Switchの脆弱性を突く概念実証コードがGithubに公開。改造はJoy-Conコネクタのピンをショートさせるだけ?

ニンテンドースイッチ上の「任意のコードが実行できる脆弱性」は以前指摘されていましたが、それを概念実証するプログラムおよび技術の詳細がGithubにて一般公開されました。 ハードウェアハッカーのKatherine Temkin氏およびハッキングチームのReSwitchedが「FuséeGelée(凍ったロケット)」と呼ぶエクスプロイト(脆弱性を突く攻撃)は、スイッチに搭載されたNVIDIA製Tegra X1 Socに内在する脆弱性を利用したもの。 これは現時点で流通している全てのスイッチにあり、Tegraチップが工場出荷された後はダウンロードによるパッチ(システムソフトウェアのアップデート)で修正できないという、最初に脆弱性を指摘したハッカーチームfailOverflowの主張が再確認されています。