Amazonがオハイオにロボット・フルフィルメントセンターを開設へ

 米国時間7月22日の朝、Amazon(アマゾン)はロボットを利用したフルフィルメントセンターをオハイオ州に開設すると発表した。70万平方フィート以上の面積をほこる2つの倉庫は、州北部のAkronとRossfordにそれぞれ設置される。 Read More

人間に新しい手をくれる。車椅子用ロボットアーム

Image:Kinova-YouTubeこれぞテックの存在意義だ!テックは人間の生活を豊かにしてくれる一方で、脅威です。テックに頼りきっている私たちは、テック無くして家から締め出され半日も路頭に迷いますし、プライバシーだってダダ漏れ。率先してプライバシーを公開する中毒もありますし、なんだかテックという巨大な手のひらの上で転がされているみたい。だから、私はテックが好きだけど怖いです。古き良き、テック

トヨタ、東京オリンピック向けのロボットを発表。ハンマー投げなどの回収もサポート

トヨタ自動車は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにて、ロボットによって大会運営をサポートすると発表しました。マスコットキャラクターのミライトワ、ソメイティをモチーフとしたロボットなど、開発中の6種類のロボットを発表しています。 なかでも「FSR(Field Support Robot)」と名付けられた自律型ロボットは、オリンピック陸上競技の会場内で活躍。競技中に投げられた槍やハンマーなどを回収・運搬する役目を担います。経路をロボットみずから選択して自律走行できるほか、障害物を回避したり、運営スタッフについていく機能も備えています。ただし、このロボットはあくまで運搬の省力化のためのもので、たとえば落ちているハンマーを自分で拾うといった機能は用意されていないようです。 ▲FSR(Field Support Robot) 東京オリンピックのキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」をモチーフとしたマスコットロボットは、人の顔を認識して感情を表現。離れた場所にいるマスコットロボット同士で腕の動きなどの感覚を共有し、連携行動が取れるとしています。 ▲マスコットロボット また、ヒューマノイドロボット「T-HR3」は、テレイグジスタンス技術を活用したロボットで、遠隔地にいる観戦者に代わって会場を歩き、アスリートと交流。カメラや触覚センサーなどを使って「まるで会場にいるような感覚」を伝えます。 ▲「T-HR3」 カメラとディスプレイを備えたロボット「T-HR1」も類似のコンセプトで、遠隔地にいる観戦者をディスプレイに表示して、会場に来た人と一緒に競技を楽しめるというロボットです。 ▲「T-HR1」 オリンピックスタジアムの車いす席では、「HSR(Human Support Robot)」が活躍。観客を誘導したり、荷物の運搬を手伝います。また、客席にドリンクなどの注文品を届けるためのロボット「DSR(Delivery Support Robot)」も発表されています。 ▲「HSR(Human Support Robot)」と「DSR(Delivery Support Robot)」

『フォートナイト』S9締めくくりは巨大ロボットvs.怪獣バトル。過去最大級のイベントに

フォートナイトはときおりイベントに巨大キャラクターを登場させることがあります。今回のシーズン9ではプレッシャープラントで巨大なロボットが建造されていくようすがみられましたが、やはりというか、シーズン終盤にロボットが完成したところで、海から巨大な怪獣が現れるという『パシフィック・リム』さながらのスペクタクルなイベントが展開されました。