ビジネスチャット「Slack」に日本語版が登場―もうChatWorkが落ちても平気?

ビジネスチャットアプリケーションとして人気の「Slack」に日本語版が登場した。設定を変更することで利用できる。

ビジネスチャット「ChatWork」に障害―アクセスが不安定に

ビジネスチャットアプリケーション「ChatWork(チャットワーク)」に11月15日午後に障害が発生した。

テスラのEVトラック、カナダの食品スーパー大手が25台導入へ

Tesla(テスラ)のSemiは幸先の良いスタートを切った。公式の価格情報すらまだないのだが。Walmartのパイロットテストに加え、カナダの食品スーパー最大手のLoblawがこの頑強な電動トラック25台を購入する(via Canadian Press)。価格は未定だが前金は1台につき5000ドル。出荷は2019年からの予定だ。 Loblawには各店舗に配送する車両群を完全電動化するという目標がある。これは2030年までに排出ガスの影響をなくそうという同社の目標の一環だ。計画ではその時までに最大350台の排出ゼロ車を導入し、路上からディーゼル車を減らすことで、内燃機関で走る一般車約2万台に相当する二酸化炭素排出量を減少させる。 Teslaは、Semiの運用コストは1マイルあたり費用で運送会社が今すぐ節約できるレベルだと言っていて、これは、いずれ正式価格が発表されたときのショックを和らげるために違いない。しかし米国とカナダで15台のSemiを使用するWalmartの試験運行の記事にも書いたように、Semiの導入には主要運送会社にとってグリーン化目標達成を助ける付加価値がある。 このたびLoblawの支持を得たことは、Teslaのクレイジーなトラックドリームがそれほどクレイジーではなくなる新たな兆候だ。これはまた、膨大な輸送業務をともなう大手小売業が、排出量削減の方法を探しつつ、長期的なコスト効果も期待しているビジネス環境を活用する完璧なタイミングでもある。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

“青文字系”ファッション誌「Zipper」が休刊

祥伝社が、女性向けファッション雑誌「Zipper」を休刊すると発表。

KDDI、新型「isai」など秋冬モデル4機種を発表

KDDIが、携帯電話の2017〜18年秋冬モデルの第1弾を発表。「isai V30+ LGV35」などのスマートフォン2機種と、フィーチャーフォン2機種を12月中旬以降に発売する予定。

サントリー、業務用ビール類を10年ぶりに値上げ

サントリーは、業務用のビール類やチューハイの一部を2018年4月1日から値上げする。

トヨタ、新型ロボット「TH-3」発表 しなやかな動き実現

トヨタが新型ヒューマノイド(人間型)ロボット「T-HR3」を発表。

「通勤電車でイライラすること」 1位は……

通勤電車でイライラすることは?――ビックローブ調べ

日産、「セレナNISMO」発売 迫力のスタイリング

日産が「セレナNISMO」を発売。人気ミニバンに「NISMO」ブランドのデザインと専用パーツなどを加えた。

「ヴィッツGRMN」価格決定 トヨタ「GR」4車種発売

トヨタ自動車はスポーツグレード「GR」シリーズの4車種を11月27日から順次発売する。

「au HOME」が家電の遠隔操作に対応 「Google Home」とも連携

KDDIが、消費者向けIoTサービス「au HOME」を11月28日から拡充すると発表。米Googleのスマートスピーカー「Google Home」に対応した。赤外線リモコンなど周辺機器も充実させた。

ミニストップ、成人向け雑誌の取り扱い中止 全国で

ミニストップは成人向け雑誌の取り扱いを国内全店で中止する。

講談社「乃木坂文庫」フェア好調 「46」尽くしのコラボ

講談社の「乃木坂文庫」フェアが好調。創刊46周年を記念しアイドルグループ「乃木坂46」とコラボした「46」尽くしの企画。販売担当者に反響の大きさを聞いた。

“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界

AIが応募者の価値観やタイプを分析し、応募者と企業を「社風」でマッチングさせるサービス「ミツカリ」――。既に700社が導入するなど急成長しているという。

DMM、買い取りアプリ「CASH」買収 70億円で

品物を買い取って現金化できるアプリ「CASH」を運営するバンクをDMM.comが70億円で買収。