次世代PC用VRの屋台骨となる量産型高速メモリがついに、GDDR「6」メモリを韓国SK Hynixが発表

メモリ製造メーカー大手である韓国SK Hynixが、高性能GPU(搭載ビデオカード)などに向けたGDDR6 (Graphics DDR6) DRAMを発表しました。大量生産開始は2018年までに確立予定。 I/Oデータレート、つまり理論上の最高速度はピン当たり16Gbps。容量は8Gビット(1個で1GB)となります。 GDDR6とは、現状で高性能ビデオカード(グラフィックスボード)や据え置き型ゲーム機などで広く採用されている「GDDR5」メモリの次世代となる規格。 GDDR5と比較して、同じクロックで最高データ転送速度が2倍となる点が特徴。また動作電圧が10%低いため、電力効率も向上します。 現状でMicronが提供し、NVIDIAの高性能GPUで採用される「GDDR5X」規格のメモリと比較すると、クロックあたりの理論上転送速度は同等ですが、電力効率では有利。また仕様上、より低コストで提供できる可能性を持つという、より量産に適した規格です。