Firefoxに追跡レポート機能とパスワードツール追加。最新版70.0リリース

Mozillaは10月22日(現地時間)、最新安定板となるFirefox 70.0をリリースしました。この中で、Enhanced Tracking Protectionがブロックしたトラッカーなどの数を確認できるレポート機能を追加しています。Enhanced Tracking Protectionは6月に追加されたもので、1000以上のサードパーティ・トラッカーをブロックし、プライバシーを保護する機能です。 関連記事: Firefoxの最新プライバシー更新はトラッキングブロックを強化 新たに追加されたレポート機能は、アドレスバーの横に表示される盾のアイコン、あるいは右上のメニューからPrivacy Protectionsを選ぶと表示できます。 レポートでは、Firefoxが1週間の間にブロックしたクロスサイトトラッカー、ソーシャルメディアトラッカー、フィンガープリント、クリプトマイナーの数を曜日別に表示。各項目の簡単な説明も表示します。このうち、ソーシャルメディアトラッカーは、FacebookやTwitter、Linkedinなどが利用しているトラッカーで、Firefox 70.0のリリースに合わせてブロックが開始されました。 レポート画面からは、FirefoxのパスワードマネージャーLockwiseにもアクセスが可能。そのLockwiseにもパスワードジェネレーターが追加され、情報漏洩をチェックできるFirefox Monitorとも統合されています。 関連記事: Mozilla、情報漏洩をチェックできる「Firefox Monitor」提供開始 こうしたFirefoxの取り組みは、AppleがSafari(Webkit)の追跡防止ポリシー策定の参考するなど、業界に強い影響を与えています。いたちごっこになるかもしれませんが、ユーザーとしては、よりプライバシーが保護される方向への努力は、今後も続けて欲しいところです。