IoTスキー板「SKI-1」、レース配信を可視化する「ZECH-1」~CerevoがCESで発表

Cerevoは、「CES 2019」の開催にあわせて、スキー板に取り付けるセンサーモジュール「XON SKI-1」と、四輪レース用のデータ表示・配信機器「XON ZECH-1」を発表しました。 スキーの滑りを可視化する「SKI-1」 「SKI-1」はスキーの滑走データを可視化するセンサーモジュール。SKI-1を組み込んだスキー板で滑走すると、速度や重心のかけ方といった情報をスマートフォンアプリから確認できます。 Cerevoは2015年に『スポーツを可視化する』というコンセプトでスノーボード用のセンサーモジュール「SNOW-1」を発売しており、今回のSKI-1もはそのコンセプトを踏襲した製品です。 SKI-1ではGPSとLTEモジュールも内蔵し、高価なスキー板をなくしてしまっても、位置情報をスマホに送ることができます。 このSKI-1はプロトタイプ(試作サンプル)の段階にあります。今後、スキー用品メーカーと提携し、スキー板に組み込む形での製品化を目指します。発売時期の目安は、2019年後半のスキーシーズンとしています。 ▲「Reine Deer」の最上位モデル(螺鈿を蒔絵、漆で絵柄を施した木製スキー板、1本112万円) (c)2018 Reine Deer Cerevoはスキー用品ブランド「Reine Deer」のSnow Snow社との提携を発表。同ブランドの最上級モデルにSKI-1を組み込むというコラボレーションも予告しています。今後、Snow Snow社以外のスキー用品メーカーとも交渉を進めていくとしています。 ユーザーはあらかじめ「SKI-1」が組み込まれたスキー板を購入することになります。したがって、SKI-1内蔵の価格はスキー用品メーカーが決めることになりますが、Cerevoは価格の目安を「既存のスキー板に数万円上乗せする程度」としています。 4輪レースを情報付きでライブ配信「ZECH-1」 「XON ZECH-1」は、自動車レースの様子を走行データ付きで動画配信するためのデバイス。2019年夏ごろの発売を予定しており、価格は10万円前後となる見込みです。 自動車から速度やエンジン回転数、アクセル踏込量といった各種情報を取得し、映像に重ねて表示。そのままYouTubeなどにライブ配信できます。動画配信での利用のほか、ピットにいるチームメンバーに車両の位置や残燃料といったデータを共有し、レースの戦略の構築に役立てることができるとしています。 通信は無線LANと3G/LTEに対応し、解像度1080p、フレームレート60fpsでの配信をサポートします。自動車からの情報取得はOBD-IIとCANに対応予定。6軸センサーを搭載し、GPS入力端子も装備します。 「Cerevo」の関連記事: センサー内蔵のスノボ用IoTバインディング『SNOW-1』ついに発売。滑りの状態を可視化しログ取得、スマホアプリで確認 Cerevo、3Dプリント採用のIoTロードバイク『ORBITREC』発表。各種センサでライディングを可視化、センサ部も単体発売:CES これは楽しい! ミニ四駆をIoT魔改造。Cerevoがキットはプログラミング可、工具セット有 自走するプロジェクターロボ『Tipron』をCerevoが発表。3軸の頭があらゆる場所に映像を投影、変形も可能:CES 2016