無人小売店舗のスタートアップ、InokyoはAmazon Goに挑戦する

 インディーズ版Amazon Goを目指すスタートアップのInokyoが、レジ係不要の無人小売店舗のプロトタイプをスタートした。商品を棚から取り出したり棚に戻したりするところをカメラで撮影し、客は店を出る前にアプリのQRコードをスキャンするだけで、購入した商品の代金が引き落とされる。 Read More

密かにユーザーの位置追跡を続けている件についてGoogleが説明文を更新

 4日前(米国時間8/13)には、位置履歴追跡が無効にされてもユーザーの追跡を続けていると認めたGoogleが、Webサイトを更新して、位置に関する同社のポリシーを詳細に説明した。 Read More

Tesla、時価総額で今週80億ドルを失う――責任は取締役会にもある

 … Read More

ドット絵で柄を自由に変えられる。Pixの電光表示「スマート・バックパック」

Image:pix/producthype愛の告白から新装開店のお知らせまで何でも表示!バックパックはそもそもウェアラブルな道具ですが、これがデジタル化されるとオモシロいことに使えそうな気がしませんか?そこで登場したのが、pixの「スマート・バックパック」。これは背後の人々に見える面がディズプレイになったもので、スマートフォンから絵柄を送信するのです。VBいわく、専用アプリにはプリセットされた絵柄

Wi-Fiがある米国の世帯の5%がストリーミングTVを利用:昨年から58%増

 … Read More

スペイシー、脳ドック検査機器シェアサービスと野菜作りスペースシェアを展開

スペイシーは8月17日、遊休資産を活用した新たなサービス「Spacee Now!(スペイシーノウ)」と題し、脳ドック検査機器のシェアサービス「スペイシー脳ドック」と、自宅の庭をシェアして野菜づくりを楽しめるサービス「スペイシーファーム」を、それぞれ8月下旬に開始すると発表した。

リズムに合わせてぶるぶる振動! 「ダイナミックバイブレーション」で動画の臨場感アップ:Xperia Tips

【ギャラリー】ダイナミックバイブレーションで動画を視聴する (3枚)...

【きょうのセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも!Nintendo Switchにも使えるスマホ・タブレットスタンドや三脚付きのスマホカメラ用レンズ4点セットがお買い得に

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール、今日2018年8月18日はNintendo Switchにも使えるスマホ・タブレットスタンドや三脚付きのスマホカメラ用レンズ4点セットなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。

[ブックレビュー]気持ちが疲れた時読みたい1冊--「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

Twitterに投稿された漫画から生まれた本書には、職場やSNSでの人間関係に疲れた人に送る温かい言葉があふれている。人は、周りの人のちょっとした一言や振る舞いに簡単に傷つくものだが、ちょっとした一言で、楽にもなれる生きものなのではないか。自分の思い込みを壊してくれる、ほんの少しの何気ない言葉で、首筋あたりの緊張が解けたりするものだ。

「Xperia XZ2」vs「iPhone X」勝負の行方は? スマホカメラ対決

カメラで選ぶ!最新スマホレビューにて最新機種を個別にレビューしました。その中でレビュー前に期待値が高かった機種を一つ選び、三井さんによるiPhone Xと撮り比べ対決をしてみました。今回対決に選んだ機種は「XPERIA XZ2」カメラ機能に期待が持たれましたが、iPhone Xとの対決の行方はどうなったのでしょうか?

Appier、新規顧客も“常連”のように提案する先行型MA「AIQUA」--クロスデバイス対応

Appierは、先行型マーケティングオートメーションプラットフォーム「AIQUA」の提供を開始したと発表した。

2016年の今日、リフレッシュレート165Hzのゲーミング液晶「S2417DG」が発売されました:今日は何の日?

おもなできごと ・1909年8月18日、東京市がワシントンにソメイヨシノ2000本の寄贈を決定 ・2016年8月18日、デルが165Hzに対応した24インチのWQHD(2560×1440ドット)ゲーミング液晶「S2417DG」を発売 ・2016年8月18日、J:COM MOBILEがセカンドスクリーンを搭載したAndroid機「LG X screen」を発売 ・2016年8月18日、フジテレビラボがスマホなどに使えるコーティング剤「Crystalusion」を発売

コンドームより失敗しない!? デジタル避妊アプリがアメリカ食品医薬品局の認可を受ける

アメリカ食品医薬品局(FDA)はデジタル避妊アプリ「Natural Cycles」を認可しました。Natural Cyclesはすでにヨーロッパでは使用されているアプリですが、FDAに認可された最初のデジタル避妊デバイスということになります。

史上初、野生のシャチにお薬が投与されました

先日、野生のシャチに専門家が初の医学的介入を試みました。弱っていた子シャチに抗生物質を投与したそうです。

我が家に小さなロボがやってきた! Ankiの「Vector」ハンズオン

とにかくかわいい。

ASUSがゲーミング史上最も薄いノートPCを発表。排熱ギミックもステキ

ゲーミングノートPCといえば、石板のようなボディサイズ...という時代はもう終わったんですね。

HTC Viveのコンテンツストア「Viveport」がOculus Riftのサポートを発表。9月4日から

HTCは、同社のVRヘッドセットVIVE向けのアプリストアであるViveportにおいて、9月4日からOculus Riftをサポートすると発表しました。有料アプリの購入や無料アプリのダウンロードだけではなく、定額で毎月5つのアプリをプレイできるViveportサブスクリプションサービスも利用可能とのことです。 ViveportのRikard Steiber社長は、「Oculus Riftのサポートを追加することで、Viveport開発者の潜在的なユーザーベースを倍増できる」とし、「Viveportは、開発者がVRコンテンツを収益化する機会を最大限提供し続ける」と、Oculus Riftをサポートするメリットをアピールしています。 VR向けのコンテンツストアとしてはValveのSteamがすでにHTC ViveやOculus Rift、Steam VRをサポートしており、マルチデバイス対応という面でViveportは後追いとなります。ただし、Steamとは違い、サブスクリプションサービスを利用できるのがViveportの大きな特徴です。 Viveportサブスクリプションは、月額1000円で毎月5つのアプリを利用可能なサービス。アプリを実際に購入する前に試す目的でも人気だいいます。たとえば、下記の6つのサブスクリプション対象アプリの中から5つを購入すると、最大139.95ドル(約1万6000円)かかります。しかしサブスクリプションサービスなら1000円/月で利用可能。しかも14日間は無料トライアルも可能です。サブスクリプションで試し、気に入ったものだけを購入する使い方ができます。 HTC ViveとOculus Riftの両対応とするのは開発者側の負担が増えそうですが、OpenVRで動作するよう調整されたタイトルなら、すぐにOculus Riftにも対応できるとのことです。 ともあれ、使用しているハードに関係なく、同一のコンテンツストアで同一のアプリが利用できるようになるのはユーザーとしても大きなメリットといえるでしょう。今後も、こういった取り組みが進んでいくことを期待したいところです。

9月に出そうな新型iPhone、やはりApple Pencil対応?

例年通りであれば、今年も9月ごろに発表されそうなiPhone。すでに噂がかなり出てきており、どんなモデルになるか、かなり全体像が見えてきました。そして、先日は新型iPhoneでApple Pencilが利用できるという噂が僕らを賑わせましたが、実は他方面からもApple Pencilへの対応が報じられだしているんです。

あの「TENGA」が変形ロボットに!?「メガTENGAビーム」付属の初回限定版も

株式会社TENGAと株式会社グッドスマイルカンパニーは、変形フィギュア「TENGA☆ロボ」シリーズの共同開発と、その第一弾である「TENGAロボ」を発表しました。本日から予約受付が開始されています。 「TENGAロボ」は、ディープスロット・カップをモチーフにした変形ロボット玩具。実際のTENGAを約1/2サイズで忠実に再現しつつ、小気味よいギミックで変形遊びが楽しめる本格トイ仕様となっています。

「プロ向け」のモバイルバッテリーって普通と何が違うの? Omni Ultimateは1から10まで、いや、値段までプロ仕様

コンセントが刺せるOmnicharge(オムニチャージ)のモバイルバッテリー。新型のプロ仕様モバイルバッテリー「Omni Ultimate」も凄いですよ。最大の特徴はモバイルバッテリーでありながら、40,300mAhのバッテリーボックス部分が交換可能になっているんです。