ベルトコンベア搭載ベッドで夫婦仲がよくなる?

Ford目が覚めないのかな?パートナーの寝相の悪さは、いつの時代もカップルの悩み。そんなベッドで行儀の悪い相方を正しい位置に再配置してくれる、ベルトコンベア搭載ベッド「Lane-KeepingBed」をFord(フォード)が開発してしまいました。このLane-KeepingBedでは、「レーンキーピング」が目玉機能。これはたとえば寝返りなどで人の位置が偏るのをセンサーが検知すると、ベルトコンベアで

航空会社が、フライト予約の性別欄に「男性」「女性」以外のオプションを追加へ

Image:AngelDiBilio/Shutterstock.com時代に合わせた変化。現在、アメリカにある航空会社の多くは、予約システムの性別欄でノンバイナリージェンダーの利用者が「男性」「女性」以外を選べるようシステムをアップデートしているところだと語っています。ユナイテッド航空を有するユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスが、「性別欄では新たに"undisclosed(明らかにして

メルカリのスマホ決済「メルペイ」、QRコード対応は春ごろ--2019年内に200万店舗目指す

メルカリ傘下のメルペイは、スマホ決済サービス「メルペイ」に特化したカンファレンス「MERPAY CONFERENCE 2019」を開催した。この中で、コード決済への対応、2019年内に200万カ所での決済対応を目指す。

今年は何触る? 全部触る? CP+2019で展示される注目カメラまとめ

さぁさぁ、今年もこの季節がやって参りました。国内最大のカメラショー、CP+2019がもうすぐ始まります! 場所はパシフィコ横浜にて、2019年2月28日(木)〜3月3日(日)の月またぎで開催。もちろんギズも取材に飛び出ますよ〜。今回は記事以外にも、動画をどんどん出していく予定なのでぜひギズモードのユーチューブやツイッター、フェイスブックをチェックしてみてください! さて、各メーカーやカメラ情報サ

Apple、動画サービス開始に向けて本気のPR。禁止のはずのプッシュ通知宣伝まで繰り出す

プッシュ通知は宣伝に使っちゃダメ!(オレ以外)

AirPods用無線充電ケース、やはり発売間近?アップルが「エリア不問充電マット」特許を取得

AFP Contributor via Getty Images いよいよ発売も間近と噂されている、アップルのワイヤレス充電マットAirPowerおよびAirPods用のワイヤレス充電対応ケース。この2つの機器を上手く連携させる技術と思しき特許を、アップルが取得していることが明らかとなりました。

AR技術やMicrosoft HoloLensを活用した体験型展示「Pokemon GO AR展望台」

2月23日から3月3日まで、六本木ヒルズの52階展望台「東京シティビュー」にて行われるテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」の一環として、スマートフォン向けアプリ「Pokemon GO」をテーマにした体験型展示「Pokemon GO AR展望台」が登場する。

「メルペイあと払い」登場で、ツケ払いが実店舗でも使えるってやばない?

Image:Twitterごめん、給料入ったら払うからさ!ってのができそうよ。メルカリは、メルカリ内の後払いシステム「メルカリ月イチ払い」のリニューアルを発表しました。先日、iOSで実装された決済サービス「メルペイ」と連携し、2019年春を目途に「メルペイあと払い」にリニューアル予定。これによってメルカリの中だけでなく、オフライン・オンラインの加盟店でも「あと払い」が利用できるとのこと。つまり、メ

米FDA「若者の血の輸血に効果なし」と警告。老化、ボケ防止、ALSなど効能かたる高額輸血行為に懸念

米食品医薬品局(FDA)が、健康状態を維持するために若い人から採取した血液を輸血したところで効果はないとする警告を正式に発表しました。FDAいわく、パーキンソン病、多発性硬化症、アルツハイマー病、PTSD、老化全般に効能があると主張し、希望者に対して数千ドルの負担で若いドナーからの輸血を行っているとのこと。

【100万円プレゼント】コーナーで差をつけろ! ASUS ROG Phone

Image:ギズモード・ジャパンギズモードは月100万円の予算で、毎日ガジェットをレビュー!そして、そこでレビューしたガジェットをみなさまにあげちゃいます!興奮がおさまりません。EOSRPやLUMIXS1Rが登場した今週の「1分レビュー」プレイリスト(プレゼント付き)みなさん、今週もお疲れ様でした!平日に動画でお届けしている「1分レビュー」ですが、全部見てない人のためにざっと振り返りますよ!今週は

楽天『完全クラウド』LTE網のテスト施設を公開「商用ネットワークのコピーをここに置く」

楽天は、10月にサービスを開始する携帯電話事業の試験設備を公開しました。「楽天クラウドイノベーションラボ」と名付けられたこの施設では、携帯電話サービスの根幹部分を再現し、動作を検証できます。 本題に入る前に、携帯電話がどのような通信をしてインターネットに繋がっているかをざっくりと説明しましょう。スマートフォンから無線で送られたデータは、基地局のアンテナに届き、「コアネットワーク」という携帯電話事業者の設備群を通ります。そこには、通信を制御する機器や、外部のインターネットと接続する関門に当たる機器などが配備されており、さまざまな役割を果たす装置が連携して、携帯電話事業者の設備からインターネットへの橋渡しを行っています。 コアネットワークの設備の多くは、特製の機器で高度にカスタマイズされたソフトウェアが動作しており、一般的なコンピューター(汎用のサーバー機器)とは構造が異なります。それぞれの設備を提供しているベンダー(メーカー)は複数ありますが、ベンダーが異なる機器が混在する環境での互換性が担保されているわけではありません。 一方で、近年ではコンピューターの性能が大きく向上し、汎用サーバー機器で特殊な設備の機能を再現する、仮想化技術の開発が進んでいます。携帯電話キャリアや設備ベンダー各社も、コアネットワークの各設備の仮想化に取り組んでいます。 楽天の携帯電話網が新しいのは、コアネットワークを「すべて仮想化された設備」で構成したこと。つまり、それぞれの機器が持つ機能をソフトウェア上で再現し、汎用のサーバー上で動作させています。 これにより、携帯電話網に新しい機能を追加する場合は、機器の置き換えが必要なく、ソフトウェアの更新で対応できます。また、新しい機器を組み込む場合に必要な検証作業も、試験環境でソフトウェアを差し替えるだけで済みます。 楽天ではサービス当初は4G LTEで通信サービスを提供しますが、ネットワーク自体はいよいよ商用化が始まる次世代のモバイル通信技術「5G」への対応する前提で設計されています。つまり、他キャリアが保有する通常の設備ではコアネットワーク側の機器の置き換えが必要となりますが、楽天の設備ではそれがありません。アンテナ部分を追加し、コアネットワーク側のソフトウェアを更新するだけで、5Gに対応できるという"後発メリット"があるとしています。 関連記事: 楽天、第4の携帯キャリアで新技術「ソフト更新で5Gに対応できる」 ▲このサーバー群が携帯電話のコアネットワークの設備 その"コアネットワークの試験環境"というのが、今回公開された「楽天クラウドイノベーションラボ」です。楽天モバイルネットワーク CTOのタレック・アミン氏は「ここに商用ネットワークの完全なコピーを置いた。完全自動化した環境で新機能のテストができる」と説明します。 前述した通り、楽天のコアネットワークは仮想化されているため、ハードウェアに依存する機能がありません。商用ネットワークの"コピー"が置かれているため、異なるベンダーが開発した機能を組み合わせた検証も迅速に行うことができます。また、たとえば設備ベンダーの開発者が海外の拠点からリモートアクセスして、新機能を試すといったこともできるとしています。 アミン氏は「NetflixのようなITカンパニーは、ユーザーに動画サービスを提供する裏側で、毎日数千回ものアップデートを行っている。なぜ、携帯電話事業者にそれができないのか」と語り、楽天のネットワークでは迅速にサービスを開発し、検証できるとアピールします。 ▲楽天モバイルネットワーク CTOのタレック・アミン氏 ▲携帯電話基地局のアンテナ部分を検証する装置。実際の電波は発信しないシミュレーション用です ▲実機でのテスト環境。携帯電話の実機20台が収められたボックスがあり、基地局と有線で繋がっています。このほか、1万台以上の携帯電話のシミュレーションし、基地局の性能を検証する機器も用意されています ▲「楽天クラウドイノベーションラボ」のテストツールの画面、モジュール化された新機能を追加して動作を検証できます。 楽天の三木谷社長は、「楽天がIT企業として誕生した22年前、サーバー1台は7億~8億円もした。それが今は20万円のパソコンで当時のサーバー以上の処理能力を持っている。IT業界にはそれぐらい大きな変化が起きている」と語り、IT企業の発想を持ち込んで「通信業界のディストラプター(破壊者)になる」と宣言しました。 そして三木谷氏は、「今のモバイルネットワークはコモディティ化しており、通信事業者はコンテンツや付加価値を提供して競い合う状況になっている」と分析。新規参入する楽天のネットワークについて「たとえばコンテンツ配信や子どもの利用に関する仕組みなどを素早く機能追加できる。今までの通信事業者とは全く違うサービスだと思ってもらった方が良いと思う」と語りました。 ▲楽天の三木谷浩史会長兼社長

シトロエンが電動マイクロカーのコンセプト「アミ ワン」を発表。欧州では16歳以上なら運転免許不要で乗れる

フランスのシトロエンが、都市部の移動手段として最適な超小型EVのコンセプトを発表しました。"アーバン・モビリティ"なんて言葉は、その多くがまだ現実になる前にもかかわらず、既に聞き飽きた感がありますが、そこはさすが独創性で鳴らしたシトロエン。なかなかユニークな乗物を見せてくれます。

ヤフーが賃貸住宅事業に本格参入−−インド企業OYOと合弁会社設立へ

ヤフーは、インドのホテル運営会社OYO(オヨ)と合弁会社を設立し、日本の賃貸住宅事業に本格参入すると発表した。スマートフォンだけで物件探しから入居、退去までができ、数日間の試し住みができる日本初の賃貸サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」を開始する。

伊勢丹、新包装紙の紹介でロボットとデジタルサイネージを連動

三越伊勢丹と富士通マーケティングは2月20日、伊勢丹新宿本店において、ロボットとデジタルサイネージを連動させた展示を2月20日から3月5日まで実施すると発表した。

ポケモンわかるかな? 「ポケモンシャツ」のゲキムズ柄当てクイズの時間です

Photo:amitoぽ〜け〜も〜ん、わかるかな?私はポケモンが大好きだ!というささやかな自己主張ができるこのシャツは、株式会社ポケモンとオンラインカスタムシャツブランド「OriginalStitch(オリジナルスティッチ)」とが連携した、「ポケモンシャツ」。渋谷区神宮前にオープンしているPOPUPSHOPでは、2月末の販売に先駆けて、151匹のポケモンをモチーフにしたシャツ・生地見本が

ズームが強力に? 新スマホ「HUAWEI P30」は3月26日に発表

ファーウェイは、次期フラグシップスマートフォン「HUAWEI P30」シリーズを3月26日(現地時間)に発表します。発表会をフランス・パリで開催するとTwitterで予告しています。 Twitterに投稿されたティザー動画では、「HUAWEI P30」におけるズーム性能の強化が示唆されています。 ファーウェイは現行機の「HUAWEI P20」で光学3倍ズームレンズを導入し、これと超解像技術と組み合わせて、5倍まで劣化を抑えて撮影できる「5倍ハイブリッドズーム」を訴求していました。「HUAWEI P30」では、このズーム性能がさらに強化されるのかもしれません。 Rules were made to be rewritten. Paris, 26.03.2019. #RewriteTheRules #HUAWEIP30 pic.twitter.com/hFzZI3pVYr - Huawei Mobile (@HuaweiMobile) 2019年2月19日 なお、同じく中国メーカーのOPPOは、スペイン・バルセロナで2月25日に開幕する「MWC 2019」で、スマホ向けの10倍ロスレスズーム技術を披露する予定。スマホカメラの欠点とも言われる『ズームの弱さ』ですが、この改善が進みそうです。

付けたままでワイヤレス充電ができる! スライド式のiRingが便利そう

Image:Makuakeこういうの待ってた!スマホの背面に取り付け、リングでしっかりホールドができる「iRing」。愛用者も多いのではないでしょうか。しかし、iRingにはひとつ弱点が。それは、ワイヤレス対応のスマホがワイヤレス充電できないということ。iRingを取り付けてしまうと充電器にきちんと置けず、ワイヤレス充電ができなくなってしまうのです。ということで、泣く泣くiRingの使用を断念して

ソニーが新規事業創出プログラムを本格化--SSAPになって第2ステージへ

ソニーのスタートアップ創出と事業運営を支援するプログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」が第2ステージに突入した。名称を「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」に改めたほか、社外の新規事業支援プログラムとして東京大学と契約を結んだと発表した。

スマホ撮影をより快適に!ワイヤレス充電もできるグリップアタッチメント「PhotoGrip Qi」

カメラ機能は日々向上し、綺麗な写真や動画がいつでもカジュアルに撮れちゃいますが、楽しくたくさん撮影していたらバッテリー切れになったり、自撮りでつい手が滑ってしまってヒヤッとした…という経験はありませんか?そんな問題を全て解決し、撮影スタイルをバージョンアップできそうなカメラスタイルのアタッチメント「PhotoGrip Qi」が、姉妹サイトmachi-yaに登場しましたのでご紹介します。

リアルままごとな撮影風景。映画『プーと大人になった僕』のかわいい舞台裏

Image:BBCClick/YouTube撮影風景がガチで人形遊び。2018年公開の『プーと大人になった僕』って不思議な作品ですよね。だって、クラシック・プーがまんまクラシック・プーの姿で、違和感なく実写とブレンドされているんですから。クリストファー・ロビンが少年ではなく、ユアン・マクレガーが演じるということより、あのビジュアルに衝撃を受けました。モデルはすべてCGなんだろうけど、どうやって撮影