マイクロソフト、世界35カ国と協力してスパム生成ボットネットを弱体化

マイクロソフトが、日本を含む世界35か国の情報セキュリティ企業、ISP、ドメイン登録機関や政府機関と協力して、世界900万台以上のコンピューターに感染していると言われる巨大ボットネットNecursの機能を弱体化させるのに成功したと発表しました。Necursはロシアベースのボットネットと見られており、2か月間に最大380万件のスパムメールを世界にバラ撒いているとされます。