ソフトバンク、12月6日の通信障害はエリクソン製機器が原因。海外キャリアでも障害発生

ソフトバンクが、12月6日に発生した通信障害の原因が、東京および大阪に設置したエリクソン製のパケット交換機のソフトウェアの問題だったことを発表しました。 この障害は13時39分から18時4分という長時間にわたって継続し、その間ソフトバンクの4G/LTEモバイルネットワークを使用するすべての端末、固定電話サービス「おうちのでんわ」、家庭用WiFiインターネットサービス「SoftBank Air」がまったく使えないか、または断続的に使えない状態になりました。さらに4G/LTEの通信障害に伴って3G網にも輻輳が発生したとのこと。