auの「5G」は2020年3月サービス開始

KDDIの高橋誠社長は新中期経営計画に関する会見で、次世代移動通信「5G」に対応した端末を2020年3月末までに発売すると明かしました。 また、5Gの商用サービスも2020年3月に開始するとのこと。KDDIは5G向けに28GHz帯(400MHz幅)x 1枠、および3.7GHz帯(100MHz幅)x 2枠の計600MHz幅を取得。向こう5年間で4600億円を投じ5Gの全国基盤展開率を93.2%に高める方針です。 高橋社長は『5Gで世界的に使われる周波数帯を取得できたため、ネットワーク開発や端末調達コストにメリットがある』と5Gの展開に自信を示しました。 また、他の通信事業者との設備共用やネットワークの仮想化などによりコスト削減も図る方針。5Gを先行体験できるプレサービスを9月から提供し、4月に設立した30億円規模の「地方創生ファンド」なども活用してベンチャー企業の5G活用を推進するとしています。 なお、当初のエリア展開は4Gと組み合わせた「ノンスタンドアロン方式」となり、5G単独でエリアを構築し、より5Gの特徴を活かせる「スタンドアロン方式」の展開は2022年3月期以降となる見通しです。 (訂正:初出時、KDDIが5Gスマートフォンを3月末までに発売すると記載していましたが、"5Gスマートフォン"ではなく"5G端末"の誤りでした。訂正しお詫び申し上げます)