ルーターやネットワークカメラに脆弱性――危険な状態で使っていないかチェックを

ドコモのモバイルルーター「Wi-Fi STATION L-02F」に2件の脆弱性があり、悪用する攻撃も発生していたことが分かった。これとは別に、複数のルーターやネットワークカメラについても脆弱性が見つかっている。

[法林岳之の「週刊モバイルCATCH UP」]美しく上質なデザインをまとい、新世代へ生まれ変わった「iPhone 8/8 Plus」

アップル、スマートウォッチのバンドを通信ケーブル化する技術--特許を取得

Appleは、モバイルデバイスに無理なく通信用や充電用のコネクタを設ける技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願した。
...

速報:新VAIO Sシリーズ3機種発表。S13はSIMフリーLTE対応、S11ともに新デザインに。指紋認証も

VAIOがメインストリームノートPC「S Line」3機種を一新しました。2015年12月のVAIO S11(現行モデル)発表から、約1年10か月ぶりのモデルチェンジとなります。 2017年初頭より法人向け市場に力を入れだしたVAIO株式会社ですが、今回の新S Lineも、コンシューマーよりはビジネス向けのニーズを重視。快適な作業ができる製品を目指し、さらにモバイル性を高め、VAIOらしいデザインを探求した製品となっています。 本日よりVAIOストアなどで予約を開始し、9月29日に発売(最短製品到着)です。

iOS 11は慣れた際の効率を重視。新機能多数で便利なれど気になる点も:週刊モバイル通信 石野純也

iPhone 8、8 Plusの発売を前に、iOS 11の配信が始まりました。アップル自身が「iPad向けには過去最大のソフトウェアリリース」と語っているように、特にiPad Proで使える便利機能が多数追加されているほか、iPhoneでもコントロールセンターが大幅に刷新されるなど、メジャーアップデートと呼ぶにふさわしい仕上がりです。 ユーザーが日々使うという意味でもっとも大きな変更となるのが、コントロールセンターかもしれません。従来のコントロールセンターは設定できる項目が決まっており、Androidと比べると項目の数自体も多くありませんでした。 iOS 11では大幅にデザインを変え、1画面にすべてのボタンが収まるようになっています。

楽天モバイル、即席出店できる移動店舗カー導入

楽天モバイルが、車両型移動店舗「楽天モバイル キャラバンカー」を導入する。実店舗ではリーチできなかった顧客層との接点を拡大し、さらなる新規顧客の獲得につなげる狙いがある。

VAIOが法人向けモバイルPC「VAIO Pro PF」と「VAIO Pro PG」を投入

VAIOが法人向けPCとして、11.6型のモバイルPC「VAIO Pro PF」と13.3型のスタンダードノートPC「VAIO Pro PG」を投入する。

ASUS、第8世代Core i7を採用した14型スリムモバイルノート「ZenBook 3 Deluxe」

ASUS JAPANは、14型フルHD液晶を内蔵する薄型モバイルノートPC「ASUS ZenBook 3 Deluxe UX3490UAR」を発表した。