LINE、約11億円規模のブロックチェーン関連ファンドを設立

LINEは、グループ会社のUnblock Corprationが、ブロックチェーン・仮想通貨関連スタートアップのエコシステム発展を目的としたトークンベンチャーファンド「unblock ventures Limited」を設立したと発表した。

ソフトバンク、VRコンテンツを国内外で無料配信--キックボクシングや地下アイドル

ソフトバンクは8月16日、NextVRと共同で、VR(仮想現実)技術を活用して制作した日本のコンテンツを国内外に向けて無料で配信すると発表した。

UB Ventures、デジタルメディアやSaaSに特化したファンドを組成

ユーザベースグループのUB Venturesは8月16日、デジタルメディアとB2B/SaaSに特化した15億円規模のベンチャーファンド「UBV Fund-I 投資事業有限責任組合」を設立したと発表した。

Androidが狙われる「Man-in-the-Disk」攻撃--SDカード経由でスマホに不正侵入

サイバーセキュリティ企業のCheck Point Software Technologiesは、Androidデバイスに不正なデータを読み込ませる手法として、外部ストレージ経由で実行される「Man-in-the-Disk」攻撃の可能性を警告した。Googleの示したガイドラインに従わず、不適切な方法で外部ストレージにアクセスするAndroidアプリが悪用される。

LINE、「ミニオン」コラボのスマートスピーカを発売--“ミニオン語”で会話

LINEは8月16日、映画「怪盗グルー」シリーズに登場する人気キャラクター「ミニオン」をモチーフにしたスマートスピーカ「Clova Friends(MINIONS Kevin)」「Clova Friends mini(MINIONS Bob)」を8月21日に発売すると発表した。

App Storeアプリで課金障害が発生、ゲームなどに影響--現在は復旧

8月16日10時頃、App Storeアプリで決済システムに障害が発生し、一部ユーザーがアプリで課金できなくなる事態となった。

インテル、Bluetoothを利用するドローンの位置追跡など実現へ

インテルが「Open Drone ID」というシステムについて提案している。無人航空機でBluetoothを使って自機の姿勢や位置をブロードキャストし、ほかのドローンとの接触などを回避できる可能性がある。

グーグル、歌詞に合わせてメロディを自動作曲する機械学習システム--公開特許に

Googleが、今度は詞に合うメロディを自動生成する作曲技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間7月5日に公開された。

「Tweetbot」新バージョン、ストリーミングなど複数の機能を廃止

TapobotsがiOS向け「Tweetbot」アプリの新バージョンをリリースした。Twitterの「User Streams API」が米国時間8月16日に廃止されるのに対応するものだ。

アドビ、「Flash Player」「Adobe Acrobat」などの脆弱性を修正

アドビは、8月のアップデートで11件の脆弱性に対応した。「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat」「Adobe Acrobat Reader」「Adobe Experience Manager」「Adobe Creative Cloud Desktop Application」に影響する。

グーグル、新ストレージサービス「Google One」を米国で一般提供開始

グーグルの新ストレージサービス「Google One」が米国で一般提供を開始した。今後はGoogle Oneが「Gmail」や写真向けを含むすべてのストレージサービスの総称となるという。

アドビ、脆弱性を修正したFlash PlayerとAcrobat Readerの最新版公開

アドビシステムズは14日、コンテンツ再生ソフトの「Flash Player」および、PDF閲覧ソフト「Acrobat Reader」の最新版を公開した。どちらも複数の脆弱性が修正されており、同社では早めにアップデートするよう呼びかけている。

マイクロソフト、8月度の月例セキュリティパッチを公開

マイクロソフトは15日、8月度の月例セキュリティパッチ(セキュリティ更新プログラム)を公開した。深刻な脆弱性が多数修正されており、同社はできるだけ早期にパッチを適用するよう呼びかけている。

マルウェアメールに注意、警告が出たらSTOP!!

添付ファイルやダウンロードファイルを使ってマルウェア(ウイルス)に感染させようとするメールが後を絶たない。不審なファイルやリンクを開かないつもりでいても、うっかり開いてしまいそうなものもある。警告が表示されたら、それ以上先に進んではいけない。

「STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2018」実施中

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、パスワードを使い回さないよう呼びかけるキャンペーン「STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2018」を開始した。31日まで実施する。

止まらない不在通知SMS、不明なアプリのインストールは厳禁

宅配便の不在通知を装うSMSのばらまきが止まらない。偽SMSに騙されて不正アプリをインストールしたAndroid端末が、今度は大量のSMSをばらまく側に回るという負の連鎖が続いている。

最新フィッシング事情――定番3社に加え、通信事業者、カード会社、仮想通貨関連フィッシング多発

実在する企業やサービスを装ったメールやSMSで偽のWebサイトに誘導し、ログイン情報やクレジットカード情報などを騙し取るフィッシングが、6月も休みなく毎日続いた。アップル、アマゾン、LINEのユーザーを狙う攻撃が相変わらず高頻度で繰り返される中、通信事業者やクレジットカード会社、仮想通貨関連のフィッシングも多発した。

「おめでとうございます!」通知に注意、賞品につられて有料会員登録

Webサイトを見ていたら突然「おめでとうございます!Googleをお使いのあなた!」という通知が出てきた。ネット上でそんな投稿が急増している。投稿しているのは、おかしいことに気付いた人たちだが、知らずに最後まで進んでしまった人は要注意だ。月額数千円のサブスクリプションが始まっているかもしれない。

グーグル、深刻な脆弱性の修正を含む「Google Chrome 68」公開

グーグルは25日、深刻な脆弱性の修正を含む「Google Chrome 68」の最新安定版「68.0.3440.75」を公開した。対象は、Windows、Mac、およびLinux。

宅配便の不在通知を装うSMS急増、誘導先でマルウェア感染のおそれ

宅配便の不在通知を装うSMSが、19日頃から急増しており、なりすまされた業者や警察が注意を呼びかけている。SMS記載のリンクをタップすると偽サイトに誘導され、不正なAndroidアプリがインストールされてしまうおそれがある。