「音楽をプレゼントしたい」とき、カセットテープ型のプレーヤー「MIXXTAPE」はいかが?

「MIXXTAPE」は、誰かに音楽をプレゼントしたいときに便利な音楽プレーヤー。音楽を保存し、カセットテープという形にして手渡せる。

ウェブ連携サービスIFTTT、多出力アプレットを作れる開発者向け無料サービス「Maker」開始。企業向けツールも無料提供

目的に応じてIoT機器やウェブサービスを連携動作させるウェブ連携サービス IFTTT(イフト)が、個人ユーザー向けに多出力で高機能なアプレットがつくれるIFTTTプラットフォームの新階層「Maker」の提供を開始しました。料金は無料で、企業向けに有料提供している「Partner」階層の用のアプレット作成ツールも自由に使えます。 IFTTTは"If This, Then That"の頭文字から名付けられたクラウド連携サービス。名前がそのまま機能を表しており、ユーザーは「もし(If)このトリガーが(This)発生すれば(then)、あの処理を(That)実行する」という手順(レシピ)を作って、必要な作業を自動化させられます。例をあげるならば「もし(If)Facebookで写真に自分がタグ付け(This)されたら(Then)、Dropboxにその写真をダウンロード(That)する」といった具合です。 IFTTTは2016年、企業向けに有料の「Partner」プラットフォームを開設し、登録した企業は自社のサービスやIoT製品にIFTTTの仕組みを組み込むことが可能となりました。プラットフォームは2階層になっており、自作したアプレットを自社サービスや製品肉見込める月額199ドルの「Partner」と、より高度なカスタマイズが可能な月額499ドルの「Partner Plus」が提供されています。 Partnerプラットフォーム開設の数か月後、IFTTTはウェブサービスやデバイスを1対1で連携させるレシピのシステムを改良して、1つのトリガーで複数のサービス・デバイスを同時に連携動作させられる「アプレット」システムへと切り替えました。 このアプレットシステムでは、企業向けツールを使えば"If This, Then That, That, That, That..."と、多数の出力動作を並べることが可能となりました。ただ、一般のユーザーには依然として1入力1出力のアプレットの提供にとどまっていました。     今回提供を開始した「Maker」はIFTTTプラットフォームの第3の階層となる無料のサービスで、一般ユーザーでも開発者として登録すれば、企業向けのツールを使って1入力多出力のアプレットを製作可能となります。さらに、企業が提供するAPIやJavascriptフィルターを組み込めば、より自由度が高く高機能なアプレットも作れるとのこと。 たとえばAmazonのAI音声アシスタントAlexaのAPIを使えば、「朝、起きてAlexaに話しかけると、コーヒーメーカーが作動し、部屋の明かりを点け、設定しておいた音楽サービスのプレイリストを再生する」といった多出力アプレットが作れます(動作する機器はIFTTTに対応している必要あり)。 IFTTT のLinden Tibbets CEOは「すでに20万を超えるMakerたちがIFTTTでレシピ/アプレット開発をしており、Partner向けのすべての機能を使いこなしています。これはユーザーにとってもパートナーにとっても有益なことであり、われわれは彼らがどんなものを生み出すのかということに興奮しています。また、いつかMakerから新しいサービスが生まれることにも期待しています」とコメントしました。 IFTTTを使いこなしてきた人たちがMakerに登録すれば、アプレットでインターネット上のサービスやデバイスをさらに便利に活用できるようになり、そのアプレットをMakerプロファイルページで公開もできます。またPartner企業は、自社のAPIを開発者に使ってもらうことで、さらに製品やサービスを便利に使う機会をユーザーに提供できるようになります。 そして、一般のIFTTTユーザーが目的に合ったアプレットを見つけやすくなれば、IFTTT全体がさらに便利になっていくはずです。 ちなみに、IFTTTとよく似たウェブ連携サービスには、多段連携が可能なZapier、さらに高機能とされる新興勢力のIntegromatなどがあります。またYahoo JapanのMyThingsや、Microsoft Flowは日本語が使えるため初心者でも扱いやすいかもしれません。それぞれ、機能や好みに応じて選択すると良さそうです。 ・ボタンだけのネットデバイス bttn が予約受付開始。押すとメールやSNS投稿、IFTTT連携 ・IoT対応補聴器Oticon Opn発表。IFTTT連携で音によるスマートホーム機器からの通知受信が可能に ・100万円の超高級補聴器Oticon Opn発売。性能50倍の音声処理LSIで自然な音場と疲れにくさを両立、IFTTTにも対応 新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

HTCの新フラグシップ「HTC U11」インプレ、「Ok, Google」や「Alexa」、声なし呼び出し対応予定

HTC NIPPONは、5月24日に都内にて日本でも発売予定の新製品「HTC U11」の体験会を開催しました。 U11の特徴は、端末側面を握ることで各種操作が可能な「エッジ・センス(Edge Sence)」や、本体付属のイヤホン「HTC U Sonic」をUSB Type-Cポートに接続し、高品質なオーディオ再生が可能となっている点などです。 主な製品仕様はAndroid 7.1.1ベースのHTC Senceを採用し、5.5インチWQHD(1440×2560ドット)「Super LCD5」ディスプレイ、Snapdragon 835プロセッサ(2.45GHz)、4GBRAM、64GBROMなどを搭載しており、キャリアアグリゲーションやVoLTE、IP67等級の防水防塵のほかに国内向けモデルはFelicaにも対応します。寸法は、約154×76×8.3mmで、重量は約170gとなります。 なお、紹介する端末はグローバル版となっており、日本国内に投入される予定のモデルとは一部仕様が変更されています。HTC U11は日本市場においては通信事業者からの販売のみとなり、残念ながら現時点ではSIMフリー端末としての販売予定はありません。 ▲見る角度によって様々な色合いに変化 こちらはメインカラーの「アメイジング シルバー」。シルバーカラーでありながらも光の反射によって水色にも藍色にも見える不思議な色合いです。 表裏両面に曲面処理を施されたガラスを採用したことによって、見る角度によって様々な色合いを出してくれるので非常に美しいデザインに仕上がっています。ただし、ガラス製なので指紋はかなり付きやすく、気になる人はケースを付けたほうが良いかもしれません。日本市場に投入されるカラーバリエーションは「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」の他に「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色です。 ▲エッジ・センスの認識圧力は自由に設定可能 HTC U11の一番の特徴は、感圧式センサーを用いて端末を握ることで各種機能へのアクセスが可能なエッジ・センスです。「短押し」と「長押し」の握り方に合わせて起動するアプリを設定可能。 デフォルトでは短押しでカメラ、長押しで後述するアシスタント機能が起動するようになっています。また、カメラ機能ではリアカメラ・インカメラともにシャッターボタンとしても機能し、セルフィー撮影時にも簡単にシャッターを切れます。 ▲カメラのレンズはF値1.7と明るいもの HTC U11は、米国で著名なカメラセンサーの評価団体「DxOMark」のモバイル端末部門において、90スコアとかなり高い点数を獲得しています。特にF値1.7の非常に明るいレンズを搭載することで、低照度での撮影にも強くなっています。 また、一度に複数枚の写真を撮影してそれらを調整することでベストな1枚を作成できる「HDRブースト」に対応。一眼レフカメラのように全てのピクセルで位相差AFを利用した「U ウルトラスピード・オートフォーカス」で、ピントが合わずに取り流すこともすくないはず。もちろん、エッジ・センスから一発でカメラを起動し撮影可能です。 ▲エッジ・センスを用いてセルフィー撮影を行うデモ ▲今年よりHTC NIPPON社長に就任した児島全克氏 また、動画撮影は4K(3840×2160ドット)画質で撮影が可能。本体4ヶ所に搭載されたマイクを用いて、立体感ある音声を録音できます。カメラはメインカメラが1200万画素、フロントカメラが1600万画素のCMOSセンサーを搭載しており、フロントカメラのほうが高解像度となっている点もポイント。 HTC NIPPONの児島全克社長によると、諸外国でのセルフィー需要にも考慮したそうで、自撮りスマホとしてもオススメできます。 ▲付属するイヤホンを使用することでユーザーに合わせた音に設定してくれる U11には、USB Type-Cポートからデジタル接続するハイレゾ対応イヤホン「HTC Uソニック・ハイレゾ(U Sonic)」が付属しており、ノイズキャンセリングや自動音響調整機能を備えています。 自動音響調節機能は、イヤホンを耳に装着した状態で設定画面から約10秒の自動音響調整を行うと、ユーザーそれぞれ異なる内耳の形状を認識して最適化された音源を再生するとういうもの。筆者も実際に自動音響調整機能を用いてハイレゾ音源を視聴しましたが、確かに調整前と比べて低音及び高音の伸びが良くなり、心地よく音楽を聴けました。 ▲エッジ・センスを使用するとより簡単にAI機能を呼び出せる 搭載されているHTC独自のAI「センス・コンパニオン(Sense Companion)」は、ユーザーの習慣やスケジュールを記憶し、先回りして生活をサポートする機能です。 例えば、使用しないアプリを自動終了してバッテリー持ちを改善できるほか、外部ソースと連携しリアルタイムの交通情報を踏まえた最適なルートを案内したり、現在地付近の最適なレストランを探したり、といった使い方が可能です。 その他には、Google AssistantやAmazon Alexaの合計3つのAIシステムを搭載しており、エッジ・センスの長押しで呼び出せます。今までの音声アシスタントで必要だったHTCの新フラグシップ「HTC U11」インプレ、「Ok, Google」や「Alexa」、声なし呼び出し対応予定と声に出して呼び出す必要がないのも嬉しいポイントですね。なお、Amazon Alexaに関しては、後日のアップデートにおいて対応する予定です。 HTC U11は近日中にも各通信事業者から発表され、6月下旬頃に発売される予定です。なお、本体価格は取り扱う事業者や契約内容などによって異なります。 参考記事 HTC旗艦スマホ「U11」ソフトバンクが6月発売、歩き回れるスマホVR「LINK」にも対応 HTCによると、シリーズ名の「U」はあなたを意味するYouが語源で、ユーザーひとりひとりのスマートフォンの使い方や生活を更に豊かに、手軽に体験できるようにという願いをこめたもの。 デザインは美しく性能も高く、かつAIや感圧センサーによる操作といったコンセプトも先進的なものとなっており、HTC史上最高水準の機能を搭載した正にフラグシップモデル、といった印象です。