KDDIやシスコ、IoT向けネットワークを活用したビジネスアイデアを募集

KDDI、中部電力、中小企業基盤整備機構中部本部、シスコシステムズは4月26日、中部エリアにおいて、中小企業の事業創出を目的としたIoTビジネスパートナーの募集を開始したと発表した。
...

「LTEドライブレコーダー」でタクシーの品質が向上? KDDI・トヨタなどが実証実験

トヨタとKDDIは、一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会と共同で、データセンターと通信することで、タクシーを利用する利便性向上や、ドライバーへのサポートなど、新たなサービス提供が可能となる"つながるタクシー"の実現を目指し、技術要件の明確化と、大容量の走行データの活用を目的とし、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験を開始した。 通信型ドライブレコーダー「TransLog」を活用 本実証実験は、タクシーに搭載される通信型のドライブレコーダー「TransLog」からKDDIのLTEネットワークを通じ、リアルタイムに収集される「走行画像」や「車両データ」のビッグデータを解析することで、"つながるタクシー"に必要となる通信インフラの要件を明確にし、車線ごとの混雑状況や障害物の有無を含むダイナミックマップを生成する技術検討を開始するなど、トヨタが提唱するモビリティサービス・プラットフォームの機能拡充を目指している。 □トヨタ 東京都内のタクシー500台に、通信型のドライブレコーダー「TransLog」を搭載し、実際の走行画像や車両データをリアルタイムに収集する。 収集したビッグデータを解析する事で、モビリティサービス・プラットフォームの機能拡充、タクシー事業者向け新サービスの開発、次世代タクシーの開発に活用する。 □KDDI 通信型のドライブレコーダー「TransLog」に搭載されるSIM、および高品質な4G LTEネットワークを提供する。 車両データ処理時におけるネットワーク品質の確認、および次世代のネットワーク構築に必要な要件を検討する。 □東タク協 実証実験に使用するタクシー車両500台の選定、および各タクシー事業者との調整を行う。

発売前に新色追加、Xperia XZ Premiumに「ピンク」登場

ソニーモバイルは、国内未発表の新フラグシップスマートフォンXperia XZ Premiumに新色「Bronze Pink」を追加しました。 Introducing #Xperia XZ Premium in Bronze Pink... Turning heads with warm, blush tones and diamond-cut: https://t.co/cb69RZuGi7 pic.twitter.com/empESGzNdP - Sony Xperia (@sonyxperia) 2017年4月24日 Xperia XZ Premiumは、ソニーモバイルが2月に発表したXperiaの最上位機です。 最大の特徴は、Xperia Z5 Premium以来となる4Kディスプレイ(5.5インチ 3840 x 2160解像度)を搭載する点。プロセッサには、クアルコム最上位のSoC「Snapdragon 835」を採用。さらに、モバイルネットワークは2つの高速化技術「256QAM」と「4x4 MIMO」に両対応し、受信最大1Gbpsを実現します。 外部接続端子はUSB 3.1 Gen1に対応し、Xperia XZ比で10倍となる、最大5Gbpsでのデータ転送も可能です。 カメラ性能も強化されました。スマートフォンでは世界初となる「960fps」のスローモーション撮影に対応。さらに先読み撮影機能も搭載。撮影時に4フレーム分の画像をバッファリングすることで、シャッターが押される直前の写真も記録し、シャッターチャンスを逃しづらいとうたいます。 なお、画素数は1900万と、2300万のXperia XZに比べて抑えられています。 製品の詳細はこちらの記事もご覧ください 「Xperia XZ Premiumがベスト」に納得、ただ物足りなさも:週刊モバイル通信 石野純也 今回の新色追加により、「Luminous Chrome」「Deepsea Black」「Bronze Pink」の3色展開に。Xperia XZ Premiumの国内発売はまだアナウンスされていませんが、発売する場合どのようなカラーバリエーションで登場するのか、楽しみにしたいところです。