2020年のスマホはこうなる? HTC U11は未来からやってきた端末だ:山根博士のスマホよもやま話

日本での発売も正式にアナウンスされたHTCの新モデル「HTC U11」。Snapdragon835の搭載や6GBの大容量メモリの実装(上位モデル)、5.5インチWQHDディスプレイを搭載するなど名実ともにHTCのフラッグシップモデルとなる。 昨年のフラッグシップ機である「HTC 10」を順当にスペックアップした製品とも言えるが、水が流れるような本体デザインや微妙な色合いを醸し出す背面側のガラス仕上げなど、全体の仕上がりは大きく変わった。金属とガラス素材の組み合わせは今年1月に発表された「HTC U Ultra」「HTC U Play」と同じテイストだ。それぞれ5.7インチ、5.2インチモデルであることから、HTCのUシリーズはディスプレイサイズやCPUを変えた3モデルが出揃ったことになる。 金属とガラスをギャップレス仕上げとした美しいデザインのHTC U11 しかしHTC U11は新デザインのハイスペックモデルという位置づけの製品であるだけではなく、これまでのスマートフォンにはない新しい機能を搭載してきた。それはスマートフォンの将来の使い方を大きく変えるものになるかもしれない。側面を握って操作する「エッジ・センス」と、複数の音声アシスタント機能を搭載しているのである。 スマートフォンを握るという操作は、スマートフォンを使う時に必ず行うものだ。手の平でスマートフォンを持てば、おのずとスマートフォンを軽く握ることになる。その握る操作でスマートフォンをコントロールしてしまおうというのがエッジ・センス機能である。類似の機能を持った製品は過去にも他社から発売されたことがあるが、エッジ・センスは感圧センサーを利用することで、握る強さの強弱に応じた2通りの操作を可能にするほか、感度の調整も行える。 Squeeze=握る操作がHTC U11の特徴の一つだ エッジ・センスは「強く握る」または「弱く握る」で異なる操作を割り当てられる。そのため一連の操作をスムースに行うことができるのだ。例えばカメラを起動し、強く握るとリアカメラとフロントカメラを切り替え、弱く握るとシャッターを切ってくれるのである。1つのアプリ内で複数の操作を必要とするときも、エッジ・センスならば握りの強弱で連続した操作を行える。ただのタッチセンサーではなく、複数の操作を行える点は利便性が高い。 HTC関係者によると、当初エッジ・センスは電源ボタンや音量コントロールまでも出来るように考えられていたようだ。つまり側面から一切のボタンを無くし、端末を握るだけで電源ONからの操作が全て行えるようになるはずだったのだ。しかしいきなり電源ボタンを無くすのはユーザー側が戸惑ってしまうだろう。他社の例を見てみれば、LGは側面のボタンを背面のカメラの下に配置し左右に何もないすっきりしたボディーデザインのスマートフォンを販売してきたが、今のモデルでは左右のボタンが復活している。背面の電源ボタンはユーザーにとって慣れるものでは無かったのだろう。 スポーツ中も端末を握って操作。エッジ・センスはスマホの使い方を変えてくれる HTC U11は本体の左右下半分側に圧力センサーが内蔵されているが、それを上側や本体上下にも配置すれば、合計6つのセンサーを配置できる。またHTC U11は側面を両側から握ることで動作するが、試しに片側だけを押してみてもエッジ・センス機能は動作した。現状は握りの強弱という2つの動作にしか対応しないが、フルにセンサーを内蔵させたうえで握り方のパターンを組み合わせれば、エッジ・センスで対応する動作は10以上にもなるだろう。なお2012年にはドコモが「Grip UI」という、握って操作の開発モデルを発表したことがある。 例えば、本体右側の上側を強く押せば電源が入り、左側面の上側を強く押せば音量が上がり、下側を強く押せば音量が下がる、といったように、従来のハードウェアキーが配置されていた側面部分を押すといった操作なら、ユーザーは簡単に覚えるだろう。カメラを起動して本体を横にすれば、側面の上部右側を軽く押すとシャッターが切れる、なんて動作の割り当てもできる。本体を握るだけではなく、片側の側面だけを押す、という操作が加われば画面をタッチする操作をより低減させることができそうだ。 HTC U11は本体側面下部のみにセンサーを内蔵。今後のモデルではセンサーを増やすかもしれない だが本体を握ってアプリを起動することだけがHTC U11の本来の特徴ではない。HTC U11に搭載されるGoogleアシスタントとAmazonアレクサの起動を握る操作に割り当てれば、スマートフォンをポケットから取り出しながら即座に呼び出すことが出来るわけだ。つまりスマートフォンに向かって「OKグーグル」と話しかけなくとも、HTC U11を軽く(あるいは強く)握るだけで、音声アシスタントをそのまま使うことができるのである。 しかもHTC U11は4つの高性能マイクを内蔵しているため、騒音の多い屋外でも音声アシスタントの声認識率は高いだろう。さっと取り出すだけで話しかけることができ、しかも何度も言い直さなくても良い。スマートフォンの音声コントロール時代を先取りするようなデバイスがHTC U11なのだ。 GoogleアシスタントとAmazonアレクサ対応。中国のBaidu DuerOSにも対応する。 そう考えると、HTC U11の流線型のボディー形状も、本体を持って画面のアイコンをタップすることよりも、ポケットから出し入れしやすく、しかも側面を無理なく握る操作ができるデザインとして考えられているのかもしれない。スマートフォンにいくつものアプリを入れたところで、結局使うのは数個程度という人も多いだろう。将来、複数のセンサーが内蔵されるようになれば、それらのアプリすべては端末を握る、側面をタッチする、という操作で起動することができるようになる。 しかも予定の確認や天気のチェック、乗り換え案内、果ては簡単なショッピングなどは音声アシスタントを使えばいいのだ。そうなるとスマートフォンの画面のアプリアイコンをタッチするという操作を行う必要すらなくなってしまうかもしれない。 HTC U11は側面片側だけを推しても反応する。音声アシスタントとの組み合わせなど多彩な操作が期待できる HTC U11の実機を触ってみたところ、エッジ・センス機能に慣れるためには若干の時間が必要と感じた。また対応する機能もまだ少なく、全てのアプリで握る操作が使えるわけではない。まだ粗削りな部分も見受けられるが、スマートフォンの新しいユーザーインターフェースの方向性の一つとして、このチャレンジは大きく評価できる。 2017年はGoogleやAmazon以外の音声アシスタントが次々と商用化され、スマートフォンを音声でコントロールする時代が来るだろう。本体を握って音声で操作できるHTC U11は、スマートフォンの未来の姿を先取りしているのではないだろうか。 新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

HTCの新フラグシップ「HTC U11」インプレ、「Ok, Google」や「Alexa」、声なし呼び出し対応予定

HTC NIPPONは、5月24日に都内にて日本でも発売予定の新製品「HTC U11」の体験会を開催しました。 U11の特徴は、端末側面を握ることで各種操作が可能な「エッジ・センス(Edge Sence)」や、本体付属のイヤホン「HTC U Sonic」をUSB Type-Cポートに接続し、高品質なオーディオ再生が可能となっている点などです。 主な製品仕様はAndroid 7.1.1ベースのHTC Senceを採用し、5.5インチWQHD(1440×2560ドット)「Super LCD5」ディスプレイ、Snapdragon 835プロセッサ(2.45GHz)、4GBRAM、64GBROMなどを搭載しており、キャリアアグリゲーションやVoLTE、IP67等級の防水防塵のほかに国内向けモデルはFelicaにも対応します。寸法は、約154×76×8.3mmで、重量は約170gとなります。 なお、紹介する端末はグローバル版となっており、日本国内に投入される予定のモデルとは一部仕様が変更されています。HTC U11は日本市場においては通信事業者からの販売のみとなり、残念ながら現時点ではSIMフリー端末としての販売予定はありません。 ▲見る角度によって様々な色合いに変化 こちらはメインカラーの「アメイジング シルバー」。シルバーカラーでありながらも光の反射によって水色にも藍色にも見える不思議な色合いです。 表裏両面に曲面処理を施されたガラスを採用したことによって、見る角度によって様々な色合いを出してくれるので非常に美しいデザインに仕上がっています。ただし、ガラス製なので指紋はかなり付きやすく、気になる人はケースを付けたほうが良いかもしれません。日本市場に投入されるカラーバリエーションは「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」の他に「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色です。 ▲エッジ・センスの認識圧力は自由に設定可能 HTC U11の一番の特徴は、感圧式センサーを用いて端末を握ることで各種機能へのアクセスが可能なエッジ・センスです。「短押し」と「長押し」の握り方に合わせて起動するアプリを設定可能。 デフォルトでは短押しでカメラ、長押しで後述するアシスタント機能が起動するようになっています。また、カメラ機能ではリアカメラ・インカメラともにシャッターボタンとしても機能し、セルフィー撮影時にも簡単にシャッターを切れます。 ▲カメラのレンズはF値1.7と明るいもの HTC U11は、米国で著名なカメラセンサーの評価団体「DxOMark」のモバイル端末部門において、90スコアとかなり高い点数を獲得しています。特にF値1.7の非常に明るいレンズを搭載することで、低照度での撮影にも強くなっています。 また、一度に複数枚の写真を撮影してそれらを調整することでベストな1枚を作成できる「HDRブースト」に対応。一眼レフカメラのように全てのピクセルで位相差AFを利用した「U ウルトラスピード・オートフォーカス」で、ピントが合わずに取り流すこともすくないはず。もちろん、エッジ・センスから一発でカメラを起動し撮影可能です。 ▲エッジ・センスを用いてセルフィー撮影を行うデモ ▲今年よりHTC NIPPON社長に就任した児島全克氏 また、動画撮影は4K(3840×2160ドット)画質で撮影が可能。本体4ヶ所に搭載されたマイクを用いて、立体感ある音声を録音できます。カメラはメインカメラが1200万画素、フロントカメラが1600万画素のCMOSセンサーを搭載しており、フロントカメラのほうが高解像度となっている点もポイント。 HTC NIPPONの児島全克社長によると、諸外国でのセルフィー需要にも考慮したそうで、自撮りスマホとしてもオススメできます。 ▲付属するイヤホンを使用することでユーザーに合わせた音に設定してくれる U11には、USB Type-Cポートからデジタル接続するハイレゾ対応イヤホン「HTC Uソニック・ハイレゾ(U Sonic)」が付属しており、ノイズキャンセリングや自動音響調整機能を備えています。 自動音響調節機能は、イヤホンを耳に装着した状態で設定画面から約10秒の自動音響調整を行うと、ユーザーそれぞれ異なる内耳の形状を認識して最適化された音源を再生するとういうもの。筆者も実際に自動音響調整機能を用いてハイレゾ音源を視聴しましたが、確かに調整前と比べて低音及び高音の伸びが良くなり、心地よく音楽を聴けました。 ▲エッジ・センスを使用するとより簡単にAI機能を呼び出せる 搭載されているHTC独自のAI「センス・コンパニオン(Sense Companion)」は、ユーザーの習慣やスケジュールを記憶し、先回りして生活をサポートする機能です。 例えば、使用しないアプリを自動終了してバッテリー持ちを改善できるほか、外部ソースと連携しリアルタイムの交通情報を踏まえた最適なルートを案内したり、現在地付近の最適なレストランを探したり、といった使い方が可能です。 その他には、Google AssistantやAmazon Alexaの合計3つのAIシステムを搭載しており、エッジ・センスの長押しで呼び出せます。今までの音声アシスタントで必要だったHTCの新フラグシップ「HTC U11」インプレ、「Ok, Google」や「Alexa」、声なし呼び出し対応予定と声に出して呼び出す必要がないのも嬉しいポイントですね。なお、Amazon Alexaに関しては、後日のアップデートにおいて対応する予定です。 HTC U11は近日中にも各通信事業者から発表され、6月下旬頃に発売される予定です。なお、本体価格は取り扱う事業者や契約内容などによって異なります。 参考記事 HTC旗艦スマホ「U11」ソフトバンクが6月発売、歩き回れるスマホVR「LINK」にも対応 HTCによると、シリーズ名の「U」はあなたを意味するYouが語源で、ユーザーひとりひとりのスマートフォンの使い方や生活を更に豊かに、手軽に体験できるようにという願いをこめたもの。 デザインは美しく性能も高く、かつAIや感圧センサーによる操作といったコンセプトも先進的なものとなっており、HTC史上最高水準の機能を搭載した正にフラグシップモデル、といった印象です。

不法侵入すると、ドローンとロボットカーが追いかけてくる!…警備ロボット「O-R3」

シンガポールのOtsaw Digitalは、警備システム「O-R3」を発表した。侵入者をロボットカーとドローンで追跡するシステム。

ソニー、ふしぎな「おもちゃ」発表へ―紙を切ってつなげると青虫に変身?

ソニーが、ふしぎなおもちゃを発表するようだ。「新しいトイ・プラットフォーム」と呼んでいる。

ホンダ「N-BOX」、発売以来初となるフルモデルチェンジに向け、情報を公式Webサイトで公開開始

ホンダは、今秋フルモデルチェンジを予定している軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報の公開を、同社公式Webサイトで開始した。

スズキ、スポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom」シリーズを全面改良

スズキはスポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom」シリーズを全面改良した。1988年発売の「DR-BIG」のDNAを継承したスタイリングが特徴。

iPhone 8のリーク映像、スパイダーマン新作映画に登場か?―ななめ上のウワサ

iPhone 8の「リーク映像」が、新作映画「SPIDER-MAN: HOMECOMING(スパイダーマン:ホームカミング)」の宣伝の中で登場したと、ななめ上の分析が登場した

関東甲信は6月下旬に梅雨入り…ウェザーニューズが2017年の「梅雨の天気傾向」を発表

ウェザーニューズは2017年の「梅雨の天気傾向」を発表した。今年の梅雨入りは全国的に平年並となり、梅雨明けは西日本で平年より遅いと予想している。

「Macbookよりすごいんだぜ!」と新型Surface Proがデビュー

米国などで一定の支持を獲得した「Surface(サーフェス)」ブランドのタブレットPCの新モデルが発表。Macbookと比較しながら優秀さを宣伝している。

本物のクルマが変形、銃を撃ちまくる「ロボット」に―ロシアの発明が話題

クルマから変形し、銃を撃ちまくるロボットらしき映像が話題を呼んでいる。映像専門の通信社Ruptlyが公開して注目を浴びている。

SUBARU「WRX STI」に大幅改良モデル…ハンドリング性能が更に向上

SUBARU、「WRX STI」大幅改良モデル発売。新電子制御マルチモードDCCDの採用によりハンドリング性能がさらに向上した。

薄く軽いタブレットPC「Spectre x2」―HPがつくった新型Surfaceの対抗馬

HPのタブレットPC「Spectre x2」が刷新した。マイクロソフトの「Surface」の対抗馬として注目を浴びる製品のひとつだ。

「Silverlight」ってなに?―Hulu、Netflix、Amazonビデオが視聴時に利用を「推奨」

映画・ドラマ見放題の「Hulu(フールー)」が刷新し、使い勝手が話題になっている。例えばPCのWebブラウザーから視聴する際「Silverlight」が必要になる場合がある。

Netflixはもう古い?―SF映画「第9地区」「チャッピー」監督、Steamで新作を公開

SF映画「第9地区」「エリジウム」「チャッピー」などで知られるニール・ブロムカンプ監督が新作をネット公開する。ただしNetflixなどではなく、Steamである。

トライアンフTIGER800シリーズに最上位モデル「TIGER 800 XRT/XCA」

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、「TIGER800」シリーズの最上位モデル「TIGER 800 XRT/XCA」を2年ぶりに台数限定で導入する。

台湾すごい―陶器で「壁ドン」を再現、ネット上で話題に

台湾では日本の少女漫画が大人気。その最も熱い場面の1つ「壁ドン」も伝わっており、現地は前衛の陶芸作品が取り入れていたりもする。

お風呂で本を読もう―ばっちり防水の電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」

完全防水の電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」が登場した。楽天グループのカナダRakuten Koboの製品だ。

NASAの人型ロボット「ヴァルキリー」、火星開拓めざし試験を実施

米航空宇宙局(NASA)が開発した人型ロボット「R5 Valkyrie(ヴァルキリー)」が火星を開拓するための試験に取り組んでいる。

「nVIDIA」でなく「NVIDIA」―「アスース」でなく「エイスース」、謎の企業名が話題に

NVIDIA(エヌビディア)やASUS(エイスース)。PCやスマートフォン好きには身近な企業の正式名称があらためて話題になっている。

コーヒーメーカーになるiPhoneケース「mokase」―どこでもいれたての一杯を

iPhoneなどを保護してくれるだけでなく、コーヒーも淹れてくれるケース「mokase」が話題だ。イタリア製である。