偽の警告画面に注意、ソフトウェア購入やサポート契約の相談が増加

ひところに比べると少なくなっていた、偽のセキュリティ警告を表示する広告が、4月頃からまた目立つようになった。これに伴い、騙されて購入したりサポート契約をしたりしてしまう人が増えているようだ。

NEC「Aterm」3製品に脆弱性――ファームウェアが最新版になっているか確認を

NECは12日、Atermシリーズの3製品に脆弱性があったことを明らかにした。該当製品は、Wi-Fiルーター「Aterm WG1200HP」、Wi-Fiポータブルルーター「Aterm W300P」、ネットワークカメラ「Aterm HC100RC」で、問題を修正したファームウェア(機器内部のソフトウェア)がすでに公開されている。