本当にタダ?「Galaxy Studio Tokyo」原宿にオープン、Galaxy S8と本格VRアトラクション多数

近頃、VRアトラクションを楽しめる施設が増えています。秋葉原には『SEGA VR AREA AKIHABARA』が5月31日に、新宿・歌舞伎町には「VR ZONE Shinjuku」が今夏オープン予定。ただしすべて有料です。 そんな中、タダで本格的なVRが楽しめる「Galaxy Studio Tokyo」が東京・原宿にオープンしました。5月26日から7月3日までの期間限定です。 施設内の雰囲気は下記動画をご覧ください。 タダで遊べます。Galaxy Syudio Tokyoが原宿にオープンしました Engadget 日本版 Videoさん(@egjpv)がシェアした投稿 - 2017 5月 25 4:18午後 PDT こちらはプロペラ機のパイロット視点で、大空を飛び回るVRのデモ。VR映像に加え、椅子が上下左右そして一回転もする4DX仕様です。筆者も体験しましたが、体験中は意図せずに叫んでしまうほどの大迫力。 タダで遊べます。Galaxy Studio Tokyo が原宿に本日オープン Engadget 日本版 Videoさん(@egjpv)がシェアした投稿 - 2017 5月 25 5:37午後 PDT その他、氷のコースの上を滑走する、ボブスレーに似た競技「スケルトン」。そしてカヌー体験など複数のVRアトラクションを楽しめます。 タダで遊べます。Galaxy Studio Tokyoが原宿に本日オープン Engadget 日本版 Videoさん(@egjpv)がシェアした投稿 - 2017 5月 25 5:38午後 PDT こちらは、まるで雪の世界にいるような全天球写真を撮影できるアトラクション。全天球カメラのGear 360を持って中に入ると、雪を模した紙吹雪が吹き乱れます。撮影した写真や映像はQRコードから自分のスマートフォンにダウンロードできます。 この施設、サムスンがNTTドコモ、au向けに発売する最新スマートフォン「Galaxy S8 / S8 edge」のプロモーション施設でもあります。そのため入り口には、同端末の特徴を説明するブースが設けられています。VRアトラクションでも、Galaxyシリーズをセットして使うヘッドセット「Gear VR」を用いています Galaxy S8を触って思うこと。iPhone 8のハードルを上げる未来感、国内対応への期待と悩ましさ 無料でドリンクを配布するサービスも。ドリンクを貰える条件は、SNSでGalaxy Stadio Tokyoの情報をシェアすることです。 「こんなに本格的なVRアトラクションが本当に無料なの?」というのが体験した率直な感想。人が乗った椅子が上下に一回転するなどかなりの迫力で、1人や友人、恋人、家族で来場すると、きっと楽しめそうです。 Galaxy Stadio Tokyoは、5月26日から7月3日までの期間限定オープン。場所は東京・原宿の「BANK GALLERY」。営業時間は11時から20時です。