27型ディスプレイ×2面の設置もできるデュアル液晶アーム

ドスパラは、クランプ式/グロメット式固定に対応したデュアルディスプレイアーム「DN-915010」の取り扱いを開始した。

iPhone Xの「切り欠き部分」の正式名称は「センサーハウジング」

あるAnonymous Coward 曰く、Appleが先日発表した「iPhone X」では、画面上に「凹」型の切り欠きがあるデザインになっている。ここにはカメラなどが収められているのだが、この部分の呼び方は「センサーハウジング」となるそうだ(ITmedia)。また、iPhone Xではホームボタンが廃止されており、代わりに画面下に表示される細長いバーをスワイプすることでホーム画面を表示できるのだが、この細長いバーは「ホームインジケータ」という名前になるとのこと。 ...

新型iPhoneのためのワイヤレス充電器―エントリーモデルで3,480円

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xに対応した、ワイヤレス充電器の入門機「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W) 」が9月22日に発売予定だ。

「体内病院」はついにここまで来た。病気はカラダが自動で発見し、治してくれる時代に

Image:Shutterstockまさにミクロの決死圏。体調を崩したら病院に行く。そんな当たり前の風景が、もう過去のものになってしまうかもしれません。超小型のカプセルを体内に投与し、がんなどの病気を早期発見。さらには治療までしくれるという革新的な仕組み、「体内病院」の時代がもうそこまで来ているんですから。ちょっとにわかには信じられないお話ですが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)に

アップル、スマートウォッチのバンドを通信ケーブル化する技術--特許を取得

Appleは、モバイルデバイスに無理なく通信用や充電用のコネクタを設ける技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願した。
...

法務局事務官、申請書に貼られた収入印紙を勝手に剥がして換金。被害総額は4億円以上

あるAnonymous Coward 曰く、東京法務局の元事務官(63歳)が、提出された申請書に貼られていた収入印紙を剥がして金券ショップに持ち込み換金していたことが発覚した。東京法務局はこの元事務官について業務上横領の疑いで告発しているとのこと(NHK)。...

ガリガリ君、一発!-「ガリガリ君元気ドリンク味」、9月26日発売

「ガリガリ君元気ドリンク味」発売。栄養ドリンクに多く含まれているはちみつ、ビタミン、アミノ酸を配合した。

iOS 11のカメラ保存形式を「JPEG」「H.264」に戻す方法

Windows、Androidだけでなく現在のmacOSとも互換性がない静止画「HEIF」と動画「HEVC」がiOS 11の標準フォーマットとなった。変換して転送は可能だが、互換性を持ったフォーマットで保存するやり方もある。

身投げ警護ロボのKnightscopeが新型「K7」を発表。まさかの四駆タイプで足元悪いエリアも身軽に警備

ショッピング施設兼オフィスビルを巡回中に池に落ちたり、深夜に暴漢に襲われるなどその受難っぷりで世界に名を知られるセキュリティロボット「K5」を製造するKnightscope (ナイトスコープ) が、新型のセキュリティロボット「K7」を発表しました。特徴はロボットと言いつつもその外見が「でかいミニ四駆」風なところ。 とはいえK7の足回りは四輪駆動/操舵システムを採用しており、狭い場所でも方向転換が可能。通常の走行速度は人が早歩きするぐらい(約5km/h)であり、大きなタイヤにはホイールガードが被せられているため、万が一、歩行者と接触しても巻き込んでしまう心配はなさそうです。 Knightscopeは、K7が「より険しい地形でも問題なく」移動でき、空港のようなより広大なエリアを自律的に巡回警備できると説明します。なるほど、四駆スタイルなら何かに蹴躓いて転ぶこともないし、誰が転倒させようとしても、この図体ではほぼ無理と言えるでしょう。 なお、K7のベータプロトタイプは2018年の出荷開始を予定しているとのこと。まだプロトタイプということなので、正規版には水陸両用機構もしくはパナソニックの新型LiDARが搭載されるのに期待したいところです。 ちなみにKnightscopeはK7の他に危険物スキャン業務を担う「K1」もあわせて発表しました。こちらはミリ波を使う金属探知機として動作し、空港や高セキュリティ施設、多くの人が集まるイベント会場などの入口で悪漢が武器を隠し持って侵入するのを防止します。ただ、そのルックスはどことなく巨大なペットボトルといった趣。もしイベント会場に設置するなら、清涼飲料水メーカーを協賛として呼び込めるかもしれません。

【TGS2017】女の子の香りから火薬の香りまで。匂いを生みだすデバイス「VAQSO VR」が新体験だった

2017年9月21日(木)〜24日(日)のあいだ、幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017。視覚やフィジカルをあっと言わせるコンテンツがひしめくなか、VRエリアに居を構えるVAQSO(バクソー)のブースでは、VR映像と連動して匂いを出すデバイス「VAQSO VR」が出展されていました。

Xbox One Xは日本でも欧米と同日の11月7日発売に

insiderman 曰く、初代Xbox OneやXbox One Sの日本発売は欧米などの外国よりも遅れたが、Xbox One Xについては欧米と同日の11月7日発売になりとのこと(ITmedia)。 価格は4万9980円(税別)。 GAME Watchのインタビューによると、同日発売はギリギリで決定したという。

イケメンキャラとの甘い時間を独り占め “挙式VR”がすごかった

イケメンキャラとの結婚式が体験できる「挙式VR」が東京ゲームショウ2017に登場

“カノジョ”と会える「ラブプラスVR」に長蛇の列

「東京ゲームショウ2017」のKONAMIブースで、「ラブプラス EVERY」のVR体験ができる。

IoTで無人搬送車の運行状況を可視化、復旧作業の工数を50%削減――トヨタ自動車

トヨタ自動車の元町工場は、IoTで無人搬送車の無人搬送車の運行状況を可視化する「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入。復旧作業にかかる工数を50%削減した。

福島第一原発事故時、注水された冷却水は原子炉にほぼ届いていなかった?

あるAnonymous Coward 曰く、NHKスペシャル『メルトダウン』取材班がまとめた書籍『福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」』によよると、東日本大震災における福島第一原子力発電所の事故発生時、注水された冷却水は原子炉にほとんど届いていなかった可能性が高いという(現代ビジネス)。...

iOS 11とiPad Proの組み合わせは至高。使い勝手の良さをGIFで解説

史上最大のリリースと銘打たれたiOS 11。それが2017年9月20日に正式にインストール可能になりました。そこで、「マルチタスク」「ファイル管理」という視点から、なぜ新しいiOS 11とiPad Proの組み合わせが素晴らしいのか、その一端を伝えたいと思います。

スマホで撮影するだけで豚の体重が分かる 養豚農家を支援するサービス登場

伊藤忠飼料とNTTテクノクロスは、スマホのカメラで豚を撮影するだけで推測重量を画面に表示する「デジタル目勘」を開発した。

GoogleがHTCの技術系社員の一部と知財のライセンスを$1.1Bでお買い物、いよいよハードウェア自家生産に本気

 … Read More

「マザーハウスはなれ」ネパール産ストール専門店 VRで現地のものづくり体験

「マザーハウスの実験室」をコンセプトに、現地のストールづくりを疑似体験できる場を設ける。

新VAIO S11実機レポ。デザイン一新とUDカーボン復活で「VAIOらしさ」が戻ってきた

9月21日に新VAIO S Lineが発表されました。1年9ヵ月ぶりの後継機となる今回の製品は「VAIOらしさの復活」が大きなポイントとなっています。一足早く新VAIO S11を触る機会を得られたので、さっそくレビューしましょう。