台風19号が上陸中、「スマホ」でできる防災まとめ--無償Wi-Fiや防災アプリを紹介

大型で強い台風19号が関東全域を中心に上陸中だ。携帯キャリア各社では、災害用無償Wi-Fi「00000JAPAN」や災害用伝言板を提供している。本記事では、これに加えて防災アプリやバッテリーをより長持ちさせるための設定など、スマートフォンでできる災害対策をまとめておく。

ドコモが「4Gの集大成」となる2019年秋冬商戦向け発表会--2万円を切るスマホも

NTTドコモは10月11日、2019年の秋冬商戦に向けた新製品・新サービス発表会を開催。税抜きで2万円を切る「Galaxy A20」など8つの新機種に加え、「AIほけん」などFinTech系を中心とした新たなサービスを発表した。

「Yahoo!防災速報」アプリ、ユーザー同士で災害状況を共有できる新機能--台風19号に備え

ヤフーは10月11日、スマートフォン向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」(iOS/Android版)において、ユーザー同士で現在地の状況を共有することで、迅速な避難行動につなげられる新機能「災害マップ」の公開した。

ドコモ、冬春モデル8機種を発表--スマホ化した「キッズケータイ」も登場

NTTドコモは10月11日、2019〜2020年冬春モデルの新商品を発表した。スマートフォン5機種を含む合計8機種の投入を打ち出しており、新機種に4Gスマートフォンだけを投入するのは、今回の冬春商戦向けモデルで最後になるという。

Googleの新スマホPixel 4がBest Buyの予約ページに一時出現

 Pixel 4は米国時間10月15日のイベントで発表される。そして、公式情報と非公式なリークのおかげで、さらに多くの詳細が知られている。そのうちどれが意図したものなのかはわからないが、Google(グーグル)は大げさな宣伝については気にしていないようだ。 Read More

ポケットに収まるほどのプロジェクター⁉︎ Android7.1も搭載の「POKE-PRO」があと7日

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「POKE-PRO」は、スマホサイズの超薄型プロジェクター。それでいて、映し出す画面の最大サイズは200インチでAndroid7.1も搭載しています。

最新iPhoneなのにKodak。アナログ感がにじみ出るiPhone 11シリーズ用ケース

Image:がうがうインターナショナルジャパン最新なのにオールド感。みなさん、iPhone11やiPhone11Pro/11ProMaxは楽しく使えていますか?新しいスマホを買ったら、次はケースです。最近のiPhone、落とすとすぐ割れちゃいますから。でも、ケースといってもいろいろあるので、どれにしようかカンガルーですよね。そんな気持ちでいろいろ見てたら、気になるケースを発見。がうがうインターナシ

ソニーXperia 1レビュー:2019年でもっとも過小評価されているスマホ

Image:GizmodoUSマス向けじゃないけど、ハマる人には超ハマる。6月に発売開始されたソニーのスマホ、Xperia1。低迷するモバイル事業を盛り返すべく、他事業部からあらゆるノウハウが詰め込まれた新作になっています。今回は、米GizmodoのSamRutherfordのレビューを紹介します。2019年に登場したスマホのラインナップを見ていると、どうやら今年はフチなしディスプレイや折りたたみ

そうそう忘れてたよこの感覚。ノスタルジック溢れる見た目なのに凄いヤツ、TITANに心奪われそう

「TITAN」は、キーボード付きで最高の防水性能とタフネスを合わせもつスマホです。ディスプレイは、1430mm×1438mmのほぼ正方形。タッチディスプレイで、Android 9.0搭載。そのほかにも、ワイヤレス充電対応、バッテリー6000mAh、充電はUSB Type-C、指紋認証・顔認証対応、NFC対応、ディアルSIMカード対応 トランシーバーなど機能盛りだくさん。

壊して壊して壊しまくる!鉄球を振り回すカーアクション「Flail Rider」:発掘!スマホゲーム

【連載:発掘!スマホゲーム】 星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルをひたすらご紹介していきます! 今回ご紹介するのは「Flail Rider」です。 発掘!スマホゲーム連載一覧 「Flail Rider」は、フィールド内のオブジェクトを鉄球で壊す、ちょっと変わったカーアクションゲーム。オブジェの破壊に加え、プレイヤー自身がクラッシュしそうな状況をギリギリで避ける爽快感も味わえます。 車のリア部についた巨大な鉄球を使い、フィールド内に林立する建物を破壊していくのが本作の目的。画面の左右をタップして車を旋回させ、遠心力の勢いを利用して鉄球を建物にぶつけましょう。鉄球が触れるだけでビルや家屋を粉々に吹き飛ばしてくれます。 「Flail Rider」アプリダウンロードはこちらから   車は画面をタップし続ける間、円を描くようにグルグル走り続けます。そのままだと一向に建物を壊せないので、画面をタップする間隔をズラしたり、右旋回と左旋回を交互に組み合わせたりするのがポイント。また建物が密集している地帯は危険なように見えて、実は大きなチャンスでもあります。建物にぶつかる直前で大胆に旋回し、鉄球を豪快に叩きつけてください。 建物にぶつかると車がクラッシュして即ゲームオーバーに。こうならないためにも常に進行方向へ意識を集中し、少しでも危険だと思ったら迷わずにハンドルを切らなければいけません。 ちなみに、残り時間が全て無くなった時点でもゲーム終了となります。破壊した建物から時おり出現する時計アイテムを拾ってプレイ時間の拡大に努めましょう。 プレイ後に貰えるフリーギフトからはゲーム内コインのほか、新たな車が出現することも。本作に登場する車は3種類のクラスに分けられており、それぞれ実際の使用感がやや異なります。操作していて気持ち良い、自分だけの愛車を見つけましょう。 カジュアルなゲームシステムながらも、ハマればずっとプレイしていたくなる魅力を持った「Flail Rider」。サクッと触れるアクションゲームを探している方、チェックしておいて損はありませんよ。 「Flail Rider」アプリダウンロードはこちらから     発掘!スマホゲーム連載一覧

ソフトバンクがPixel 4の写真を一時掲載。取り扱いは確実?

すでに公式レンダリングと思われる画像や、プロトタイプの実機画像にハンズオン動画など、数多くの情報が流出しているGoogleの次期スマートフォンPixel 4。その最新の流出元として、ソフトバンクが加わりました。 現在はすでに修正済みですが、一時期、モバイルでソフトバンクオンラインショップを表示した際、未発表であるはずのPixel 4らしき画像が掲載されていました。ちなみにリンク先ではPixel 3aが表示されており、さすがにPixel 4ではありませんでした。 小さい画像ではありますが、デザイン自体はこれまでの流出画像と同じに見えます。ただ、背面にはCEマークもあり、当然ではありますが、以前に流出した画像とは出所が異なるようです。 関連記事: Pixel 4の公式レンダリング流出か 顔認証機能や星空撮影など機能詳細情報も登場 単純なうっかりミスだと考えられるため、これがそのまま、ソフトバンクがPixel 4を取り扱う証拠になるかは判断が難しいのですが、可能性はかなり高いと推測できます。また、すでに画像も用意されているとなると、発表から発売までの期間も短くなるのかもしれません。 そんなPixel 4は、10月15日のイベントで発表される見込みです。

Google Stadia、「負のレイテンシ」により遅延を克服?プレイヤーの入力を予測して反応速度アップか

Google GoogleのストリーミングゲームサービスStadiaは今年11月から、日本を含まない世界14カ国からサービス開始が予告されています。そしてストリーミングゲームとは「サーバー側でゲームを駆動し、その画面をスマホやタブレットなど末端のデバイスに配信する」しくみのため、一般にプレイヤーの操作がゲームに反映されるまでの遅延が懸念される傾向があります。 こうした遅延問題につき、Stadia担当幹部がプレイヤーの入力予測など「負のレイテンシ(遅延)」という概念により解決すると述べたことが報じられています。

携帯3社、台風19号に備え 停電時に無料充電サービスも一部店舗で実施

非常に強い勢力で関東・東海を直撃する見通しの台風19号。NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの携帯3社は台風の接近に備えて準備を進めています。 NTTドコモは台風15号と同様に台風19号でもネットワークへの影響が想定されるといて、移動電源車や移動基地局車などの配備を進め、速やかな通信確保に務めるとのこと。また、全国のドコモショップには蓄電池を配備しており、停電時にも営業店舗では無料充電サービスを提供します。 ソフトバンクも、ドコモと同様に移動電源車や移動基地局車の配備を進めるほか、全国のソフトバンクおよびワイモバイルショップに蓄電池を配備し、停電時にも営業店舗では無料充電サービスを提供します。 KDDIは10月10日10時より羅災想定地域の総支社長を本部長とした現地対策本部を立ち上げており、速やかに対応できるよう全社で体制・準備を整えているとのこと。また、auショップの営業店舗で、かつ蓄電池を備えた店舗では、停電時もスマホの無料充電サービスを提供するとしています。 なお、3キャリアとも安全確保のため臨時休業する店舗もあります。営業情報は下記ホームページや各店舗への問い合わせで事前に確認する必要があるなど、無料充電サービスを利用するハードルは高そうです。 ・NTTドコモ ・KDDI ・ソフトバンク 前回の15号では2600局中1200局以上が切断(千葉県内) 本日(10月11日)に新商品説明会を開催したNTTドコモの吉澤社長は、台風15号の被害について『2600ある基地局のうち1200が切断した。ほとんどは商用電源のダウンが原因。それに対して全て対応しきれなかったが、発電機数十台、移動通信車など20台を関東や東北からかき集めて対応した』とコメント。 また、今回の19号については『今回、関東東北近畿で体制を整えている。お付き合いのある自治体には追加で衛星電話を貸し出す。我々の中でも対策室を作って備えている」と述べました。