auの「船舶型基地局」が千葉に向け出航。台風15号の被災エリアを海から復旧

KDDIは15日、ケーブル保守船「KDDIオーシャンリンク」に船舶型基地局を搭載し、千葉県館山市に向け出航させました。台風15号の被災により携帯電話の復旧が途切れているエリアを、海上から復旧させます。 KDDIオーシャンリンクは、KDDIが保有する、普段は海底ケーブルをメンテナンスを任務とする船舶。災害時の役割として、船上に仮説の携帯基地局を搭載し、海の上から携帯電話のエリア復旧を図ります。 9月9日に関東に上陸した台風15号では、千葉県の南総地域を中心に、停電や道路の瞬断など、甚大な被害が発生。もともと山がちで細い道路が多いという地形もあり、復旧作業が長引いています。こうした状況では、移動基地局車もなかなか入りこめないため、海上からの携帯電話エリア復旧のアプローチは、復旧作業を支援する上でも効果的と言えます。 船舶型基地局は過去、2018年の北海道胆振東部地震でも出動しており、今回が2回目の運用となります。