SBエナジーら3社、PepperなどロボットとVPPを用いた充電シフト実証

SBエナジー、ソフトバンクロボティクス、東急不動産は、ロボットを蓄電リソースとして活用する、バーチャルパワープラントシステムを用いた充電シフト実証の実施に合意した。

グーグル親会社Alphabet、産業ロボット用ソフト企業Intrinsic立ち上げ--研究部門「X」発

グーグルの親会社Alphabetが、新たな産業用ロボット向けソフトウェア開発企業Intrinsicを立ち上げている。

アルファベット傘下のIntrinsicがステルスモードを脱し産業用ロボットの能力向上を目指す

 Alphabetのロボティクスに関する歴史は、これまで公にされている限りではムラのあるものだった。特にGoogle X(現在は単にX)の大規模な買収活動は、Boston Dynamicsをソフトバンクに売却するという結果に終わった(ソフトバンクは最終的に同社をHyundaiに売却した)。その後のAlphabet /… Read More

溶接工不足を埋める自律ロボットのPath RoboticsがシリーズBから2カ月半後さらに約110億円調達

  Pathは、自社技術への関心を高める主な要因として、長年にわたる熟練した溶接工の不足を挙げている。この問題は、世界的なパンデミックの前にさかのぼる(ただし、他の多くの労働問題と同様に、パンデミックはおそらくこの問題をさらに悪化させた)。 Read More

オリィ研究所の分身ロボット「OriHime」に新製品、自走可能で接客・誘導も行える拡張版「OriHime Porter」登場

 遠隔操作でも「その場にいる存在感」を共有できる分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)を展開するオリティ研究所は、7月19日、その拡張版として移動能力を備え、カフェの接客や受付誘導などが行える「OriHime Porter」(オリヒメポーター)のリリースを発表した。 Read More