グーグル、深刻な脆弱性を修正した「Google Chrome 66」の最新版公開

グーグルは18日、深刻な脆弱性を修正した「Google Chrome 66」の最新安定版「66.0.3359.117」を公開した。対象は、Windows、Mac、およびLinux。Android版「66.0.3359.106」の公開も同日アナウンスされており、準備が整い次第、Google Playを通じて配信される予定だ。

YouTuber向け卓上スタンド「マイ撮影クルー」―スマホ、マイク、照明まとめて設置可

照明、マイク、カメラ替わりのiPhoneなどをまとめて設置できる1台3役のスタンド「マイ撮影クルー」をサンコーが販売している。動画配信に必要な機材を簡単に扱える。

150台接続できるアクセスポイント「WLX313」―ヤマハのトライバンド無線LAN機

ヤマハの無線LANアクセスポイントに新製品「WLX313」が登場した。5月に発売予定。初めてトライバンドに対応し、最大150台接続可能。

データの不正閲覧や改ざん(他者のパスワード不正利用)で公務員の懲戒処分相次ぐ

ここ数か月の間、複数の自治体で、データの不正閲覧や改ざんを理由に、職員の懲戒処分が行われた。職員が他の職員のパスワードを不正に利用して、人事データを盗み見たり、出退勤の記録を改ざんしたりしたという。

Info: RSSフィードのURLが変わります

2018年4月16日までにRSSフィードをご登録いただいていた方は、6月末日までにURLをご変更ください。

個人情報流出相次ぐ――市立学校の全児童生徒情報流出のおそれ(前橋市)ほか

個人情報の流出が相次いでいる。前橋市では、市の教育ネットワークから全児童生徒の個人情報約2万5000件と、給食費徴収用口座の情報約2万件が流出した可能性がある。そのほか、メルマガ会員や自治体のイベント参加者、がん治療認定医の名簿など、3月中旬以降に明らかになった情報流出事故をまとめた。

高止まり続くクレカの不正使用被害――クレカ情報盗む3つの手口とその対策

クレジットカードの不正使用被害が深刻な状況にある。日本クレジット協会の発表によると、昨年1年間の被害総額は前年の約1.7倍に膨れあがった。第1四半期に跳ね上がったまま、高止まりが続いている。

アドビ、深刻な脆弱性を修正したFlash Playerの最新版公開

アドビシステムズは10日、コンテンツ再生ソフト「Flash Player」の最新版「29.0.0.140」を公開した。修正された脆弱性には深刻なものも含まれており、同社では最新版への更新を呼びかけている。

マイクロソフト、4月度の月例セキュリティパッチを公開

マイクロソフトは11日、4月度の月例セキュリティパッチ(セキュリティ更新プログラム)を公開した。深刻な脆弱性が多数修正されており、同社はできるだけ早期にパッチを適用するよう呼びかけている。

「不正ログイン」「ネット家電のセキュリティ」対策――やさしく学べる動画で解説(IPA)

情報処理推進機構(IPA)が、「インターネットサービスの不正ログイン対策」と「ネット家電のセキュリティ対策」についてやさしく学べる映像2本を公開している。

マイクロソフト、深刻な脆弱性を修正したマルウェア対策エンジンを緊急配信

マイクロソフトは4日、深刻な脆弱性を修正した「Windows Defenderマルウェア対策プラットフォームの更新プログラム」を緊急配信した。定義ファイルとともに自動的に更新される。

日本郵便を装うアンケートに注意、当選に見せかけ有料サイトに登録

Webサイトの閲覧中に「おめでとうございます」というメッセージが表示されることがある。賞品がもらえるとの触れ込みだが、鵜呑みにすると有料サイトに登録され、毎月の課金が待ち受けているかもしれない。

宅配便の不在通知を装うSMSに注意、怪しいAndroidアプリを投下

1月にばらまかれた宅配便の不在通知を装うSMSが、同じ文面でまたばらまかれた。リンクをタップすると偽サイトに誘導され、怪しいAndroidアプリをインストールさせようとする。主要なブラウザやセキュリティソフトがすでに対応しているが、サイトやファイルが変更される可能性もあるので、警戒していただきたい。

アップル、深刻な脆弱性を修正したmacOSの最新版などを公開

アップルは30日、深刻な脆弱性を修正した「macOS High Sierra 10.13.4」と「セキュリティアップデート2018-002 Sierra」、「セキュリティアップデート2018-002 El Capitan」、「Safari 11.1」、「iOS 11.3」、「iTunes 12.7.4 for Windows」「iCloud for Windows 7.4」を公開した。

モジラ、深刻な脆弱性を修正した「Firefox 59.0.2」を公開

モジラは27日、Webブラウザ「Firefox」の最新版「59.0.2」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、Linux、およびAndroid。法人向けの延長サポート版(ESR)「52.7.3」も公開されている。

自宅Wi-Fiで知らぬ間に「DNS情報」書き換えられ、不正アプリDLの恐れ

無線LAN(Wi-Fi)ルーターのDNS情報が書き換えられ、Android用の不正なアプリをダウンロードさせようとする問題が発生しているとして、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は26日、公式ブログで注意を呼びかけた。

楽天市場など装い偽サイトに誘導する「ダウンロード型マルウェアメール」に注意

21日にばらまかれた実在する企業を装うフィッシングメールに続き、22日夕方から実在する企業を装うマルウェアメールがばらまかれた。名前をかたられた楽天や、日本犯罪対策センター(JC3)などが、不審なメールに注意するよう呼びかけている。

マイクロソフト装うフィッシングが再襲来――「偽メール、偽サイト」の見分け方

春分の日の21日夕方から、半年ぶりにマイクロソフトを装うフィッシングメールがばらまかれ、SNSなどで報告が相次いだ。10月からターゲットをマイクロソフトからアップルに切り替えていたグループが、またマイクロソフトのフィッシングに戻ってきたらしい。

コンパイラを改善した「Go 1.7」リリース

 Googleの「Go」言語開発チームは8月15日、最新版となる「Go 1.7」を公開した。コンパイラの改善、新しいハードウェアのサポートといった新機能が加わっている。

オープンソースのDAWソフト「Ardour 5.0」がリリース

 オープンソースのデジタルオーディオワークステーション(DAW)ソフトウェア「Ardour」開発チームは8月12日、最新メジャーリリース版となる「Ardour 5.0」を公開した。Windowsサポートが正式扱いとなったほか、GUIなども改善した。