アップルの公式ストアでスパイウェア騒動――ユーザーのデータを外部に不正送信

Mac用アプリの公式アプリストア「Mac App Store」で、ユーザーのデータを外部に不正に送信するアプリが見つかり削除された。その後、同様のアプリが大手セキュリティ企業トレンドマイクロから複数提供されていたことが分かり、同社の全製品が配信停止になる事態に発展している。

アップル、脆弱性の修正を含むMac用新OS「Mojave」公開

アップルは25日、Mac用新OS「macOS Mojave v10.14」を公開し、未公表だったWebKitの脆弱性情報などを公表した。外部からシステムを乗っ取られるおそれのある深刻な脆弱性の修正が含まれている。

「仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール」出回る、騙されて送金しないよう注意

仮想通貨を要求する日本語のセクストーション(性的脅迫)詐欺メールが送られて来たとの報告が、19日頃からネット上で相次いでおり、セキュリティ機関や企業が注意を呼びかけている。

アドビ、深刻な脆弱性を修正したAcrobat Readerの最新版公開

アドビシステムズは20日、PDF閲覧ソフト「Acrobat Reader」の最新版を公開した。深刻な脆弱性が修正されており、同社では早めにアップデートするよう呼びかけている。

グーグル、深刻な脆弱性を修正した「Google Chrome 69.0.3497.100」公開

グーグルは18日、「Google Chrome 69」の最新安定板「69.0.3497.100」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、およびLinux。

アップル、脆弱性を修正した「Safari」や「iOS」の最新版を公開

アップルは19日、深刻な脆弱性を修正した「Safari 12」と「iOS 12」を公開した。すでに公開されているWindows版「iTunes 12.9」についても、脆弱性の修正が含まれているので、早急に更新していただきたい。

グーグル、深刻な脆弱性を修正した「Google Chrome 69.0.3497.92」公開

グーグルは11日、「Google Chrome 67」の最新安定板「69.0.3497.92」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、およびLinux。

アドビ、脆弱性に対処した「Flash Player」の最新版公開

アドビシステムズは11日、コンテンツ再生ソフト「Flash Player」の最新版「31.0.0.108」を公開した。脆弱性1件が修正されており、同社はアップデートを呼びかけている。

マイクロソフト、9月度の月例セキュリティパッチを公開

マイクロソフトは12日、9月度の月例セキュリティパッチ(セキュリティ更新プログラム)を公開した。深刻な脆弱性が多数修正されており、同社はできるだけ早期にパッチを適用するよう呼びかけている。

災害に便乗した不審メールやデマ情報が拡散、偽のネット募金サイトにも注意

災害が発生したとき、インターネットは情報を受発信するために役立つが、残念なことにデマの拡散や詐欺行為にも使われてしまう。