ポケモンGOやSpotifyの違法改造版が配布?アップルの企業向け開発証明書を悪用

Shutterstock 海賊版開発者がアップルの企業向け開発証明書を悪用し、SpotifyやポケモンGO、MinecraftやAngry Birdsといった人気アプリの改変版を配布していたことが報じられています。 米Reutersによると、TutuApp、Panda Helper、AppValley、TweakBoxといった海賊版ソフトは人気アプリの改変版を配布し、音楽ストリーミングから広告を消し、ゲーム内課金や規則を回避し、アップルや正規のアプリメーカーから収入を奪っていたとされています。