットなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。

みずほ、スマホQRコード決済「J-Coin Pay」を3月から--個人間送金も可能

みずほ銀行はスマートフォンでのQRコード決済サービス「J-Coin Pay」を発表。3月1日からアプリの提供を始める。銀行口座から任意の金額をチャージして加盟店での支払いが可能な他、個人間の決済にも対応する。

本日発表のGalaxy S10シリーズ全4機種まとめ!

Image:Samsungこれからの10年を見据えるシリーズ!Galaxy10週年で盛り上がりを見せたSamsungUnpacked2019。期待に十分応えた発表内容となりました。次世代体験というGalaxyS10シリーズは、DynamicAMOLEDディスプレイ、次世代カメラが最大の魅力!全部で4機種。最高スペックのS10+、必要なものをコンパクトにおさめたS10e、パワフルなパフォーマンス&次

熱烈招致のはずが--アマゾンのニューヨーク第2本社計画が頓挫した理由

アマゾンがニューヨークで進めていた第2本社建設計画を断念した。賛成する声も多かったが、地元の政治家や組合の反対が根強いことが決定打となった。この経緯は今後の企業誘致に影響する可能性がある。

画面の継ぎ目はわからない。たたんで4.6インチの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のスペックまとめ

Samsungのパカパカ。スペック気になる…。 と思ってたら早速公式でリリース出ていました。さぁ、「Galaxy Fold」の姿と性能をじっくりとチェックしていこう!

Samsung Unpackedは、相変わらずエンタメ感あふれる会場&スクリーン使い!

Samsungの発表会で、個人的にもっとも楽しみにしていること。それは、新しいスマートフォンでも、次世代ネットワークでも、人工知能機能でもなく、会場の演出です。Samsungのイベントのたびに言ってますが、Samsungイベントはライブ配信で見る方が全体図が見れて楽しい! 上と左右のデカスクリーンに加え、ステージ&ランウェイもスクリーンの大迫力。トップ画像がDJ Koh CEOの登場シーンですが、

これがApple Watch Hermèsの新ウォッチフェイスだ

Image:WatchGenerationうーん、ゴージャス。AppleWatchとともに、歴史を作り上げてきたエルメスの特別モデル「Apple WatchSeries4Hermèsコレクション」。こちら、今後配布予定の「watchOS5.2」にて、新たな専用ウォッチフェイスが配布されることが判明しました。現在開発者向けにベータ版が配布されているwatchOS5.2ですが、海外サイトのWatchG

サムスンが折りたためるGalaxy Foldを発表、機能も価格も超プレミアム

 米国時間2月20日、サムスンはS10カンファレンスで折りたためるスマートフォン「Galaxy Fold」を発表した。 Read More

5Gスマホ「Galaxy S10 5G」発表 ベライゾンなどに投入

米国サンフランシスコで開催されたGalaxy Unpackedより。サムスンが「Galaxy S10」シリーズの最上位モデル「Galaxy S10 5G」を発表しました。 第5世代移動通信の「5G」に対応し、画面サイズも他の3モデルより大きい6.7インチ。なお折りたたみスマホ「Galaxy Fold」にも5Gモデルが用意される予定で、会場には米国の携帯最大手ベライゾンのHans Vestberg CEO(写真=下)も登壇。『この5Gスマートフォンを市場に投入することを非常に興奮しています』と述べました。 「Galaxy S10 5G」は、クアルコムの最新SoC Snapdragon 855を搭載したスマートフォンです。5GモデムのSnapdragon X50を組み合わせることで、ミリ波帯を含む5Gに対応。下り最大2Gbpsの高速通信が利用できます。 また、Galaxy S10シリーズの最上位モデルという扱いで、カメラは「S10+」が広角・標準・望遠の3眼なのに対し、本モデルは深度計測用のレンズを追加した4眼構成。ディスプレイサイズも大きいほか、バッテリー容量もS10+の4100mAhに比べて多い4500mAhとなります。RAMは8GBを採用します。 なお、米国の5Gは日本より1年進んでおり、今年上半期中には商用5Gサービスが開始予定。ベライゾンは従来からサムスン製の5Gスマートフォンを発売すると宣言していましたが、今回その端末が「Galaxy S10 5G」だと判明した形です。「Galaxy S10 5G」はまずベライゾンへ2019年上半期に投入され、その後AT&Tなどにも投入されます。 日本での5Gは2020年まで待つ必要 4G(第4世代移動通信)の次にあたる5Gは、最大で十数Gbpsに達する「超大容量」、数msレベルの「低遅延」、あらゆるモノをインターネットに繋ぐ「超多接続」が売り。自動運転や建設現場の自動化、遠隔医療、AIなど、産業分野でのイノベーションの促進も期待されています。 一方で、障害物に影響されやすいミリ波帯(24GHz以上)の電波を利用することから、当初のエリアは限定的。5Gで業界をリードするクアルコムは、人口の集中する都心部をミリ波帯で、その周辺部を6GHz以下のSub-6帯でカバー。郊外では5Gではなく、1Gbps超え4Gの「Gigabit-LTE」でカバーする、5Gと4Gを組み合わせた3層構造のエリア化を提唱しています。 なお、前述の通り米国より1年遅れの日本では、現時点で周波数の割当も決まっていない状況。総務省は4月10日に5Gの周波数を割り当て予定で、それを受けた各携帯キャリアは9月に試験サービスを開始。商用サービスの開始は2020年春を予定しています。 なお当初の5Gスマートフォンについては、4Gスマートフォンの出始めと同様に、エリアやバッテリーの持ちを懸念する声もあります。 Verizon owns Engadget's parent company, Verizon Media. Rest assured, Verizon has no control over our coverage. Engadget remains editorially independent.

Samsungのウェアラブル3種発表。スポーティーになったね! #SamsungEvent

Image:SamsungGlobalNewsroom今回はスポーツよりです!スマホに引き続き、スマウォも新モデル登場。完全ワイヤレスイヤホンも!Samsungのウェアラブル4ラインナップをチェックしてみましょう。血圧トラッキングに対応したスポーツスマートウォッチ「GalaxyWatchActive」Image:SamsungGlobalNewsroomまずはスマートウォッチ「GalaxyWatc

サムスン、Galaxy S10 / S10+ /S10e発表。ディスプレイ下指紋センサー搭載、3月8日発売

サムスンが、新製品発表イベントUnpackedにて「今後10年間の基礎となる」スマートフォンGalaxy S10およびS10+を発表しました。事前情報どおり、背面3カメラを搭載、ベゼルがほとんど無くなった6.1型/6.4型のディスプレイは縦に持ったとき右上に自撮りカメラが入るInfinity O AMOLEDスクリーンを採用しました。このスクリーン下には指紋センサーも内蔵します。 また、カメラやその他機能を簡素化した、5.8型ディスプレイのGalaxy S10eも同時に発表されています。

2月21日のできごとは「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver. 2.0) 公開」「プレイやん 発売」ほか:今日は何の日?

2月21日のおもなできごと 1996年、ソニーが光磁気ディスク「HS-1」を発売 2005年、任天堂が音楽・動画プレーヤー「プレイやん」を発売 2012年、ソニーが薄型ICレコーダー「ICD-TX50」を発売 2014年、JEITAが「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver. 2.0)」を公開