BlackBerry KeyOne 開封レビュー。待望のQWERTYキーボード端末、日本語表示と入力も対応

ハードウェアQWERTYキーボードを搭載したストレートタイプのBlackBerry スマートフォン、BlackBerry KeyOne の開封レビューをお伝えします。 BlackBerry KeyOne は2月末のMWC2017で発表されたものの、発売まで長い間待たされた待望の機種。 待望のQWERTYキー搭載!BlackBerry KEYone発表。Android 7.1採用、4月発売:MWC2017 今回はとりいそぎ、オンラインショップ EXPANSYS からお借りした製品版の簡単な開封レビューをお届けします。 バージョンは型番 BBB100-2 のEMEA版。このほか BBB100-1のAPAC / US版もあり、対応する周波数帯が異なる点にご注意ください。 ▲EMEAはLTE B19に非対応(画像はBlackBerry Mobileのサイトから) 外観 ▲パッケージ。小さく「Secure Smartphone」の文字が入っています。 ▲外のスリーブを外すと、しっかりした作りの内箱が登場。 ▲ご対面。すでに外していますが、本来はちゃんと保護シートが貼られています。 ▲同梱品はUSB-ACアダプタ、Type-Cケーブル、イヤホン、イヤピース。 ▲正面。ナビキーはオンスクリーンではなくディスプレイ外にあります。 ▲背面はラバー調の滑り止めになっています。12MPのカメラが印象的。 ▲正面向かって右側にボリュームキー。その下にあるのは「便利ボタン」。カメラやアプリの起動などの操作を割り当てられます。 ▲SIMスロットもこちら側にあります。nanoSIMのシングル仕様でmicroSDもここに入れます。 ▲向かって左側に電源ボタン。 ▲上面に3.5mmジャック。 ▲下面にUSB Type-Cポート。USB3.1になっています。 iPhoneと比較 iPhoneとサイズを比較してみました。 ▲iPhone 7と比較。縦、横ともにKeyOneがやや大きめ。 ▲iPhone 6s Plusと比較。KeyOneのほうがやや小ぶり。 キーボードで日本語入力も可能 気になる日本語対応ですが、日本語ローケルは入っているので表示は問題ありません。 ▲標準で日本語対応。面倒な日本語化作業は不要です。 そして肝心の日本語入力ですが、標準でQWERTYキーを使った入力が可能です。 ▲日本語入力にも標準対応 ▲何の苦労もなく日本語が入力できます。 入力文字種(日本語 - 英語)の切り替えはAlt + Enter。この辺りは前モデルのPrivと同様です。 ▲日本語対応していますが、当然ながら技適はありません。 キーボードはキーパッド対応 キーボードのキーはやや小ぶりなものの、クリック感はしっかりあります。また、各キーはアプリを起動するためのショートカットして利用可能です。 ▲スペースバーが指紋センサを兼用。 そしてキーボードはタッチパッドになっており、画面のスクロールなどを行うことができます。 標準アプリやストレージなど デフォルトのドロワーは以下のようになっています。 ▲表示はデフォルトのほか、使用頻度やアルファベット順などでソート可能。 ▲BlackBerry特有のアプリがいくつかあります。 ▲ストレージは32GB。初期状態で10GB使っているので少々心許ない。 ▲Androidのバージョンは7.1.1。なお、イースターエッグの「ねこあつめ」はプレイ可能でした。 以上。詳しいレビューは追ってお届けする予定です。少々お待ちください。 関連サイト:Expansysジャパン(BlackBerry KeyOne販売ページ)

Androidの父ルービン、謎の新スマホをまもなく発表。モジュール交換式の狭額ハイエンド?

Androidの生みの親として知られるアンディ・ルービン氏が、Google退社後に設立した新会社 Essential で新しいハードウェアを開発しているのはご存知のとおり。3月末には自身のTwitterで新端末を角だけチラ見せしていたもののその後は音沙汰がなく、気になっていた人も多いのではないかと思いますが、どうやら5月30日に発表となるようです。 Androidの父アンディ・ルービンが謎のスマホ画像をチラリ、新会社から発表予定のハイエンド機? Essential Products がTwitter アカウントを開設し、5月30日に大きな発表を行うと投稿しています。 Hi, welcome to our Twitter page. We're here to let you know something big is coming May 30th! Stay tuned... - Essential (@essential) 2017年5月25日 Essential設立当初の話では、まずハイエンドスマートフォンを開発するということでした。前回ルービン氏がチラ見せしていたベゼルレスな端末がこのハイエンドスマートフォンになると考えられます。 また、EssentialのTwitterアカウントでは、続けて端末のシルエットも投稿。 We heard you @renan_batista - here's something to hold you over until next week: pic.twitter.com/QSIeXyjKNq - Essential (@essential) 2017年5月25日 今年1月にBloombergが伝えたところによると、開発中の新端末はMotorolaのMoto Modsのような拡張端子があり、サードパーティがアクセサリを開発することが可能。Essentialでも360度カメラを開発しているとのことでした。シルエット左上の不自然な出っ張りは、この360度カメラのようです。 実際、4月にもルービン氏は360度カメラに取り組んでいることをほのめかすツイートをしています。 Can anyone guess what my colleague Wei is working on? First correct guess wins a signed version of the product when it's ready! pic.twitter.com/RjGLczdCgV - Andy Rubin (@Arubin) 2017年4月12日 このほか、新端末はセラミックボディで、アップルの3D Touchと同様の機能を備えているとも伝えられています。 Androidの生みの親が満を持してリリースする新端末、果たしてどのようなものになるのか、非常に楽しみです。

2020年のスマホはこうなる? HTC U11は未来からやってきた端末だ:山根博士のスマホよもやま話

日本での発売も正式にアナウンスされたHTCの新モデル「HTC U11」。Snapdragon835の搭載や6GBの大容量メモリの実装(上位モデル)、5.5インチWQHDディスプレイを搭載するなど名実ともにHTCのフラッグシップモデルとなる。 昨年のフラッグシップ機である「HTC 10」を順当にスペックアップした製品とも言えるが、水が流れるような本体デザインや微妙な色合いを醸し出す背面側のガラス仕上げなど、全体の仕上がりは大きく変わった。金属とガラス素材の組み合わせは今年1月に発表された「HTC U Ultra」「HTC U Play」と同じテイストだ。それぞれ5.7インチ、5.2インチモデルであることから、HTCのUシリーズはディスプレイサイズやCPUを変えた3モデルが出揃ったことになる。 金属とガラスをギャップレス仕上げとした美しいデザインのHTC U11 しかしHTC U11は新デザインのハイスペックモデルという位置づけの製品であるだけではなく、これまでのスマートフォンにはない新しい機能を搭載してきた。それはスマートフォンの将来の使い方を大きく変えるものになるかもしれない。側面を握って操作する「エッジ・センス」と、複数の音声アシスタント機能を搭載しているのである。 スマートフォンを握るという操作は、スマートフォンを使う時に必ず行うものだ。手の平でスマートフォンを持てば、おのずとスマートフォンを軽く握ることになる。その握る操作でスマートフォンをコントロールしてしまおうというのがエッジ・センス機能である。類似の機能を持った製品は過去にも他社から発売されたことがあるが、エッジ・センスは感圧センサーを利用することで、握る強さの強弱に応じた2通りの操作を可能にするほか、感度の調整も行える。 Squeeze=握る操作がHTC U11の特徴の一つだ エッジ・センスは「強く握る」または「弱く握る」で異なる操作を割り当てられる。そのため一連の操作をスムースに行うことができるのだ。例えばカメラを起動し、強く握るとリアカメラとフロントカメラを切り替え、弱く握るとシャッターを切ってくれるのである。1つのアプリ内で複数の操作を必要とするときも、エッジ・センスならば握りの強弱で連続した操作を行える。ただのタッチセンサーではなく、複数の操作を行える点は利便性が高い。 HTC関係者によると、当初エッジ・センスは電源ボタンや音量コントロールまでも出来るように考えられていたようだ。つまり側面から一切のボタンを無くし、端末を握るだけで電源ONからの操作が全て行えるようになるはずだったのだ。しかしいきなり電源ボタンを無くすのはユーザー側が戸惑ってしまうだろう。他社の例を見てみれば、LGは側面のボタンを背面のカメラの下に配置し左右に何もないすっきりしたボディーデザインのスマートフォンを販売してきたが、今のモデルでは左右のボタンが復活している。背面の電源ボタンはユーザーにとって慣れるものでは無かったのだろう。 スポーツ中も端末を握って操作。エッジ・センスはスマホの使い方を変えてくれる HTC U11は本体の左右下半分側に圧力センサーが内蔵されているが、それを上側や本体上下にも配置すれば、合計6つのセンサーを配置できる。またHTC U11は側面を両側から握ることで動作するが、試しに片側だけを押してみてもエッジ・センス機能は動作した。現状は握りの強弱という2つの動作にしか対応しないが、フルにセンサーを内蔵させたうえで握り方のパターンを組み合わせれば、エッジ・センスで対応する動作は10以上にもなるだろう。なお2012年にはドコモが「Grip UI」という、握って操作の開発モデルを発表したことがある。 例えば、本体右側の上側を強く押せば電源が入り、左側面の上側を強く押せば音量が上がり、下側を強く押せば音量が下がる、といったように、従来のハードウェアキーが配置されていた側面部分を押すといった操作なら、ユーザーは簡単に覚えるだろう。カメラを起動して本体を横にすれば、側面の上部右側を軽く押すとシャッターが切れる、なんて動作の割り当てもできる。本体を握るだけではなく、片側の側面だけを押す、という操作が加われば画面をタッチする操作をより低減させることができそうだ。 HTC U11は本体側面下部のみにセンサーを内蔵。今後のモデルではセンサーを増やすかもしれない だが本体を握ってアプリを起動することだけがHTC U11の本来の特徴ではない。HTC U11に搭載されるGoogleアシスタントとAmazonアレクサの起動を握る操作に割り当てれば、スマートフォンをポケットから取り出しながら即座に呼び出すことが出来るわけだ。つまりスマートフォンに向かって「OKグーグル」と話しかけなくとも、HTC U11を軽く(あるいは強く)握るだけで、音声アシスタントをそのまま使うことができるのである。 しかもHTC U11は4つの高性能マイクを内蔵しているため、騒音の多い屋外でも音声アシスタントの声認識率は高いだろう。さっと取り出すだけで話しかけることができ、しかも何度も言い直さなくても良い。スマートフォンの音声コントロール時代を先取りするようなデバイスがHTC U11なのだ。 GoogleアシスタントとAmazonアレクサ対応。中国のBaidu DuerOSにも対応する。 そう考えると、HTC U11の流線型のボディー形状も、本体を持って画面のアイコンをタップすることよりも、ポケットから出し入れしやすく、しかも側面を無理なく握る操作ができるデザインとして考えられているのかもしれない。スマートフォンにいくつものアプリを入れたところで、結局使うのは数個程度という人も多いだろう。将来、複数のセンサーが内蔵されるようになれば、それらのアプリすべては端末を握る、側面をタッチする、という操作で起動することができるようになる。 しかも予定の確認や天気のチェック、乗り換え案内、果ては簡単なショッピングなどは音声アシスタントを使えばいいのだ。そうなるとスマートフォンの画面のアプリアイコンをタッチするという操作を行う必要すらなくなってしまうかもしれない。 HTC U11は側面片側だけを推しても反応する。音声アシスタントとの組み合わせなど多彩な操作が期待できる HTC U11の実機を触ってみたところ、エッジ・センス機能に慣れるためには若干の時間が必要と感じた。また対応する機能もまだ少なく、全てのアプリで握る操作が使えるわけではない。まだ粗削りな部分も見受けられるが、スマートフォンの新しいユーザーインターフェースの方向性の一つとして、このチャレンジは大きく評価できる。 2017年はGoogleやAmazon以外の音声アシスタントが次々と商用化され、スマートフォンを音声でコントロールする時代が来るだろう。本体を握って音声で操作できるHTC U11は、スマートフォンの未来の姿を先取りしているのではないだろうか。 新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy