Googleマップ、徒歩ナビゲーションに視覚障害向けの音声ガイド追加

Googleは世界視力デーとなる10月10日(現地時間)、視力に障害を持つ人でも簡単に利用できるよう、Googleマップの歩行ナビゲーションに音声ガイドを追加すると発表しました。この機能により、大きな道路に近づくと注意喚起してくれたり、次に曲がるまでの距離を教えてくれたりするようになります。 Googleはこれまでも、様々な障害を持つ人のための機能に取り組んでいますが、Googleマップに視覚障害者向けの機能が追加されたのはこれが初めて。この機能の開発に取り組んだGoogleのビジネスアナリストで、自身も視覚障害を持つ杉山若菜氏は、視覚障害のある人がAからBに行くのに役立つだけではなく、1人で旅行をするときの自信と安心感を高めることもできる」としています。 正しいルートを歩いているのか、次に曲がり角までどれくらいあるのかを音声で知らせてくれる機能は、いちいちスマートフォンの画面を見なくても済むので、健常者にとっても便利に使えそうです。 音声ガイダンスはiOSとAndroidですでに利用可能。Googleマップアプリの「設定 > ナビの設定 > 徒歩のオプション」にメニューが追加されるとのことです。ただし、執筆時点では筆者の環境ではメニューはありませんでした。