ドコモ「5G」基地局アンテナにこだわりアリ。曲げる? 透ける? 反射させる?

ことし2020年の春に日本でもいよいよスタートする「5G」。華やかなARや自動運転などへの利用が期待されますが、実は5Gでは電波を飛ばす基地局の"アンテナ"にもさまざまな工夫がこらされています。 5Gで高速な通信をするために、これまで使われていなかった新しい周波数帯が使われるようになります。その電波は大きな帯域幅(≒高速な通信)が確保できる反面、壁などで反射するとすぐに弱くなってしまうという特性があります。