高級ホテル予約「Relux」が中国展開に本腰--上海に子会社設立

高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux」を運営するLoco Partnersは5月29日、中国における旅行市場の開拓を目的として、7月下旬に100%出資の子会社を中国上海市に設立すると発表した。
...

グーグルのAI「AlphaGo」が最強棋士に3連勝、囲碁は引退--今後の計画は?

グーグル傘下のDeepMindが開発した人工知能(AI)囲碁プログラムの「AlphaGo」は、中国烏鎮で開催された「The Future of Go Summit」で、世界最強とされる中国の囲碁棋士、柯潔氏に3戦連勝後、囲碁対局は今回が最後となることを表明し、今後について明らかにした。
...

幼児期のバイリンガル発達論に新説。量より質が肝心

できることなら我が子にはバイリンガルに育ってほしい。 グローバルなこのご時世、英語や中国語など、日本語に加えてほかの言語も操れたら、より広く、より豊かな人生を送れるでしょう。そのために早くから子ども... 続きを読む

真っ暗闇でカラー撮影できるZenFone登場かーーASUSなど2社、つくば発スタートアップに1.3億円出資

いっさい光が入らない真っ暗闇の暗室でもカラー撮影が可能な「赤外線カラー暗視技術」を持つ、つくば発のスタートアップ企業「ナノルクス」が今日、台湾に本社を置くスマホ・PCメーカーであるASUSおよび筑波銀行グループから合計約1.3億円の資金を調達したと発表した。 ナノルクスの暗視技術は産業技術総合研究所(産総研)が発明したもの。この特許を技術移転によって製品に活用することを目指して2010年に設立されたベンチャー企業がナノルクスだ。これまでにもシャープとの協業で産業用途で監視用カメラを2014年に発売したことがあるものの、結果は芳しくなかった。 創業7年目にして資金調達による「再起動」をかけた形だが、その立役者である祖父江基史氏は2015年末にナノルクスにジョインしている。祖父江氏は日銀からキャリアをスタートし、これまでインテルやデルなど外資系企業でファイナンスや戦略の役員を務め、直近ではベンチャー支援機関TEPの副代表を務めていた人物だ。米デューク大学で経済学修士号を、早稲田大学では工学修士号を取得して商学の博士後期課程修了と、スタートアップの第二創業に参画する以外にも、いくらでも選択肢があったはず。 祖父江氏はTechCrunch Japanの取材に対して、スタートアップ支援を続ける中で「技術とか(日本の)強みでできることがあると感じていた。最大の問題は経営者だという思いが常にあった。自分がやらなければと考えていた」と語る。「そういうときに出会ったのがナノルクス。技術が世の中で使えて役立つというのを見せたい」(祖父江氏) ナノルクス代表取締役社長の祖父江基史氏 祖父江氏は今回、新たにグローバル市場でスマホ、PCともに有力な製品を持つASUSから1億円の直接投資を受けて共同開発する道筋をつけた。うまく行けばZenFoneなどコンシューマー向け製品にナノルクスを搭載して広く世に問うことになる。 ナノルクスの技術は「すごく暗い場所で撮れる」ということとは違う。全く光のない場所で普通に写真や動画が撮れるのだ。これは消費者の誰も体験したことがないものだし、そんなことが可能だと知っているのはごく一部の技術者だけだろう。「真っ暗闇でも撮影できるスマホ」に市場があるかどうかは分からないが、ナノルクスが挑戦するのはそういう未知の市場だ。 モノクロでは分からない立体感を伝えるという意味でもカラー化の意義があるという 3種の赤外線からRGB成分を推定 赤外線を照射して反射光からカラー画像を再現する技術は、もともと産総研が開発したものだ。2015年に特許が成立した赤外線カラー暗視技術は、(少なくともぼくにとっては)にわかに信じがたい原理の発見に基づく。 以下の説明図にあるとおり、ナノルクスのカラー暗視技術では3種類の異なる周波数の赤外線を被写体に照射し、その反射光から、可視光のある環境でのRGB成分を再現する。このとき、図中にあるIR1〜3の反射光と、可視光の場合の反射光のRGB成分とが緩やかに対応しているのだという。 ナノルクスの技術は、経験的に発見した「3種の赤外光 RGB」という対応原理を理論的に解き明かして、それを実装したものだという。 実際にぼくは取材の席でプロトタイプ実装のデモを見せてもらった。若干、目で見た色より淡い色に再現されるものの、ほぼ完全な暗室の中を30フレームの動画でも遅延なくカラー撮影が可能であるのには驚いた。以下はデモそのものではないが「十分な光 暗室での赤外線カメラ ナノルクスによるカラー撮影 暗室での通常撮影(真っ暗)」を順に示した比較動画だ。 いわゆる超高感度カメラと違って、比較的安価な既存の画像センサーがそのまま使えるのがメリットだ。また、暗いところで撮影できるというのとは違い、光がなくても撮影ができる。言い方を変えると、光を出してはいけない状況でフラッシュや補助光などを使わずに暗いまま撮影したり、モノを見たりすることができるということだ(逆に、まぶしすぎる環境でも撮影ができるそうだ)。 従来モノクロだった映像がカラーになるというと、最近話題のニューラルネットワークによる着色技術を思い出す人もいるかもしれない。しかし、例えば折り紙やマグカップの色なんかはモノクロ画像から元の色を推定しようがないし、リアルタイムでの処理は現実的ではないので、これも全く違う話。 ナノルクスの技術が活用できる領域として祖父江氏は、以下の3つの市場を挙げる。 ・社会インフラ(トンネル、高速道路、鉄道、警察など):1000億円(ナノルクスによる2020年予想) ・産業用途(警備、自動運転やアシストビュー、医療用カメラなど):2000億円(同) ・消費者(シニア・子ども・ペットの見守り、スマホなど):2000億円(同) 単に映像を記録するだけでなく、何が映っているかを判別するコンピュータービジョンの適用領域拡大の流れの中で、モノクロよりもカラーのほうが精度が良いということはあるだろう。防犯カメラで窃盗犯の着ていたジャケットの色、海外であれば肌の色が分かるといったこともある。社会インフラや産業用途での利用は想像が付きやすい。赤外線を照射するための技術も同時に開発を進めていて、500メートル程度の距離まで撮影可能だという。 シャープに技術共用した際に監視用暗視カメラが売れなかったのは、市場ニーズから逆算するマーケティングをせずに、作れるものを作って出したプロダクトアウト型のアプローチだったことにある、というのが祖父江氏の見立てだ。 ミーティング後10分で出資決定のスピード感 今回ナノルクスに出資したASUSは、年間売上高が1.58兆円(2016年)のスマホ・PCの一大メーカーだ。PCでは5位の出荷数実績(IDC調査、2016年第4四半期)、スマホでもグローバルでは5位圏内にこそ入っていないものの2016年には2000〜2500万台の出荷実績を持つ。IDC Japanによれば2016年の日本国内スマホ出荷台数は2923万台だから、日本のスタートアップ企業からみればASUSのプレゼンスは巨大といっていいだろう。 PC市場の急速な縮小と、スマホ市場シェアでHuaweiやOPPO、Vivoといった中国勢に押され気味のASUSにとっては「世界初」をうたえること自体が十分な魅力なのかもしれない。実際、GoogleのAR(Tango)とVR(Daydream)の両方を搭載した世界初の端末「ZenFone AR」も今夏発売ということで、TechCrunch Japan読者にも待ちわびている人が少なくないだろうし、ASUS製品は話題には事欠かない。 今回のナノルクスへの投資について、祖父江氏が口にするのはASUSのスピード感だ。知人のVC経由で紹介され、日本から台湾に飛んで朝10時から11時半までASUS役員と技術者らへプレゼンと質疑。終了後に10分ほど席を外しただけで、彼らは会議室に戻って投資の意思決定を祖父江氏に伝えたそうだ。 ナノルクスにとってASUSと協業できることは、イメージセンサーなど部材の仕入れの面でも、カメラモジュール納品先の大口顧客という面でも魅力という。ただ、ナノルクスとしてはASUSとは排他的契約をしておらず、他社との協業も進めていくとしている。 TechCrunch Japanの記事を許可を得て転載 新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

2020年のスマホはこうなる? HTC U11は未来からやってきた端末だ:山根博士のスマホよもやま話

日本での発売も正式にアナウンスされたHTCの新モデル「HTC U11」。Snapdragon835の搭載や6GBの大容量メモリの実装(上位モデル)、5.5インチWQHDディスプレイを搭載するなど名実ともにHTCのフラッグシップモデルとなる。 昨年のフラッグシップ機である「HTC 10」を順当にスペックアップした製品とも言えるが、水が流れるような本体デザインや微妙な色合いを醸し出す背面側のガラス仕上げなど、全体の仕上がりは大きく変わった。金属とガラス素材の組み合わせは今年1月に発表された「HTC U Ultra」「HTC U Play」と同じテイストだ。それぞれ5.7インチ、5.2インチモデルであることから、HTCのUシリーズはディスプレイサイズやCPUを変えた3モデルが出揃ったことになる。 金属とガラスをギャップレス仕上げとした美しいデザインのHTC U11 しかしHTC U11は新デザインのハイスペックモデルという位置づけの製品であるだけではなく、これまでのスマートフォンにはない新しい機能を搭載してきた。それはスマートフォンの将来の使い方を大きく変えるものになるかもしれない。側面を握って操作する「エッジ・センス」と、複数の音声アシスタント機能を搭載しているのである。 スマートフォンを握るという操作は、スマートフォンを使う時に必ず行うものだ。手の平でスマートフォンを持てば、おのずとスマートフォンを軽く握ることになる。その握る操作でスマートフォンをコントロールしてしまおうというのがエッジ・センス機能である。類似の機能を持った製品は過去にも他社から発売されたことがあるが、エッジ・センスは感圧センサーを利用することで、握る強さの強弱に応じた2通りの操作を可能にするほか、感度の調整も行える。 Squeeze=握る操作がHTC U11の特徴の一つだ エッジ・センスは「強く握る」または「弱く握る」で異なる操作を割り当てられる。そのため一連の操作をスムースに行うことができるのだ。例えばカメラを起動し、強く握るとリアカメラとフロントカメラを切り替え、弱く握るとシャッターを切ってくれるのである。1つのアプリ内で複数の操作を必要とするときも、エッジ・センスならば握りの強弱で連続した操作を行える。ただのタッチセンサーではなく、複数の操作を行える点は利便性が高い。 HTC関係者によると、当初エッジ・センスは電源ボタンや音量コントロールまでも出来るように考えられていたようだ。つまり側面から一切のボタンを無くし、端末を握るだけで電源ONからの操作が全て行えるようになるはずだったのだ。しかしいきなり電源ボタンを無くすのはユーザー側が戸惑ってしまうだろう。他社の例を見てみれば、LGは側面のボタンを背面のカメラの下に配置し左右に何もないすっきりしたボディーデザインのスマートフォンを販売してきたが、今のモデルでは左右のボタンが復活している。背面の電源ボタンはユーザーにとって慣れるものでは無かったのだろう。 スポーツ中も端末を握って操作。エッジ・センスはスマホの使い方を変えてくれる HTC U11は本体の左右下半分側に圧力センサーが内蔵されているが、それを上側や本体上下にも配置すれば、合計6つのセンサーを配置できる。またHTC U11は側面を両側から握ることで動作するが、試しに片側だけを押してみてもエッジ・センス機能は動作した。現状は握りの強弱という2つの動作にしか対応しないが、フルにセンサーを内蔵させたうえで握り方のパターンを組み合わせれば、エッジ・センスで対応する動作は10以上にもなるだろう。なお2012年にはドコモが「Grip UI」という、握って操作の開発モデルを発表したことがある。 例えば、本体右側の上側を強く押せば電源が入り、左側面の上側を強く押せば音量が上がり、下側を強く押せば音量が下がる、といったように、従来のハードウェアキーが配置されていた側面部分を押すといった操作なら、ユーザーは簡単に覚えるだろう。カメラを起動して本体を横にすれば、側面の上部右側を軽く押すとシャッターが切れる、なんて動作の割り当てもできる。本体を握るだけではなく、片側の側面だけを押す、という操作が加われば画面をタッチする操作をより低減させることができそうだ。 HTC U11は本体側面下部のみにセンサーを内蔵。今後のモデルではセンサーを増やすかもしれない だが本体を握ってアプリを起動することだけがHTC U11の本来の特徴ではない。HTC U11に搭載されるGoogleアシスタントとAmazonアレクサの起動を握る操作に割り当てれば、スマートフォンをポケットから取り出しながら即座に呼び出すことが出来るわけだ。つまりスマートフォンに向かって「OKグーグル」と話しかけなくとも、HTC U11を軽く(あるいは強く)握るだけで、音声アシスタントをそのまま使うことができるのである。 しかもHTC U11は4つの高性能マイクを内蔵しているため、騒音の多い屋外でも音声アシスタントの声認識率は高いだろう。さっと取り出すだけで話しかけることができ、しかも何度も言い直さなくても良い。スマートフォンの音声コントロール時代を先取りするようなデバイスがHTC U11なのだ。 GoogleアシスタントとAmazonアレクサ対応。中国のBaidu DuerOSにも対応する。 そう考えると、HTC U11の流線型のボディー形状も、本体を持って画面のアイコンをタップすることよりも、ポケットから出し入れしやすく、しかも側面を無理なく握る操作ができるデザインとして考えられているのかもしれない。スマートフォンにいくつものアプリを入れたところで、結局使うのは数個程度という人も多いだろう。将来、複数のセンサーが内蔵されるようになれば、それらのアプリすべては端末を握る、側面をタッチする、という操作で起動することができるようになる。 しかも予定の確認や天気のチェック、乗り換え案内、果ては簡単なショッピングなどは音声アシスタントを使えばいいのだ。そうなるとスマートフォンの画面のアプリアイコンをタッチするという操作を行う必要すらなくなってしまうかもしれない。 HTC U11は側面片側だけを推しても反応する。音声アシスタントとの組み合わせなど多彩な操作が期待できる HTC U11の実機を触ってみたところ、エッジ・センス機能に慣れるためには若干の時間が必要と感じた。また対応する機能もまだ少なく、全てのアプリで握る操作が使えるわけではない。まだ粗削りな部分も見受けられるが、スマートフォンの新しいユーザーインターフェースの方向性の一つとして、このチャレンジは大きく評価できる。 2017年はGoogleやAmazon以外の音声アシスタントが次々と商用化され、スマートフォンを音声でコントロールする時代が来るだろう。本体を握って音声で操作できるHTC U11は、スマートフォンの未来の姿を先取りしているのではないだろうか。 新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy