警察に容疑者のiPhone X画面を覗き込まないように指示?「アップルイベントの二の舞になる」とフォレンジック企業が警告

先日、米連邦捜査局(FBI)がiPhone XのFace IDを容疑者の顔でロック解除したとの報道がありました。これにより犯罪捜査が簡単になるかといえば、そう上手くは行かないようです。 米Motherboadrによると、モバイル機器に特化したフォレンジック(犯罪捜査のためパスワード等をクラックする)企業のElcomsoftが、警察に向けて「(iPhone XのようにFace IDを持つデバイスにつき)画面を覗き込まないように」と指示するプレゼンテーションのスライドを作成していたと明らかになったとのこと。 さもないと、「アップルのイベントで起こったようなこと」、つまりFace IDのロックがかかり、パスコード入力を求められる恐れがあると警告を発しています。