折りたたみスマホの「次」は合体・分離式に? サムスンの新特許が判明

韓国サムスンが「分離構造」を取り入れたスマートフォンに関する特許を出願していたことが、海外報道により判明しました。 世界知的所有権機関(WIPO)により公開された今回の特許は、デュアルスクリーンと3箇所にマグネットを搭載したスマートフォンについて説明しているもの。 ヒンジ部分にはマグネットと回転機構を備え、2つのデバイスを横向きに接続し、大きなタブレットとして使うことが可能です。また、合体させた箇所を軸に、通常のスマートフォンサイズに折りたたむこともできます。さらに、それぞれのデバイスは独立したプロセッサを搭載しているため2台のスマートフォンとしても使える......という、非常に多機能なデバイスのイメージとなっています。