ドコモ、ドローンビジネスの支援事業を2018年春に提供へ

NTTドコモは2月21日、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けに、ドローン運用をトータルで支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発したと発表した。
...

DMM.comがアダルト事業を分社化、上場の可能性は否定

 仮想通貨から英会話までさまざまなビジネスを展開するDMM.com。同社は2月21日、これまで同社が展開してきたアダルト事業を2018年3月1日をもって分社化すると発表した。当該事業は2017年12月26日付けで設立された新会社デジタルコマースに承継される。 Read More

カバンいらずの「頭脳職のための機能服」、TEÄTORA(テアトラ)が旗艦店をOPEN(Gizmodo TVあり)

ビジネスでもカジュアルでも(そして旅先・特に空港や機内でも)シームレスに着られる未来志向のワークウェア。 「頭脳職のための機能服」を標榜するTEÄTORA(テアトラ)が、急ピッチで建設が進む新国立競技場の向かいにフラッグシップ・ショップをOPENしました。なんともこのブランドらしいロケーションと空間のお店です。 TEÄTORAといえば、ガジェット類との親和性の高さとモデルの多くがパッカブル(ポ

DMM.com、成人向け事業を分社化 半年後に新ブランドも

DMM.comが、3月1日付で成人向け事業を分社化すると発表。移管先は新会社「デジタルコマース」(金沢市)。成人向け事業は、半年後をめどにブランドを刷新する予定。

ドンキとユニーの新業態店 「ほとんどドンキ」

MEGAドンキと総合スーパーユニーの両社の強みを融合させた新業態店舗が発表されたが、多くの部分ではドンキ流が貫かれていた。

デモやハンズオンで“AIを体験”できる「INTELLILINK AI Lab」――NTTデータらが共同設立 企業のAI活用を支援

NTTデータ先端技術、NTTデータ、日本IBMは共同で、AI技術を体験できる「INTELLILINK AI Lab」を設立。ビジネスにおけるAI活用を具体的にイメージできるユーザー体験を提供するとともに、課題やニーズに応じたAIソリューションの選定、検証、導入までのサポートを提供する。

リコー、コカ・コーラボトラーズ株式を売却 約560億円

リコーが、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの全株式を約560億円で売却すると発表。商用・産業印刷事業の成長を図る狙い。構造改革遂行のための「聖域なき見直し」の一環という。

Office 365+OneDriveの画像内テキスト検索を試してみた

OneDriveの画像内テキスト検索を活用すれば、写真の整理が手間いらずになる上、ビジネス文書の整理にも役立つかもしれない。

東京ディズニーリゾート、アプリで「待ち時間」解消へ

オリエンタルランドが、待ち時間解消に向けたアプリを開発している。チケットやグッズの購入、ホテル・レストランの予約、ショーの抽選などの機能を設ける予定。ゲストの行動データに基づいたデータビジネスの展開も検討中。

データから分かってきた。有料会員は、パ・リーグの試合をこのように見ている

「パ・リーグTV」の会員数が伸びている。パ・リーグの試合をネット(有料)で見ることができるサービスだが、なぜ好調なのか。運営をしているパシフィックリーグマーケティングの担当者に話を聞いた。

テクノロジーが自律的に拡張する時代に、いかにビジネスの勝機を捉えるか

人類は、歴史上何度かの転換点を乗り越えて進化を続けてきた。コンピュータがあらゆる領域で人類を超えるシンギュラリティの到来が叫ばれる今、破壊的に成長を続けるテクノロジーを企業はいかにビジネスに取り込んでいくべきなのか。