富士通のゲーミングPCは「RTX 2080決め打ち」。直販専用ミニタワーWD-G/D1に注目

富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、2019年春夏モデルとなる新PCを発表しました。注目となるのが今回のダークホース的存在と呼べる、高性能な直販専用デスクトップPC『ESPRIMO WD-G/D1』。受注開始は3月中旬から。価格情報は原稿執筆時では未定です。 WD-G/D1は、FCCLの個人向けPCとしては久々となる、ミニタワー型のデスクトップPC。外観は同社のPCワークステーションと共通ですが、ビデオカード(グラフィックスボード)をNVIDIA GeForce RTX 2080搭載品"のみ"とする(下位GPUや非選択のオプションはなし)など、非常に尖ったパーツ構成が特徴。 コーエーテクモゲームズの『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の推奨スペック認定も受けています。 またミニタワータイプのゲーミングPCとして見た場合、マイクロATXサイズのマザーボードを採用しながらも、奥行きが狭く小型な「机上に置けるミニタワー」という、昨今では貴重なモデルとなっています。