請求書まわりの管理がすべて無料--OLTA、クラウド請求管理サービス「INVOY」正式展開

中小企業などの資金繰りを改善するクラウドファクタリングサービスを展開するOLTAは2月18日、2018年2月よりβ版として運営してきたクラウド請求管理サービス「INVOY(インボイ)」を正式ローンチしたと発表した。

「Skagen Falster 3」レビュー:見た目はレザーなのに汗に強いストラップは正義

Photo:VictoriaSong(Gizmodo)ステキなウォッチですが、ステキであることがすべてではありません。一番の感動はストラップ。シンプルで洗練された佇まいが印象的な北欧ブランドSkagen(スカーゲン)のスマートウォッチ「Falster3(フォルスター3)」。このスマートウォッチの本体でも機能でもなく、なぜかストラップをとても気に入ったという米GizmodoのVictoriaSong

5Gスマホの8K対決、AQUOS R5GはGalaxy S20のライバルになるか:山根博士のスマホよもやま話

シャープが日本初の商用5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を発表しました。日本以外の国では主要国で5Gサービスがすでに始まっており、海外の展示会や発表会では「5G」の表記を見ることもすっかり当たり前になっています。5Gで出遅れた日本も、いよいよ5G時代を迎え各メーカーからはこれから続々と5Gスマートフォンが登場することでしょう。 スマートフォンの技術はカメラならファーウェイ、ディスプレイならサムスンといったように、海外勢が次々と新しい開発を行っています。しかしシャープのAQUOS

『Diablo』と『Overwatch』がアニメ化。DiabloはNetflix配信に向けてプリレンダリング中

2020年2月16日(現地時間)、海外のゲーム情報メディア『GameSpot』は、Activision Blizzard社の人気IP『Diablo』と『Overwatch』のアニメが制作され、放映に向けた準備が進められていると報じました。 同メディアによると、Activision Blizzard Studiosの共同社長Nick van

中国スマホ市場は2019年に7.5%減、今後は新型ウイルスの影響で3割超減も--IDC調べ

IDCは、中国のスマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、2019年第4四半期の出荷台数は8620万台で、前年同期の1億210万台から15.6%減。2020年通期は出荷台数が3億6670万台で、前年の3億9650万台に比べ7.5%少なかった。

セブン-イレブン、クレジットカードのタッチ決済に対応へ--6月より

セブン‐イレブン・ジャパンは2月18日、6月より全国のセブン‐イレブン店舗(2万964店)において、NFC Type A/B方式のタッチ決済対応クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードでの支払いに対応すると発表した。

M42レンズが使えるインスタントカメラ「NONS SL42」--チェキ用フィルムで

最近のデジタルカメラは撮像素子の画素数が増え、その性能を引き出すためにシャープでクリアな像を結ぶレンズが好まれるようだ。しかし、銀塩カメラ時代の古いレンズは、個性的な収差やボケ味などがあり、別の魅力を持っている。そこで、M42マウントのレンズが取り付けられて、インスタント写真の撮影が可能な一眼レフカメラ「NONS SL42」を紹介しよう。

Appleストア店員の退勤時バッグチェック、海外にて賃金支払い命令

Image:Hadrian/Shutterstockもうちょっと、しっかり…。いつもお世話になっているAppleStoreの店員さんに、有利な判決が下りました。カリフォルニア州最高裁判所は、ストア店員の退勤時の荷物チェックにも賃金が支払われるべきだと判断したのです。これは、2013年にApple(アップル)を相手取った集団訴訟に関するものです。AppleStoreの店員はシフトが終わった後、マネー

P&G、交換タイミングをスマホに伝えるオムツ「Lumi by Pampers」--カメラで見守りも

Procter & Gamble(P&G)は、おむつに取り付けたセンサーで赤ん坊の睡眠パターンやおむつが濡れているかどうか確認できるシステム「Lumi by Pampers」の販売を開始した。

「新型iPad Pro、3月に出ちゃうんじゃ?」って噂

こちらはMacRumorsによるコンセプト/Image:MacRumorsおっと、iPhoneと同じくこちらも要注目。iPhoneSE2(仮称)は3月頃かもよ?な噂は最近よく見聞きしますが、iPadも実は!な可能性が出てきました。MacRumorsによると、DigiTimesがiPadProが3月頃にアップデートされる可能性を報じているそうな。ただし、すでに生産を開始しているものの、旧正月を挟んだ

データAI企業のフライウィールが12億円を調達--グロービスやWiL、ジャフコなどから

データプラットフォームを提供するフライウィールは2月17日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、WiL、ジャフコなどから、総額約12億円の資金調達を実施したと発表した。

ソニーの新完全ワイヤレスがノイキャンの代わりに得たもの。「WF-H800」ハンズオン

Photo:ヤマダユウス型ちょうどこれくらいが欲しかったオブジイヤー。2019年の完全ワイヤレスイヤホン市場は、ソニーの「WF-1000XM3」抜きには語れないでしょう。高音質、高ノイキャン、高品質と、完全ワイヤレスイヤホンのデファクトスタンダードを打ち立てた名機といって差し支えないはず。その名機の遺伝子を受け継いだのが、新しく発表された完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」。WF-1000XM

ソニー、すっきりスマートな完全ワイヤレス「WF-H800」--ハイレゾ級高音質を小型に

ソニーは、完全ワイヤレスイヤホンに小型、軽量タイプの「WF-H800」を発表した。「WF-1000XM3」の高音質設計を継承したコンパクトモデルになる。

コロナウイルス、電子顕微鏡だとこんな見た目なんだって

病名「COVID-19」と名付けられた、SARSの姉妹種コロナウイルス「SARS-CoV-2」。が各地で猛威を振るっています。 ですがそんな折、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のロッキー・マウンテン研究所(RML)が、走査型と透過型の電子顕微鏡を使って「SARS-CoV-2」のヴィジュアルを捉えました。

中国の警察、QRコードをぶら下げたドローンでコロナウイルス対策に乗り出す

GIF:BeijingLife北京生活/YouTubeスマートなのかもしれないけど、ちょっと不気味。コロナウイルスの大量感染が発生して以来、中国政府はさまざまな方法でドローンを活用してきました。例えば、消毒薬をドローンで撒いたり、マスクを付けるようにとスピーカーで呼びかけて周るドローンを使ったり。しかし中国の警察は近頃、また違った方法でドローンを使い始めました。その使い方は、まるで未来にタイムスリ

貼り付けるだけ、バー状で超コンパクトなスマホスタンド。操作も片手で楽々だね

Spigenの「スマホスタンド」は、小さなバー状になっていて、キックスタンドすることでスマートスマホを立てることができます。また、開閉は片手でワンタッチで可能。スマホ本体やケースに貼り付けるだけなので、取り付け簡単。

画面を横に拡張できるTCLの「スライド式」スマホ、米CNETがコンセプト画像を入手

TCLが、スライド式ディスプレイを搭載し、画面を拡張してタブレットのように使えるスマートフォンに取り組んでいることがわかった。

アマゾンのベゾスCEO、気候変動対策に1兆円超の基金「Bezos Earth Fund」設立

アマゾンの最高経営責任者(CEO)で資産家でもあるのジェフ・ベゾス氏は、気候変動と戦うために100億ドル(約1兆1000億円)の基金「Bezos Earth Fund」を設立すると発表した。

アップル、売上高予想が未達の見込み--新型肺炎が「iPhone」生産などに影響

コロナウイルスは、アップルの事業に予想以上の影響を及ぼしており、「iPhone」が世界中で一時的な供給不足に陥る可能性がある。

モトローラの「Razr」、ディスプレイの折り目が早くも剥離との指摘

モトローラの折りたたみスマートフォン「Razr」が米国で発売されてからまだ2週間も経っていないが、同端末の1つに既に深刻な摩損が生じていると報じられている。