Intel、世界初のスティックPC型AIアクセラレータ ~PCにつないで推論処理を高速実行、79ドル

女性アイドルオーディション「ミスiD」、人工知能「りんな」がセミファイナリストに

女性アイドルオーディション「ミスiD」に、Microsoft(MS)の人工知能(AI)技術を応用した自動応答システム(ボット)「りんな」などがセミファイナリストとして残った。

自分の声をAIがコピー、ゲームやアニメのキャラとして使ってもらえる「コエステーション」

自分の音声を人工知能(AI)技術で模倣し、分身となる合成音声を作り上げて、ゲームやアニメなどに使ってもらい、好きなセリフをしゃべらせられる仕組みが登場した。

「何か音楽を再生して」―話しかけると動作するAIスピーカー「WAVE」先行発売

LINEの人口知能(AI)技術「Clova」に対応したスピーカー「WAVE」の先行体験版が登場した。話しかけると音楽を再生する。

AIを使ってSNSの投稿を警備に活用--隅田川花火大会とSpecteeが協力

隅田川花火大会実行委員会とSpecteeは、7月29日開催予定の「第40回 隅田川花火大会」において、AIを活用し、SNSに投稿された情報を花火大会の警備に役立てる取り組みで協力したと発表した。
...

ソフトバンクとRPAホールディングスが業務提携--“日本型RPA”を展開へ

ソフトバンクとRPAホールディングスは7月21日、RPA(Robotic Process Automation)分野の事業展開に係わる業務提携契約を締結したと発表した。両社で日本型RPAにふさわしい新しい「AI×RPAソリューション」の開発と導入を行っていく。
...

インテル、USB型のディープラーニンングデバイス発表--79ドル

インテルの「Movidius Neural Compute Stick」をノートPCのUSBポートに挿入すると、人工知能(AI)並みの処理能力を追加できる。
...

AIアシスタント「Alexa」がAndroid版Amazonアプリにもうすぐやってくるかも

Image: Happy Stock Photo / shutterstock.com Alexa、ついにAndroidアプリに進出か。 大好評なスマートスピーカー「Echo」シリーズに搭載されている... 続きを読む

4脚ロボのボストン・ダイナミクスが宅配参入に意欲。「500kgまで運べる」

ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」より。 基調講演に登壇したソフトバンクグループの孫正義社長は、傘下に収めたロボット企業「ボストン・ダイナミクス」についてコメント。ボストン・ダイナミクスCEOのMarc Raibert氏も登壇し、壇上ではアーム付き4足歩行ロボット「Spot Mini」の実働デモも行われました。 関連 くちばしで家事もこなす四脚ロボSpotMini、ボストン・ダイナミクスが公開 新型ロボ『Handle』をボストン・ダイナミクスが正式公開 (動画) ボストン・ダイナミクスといえば、まるで生物のようなキモ怖い動きと、蹴られても立ち上がる健気さで一躍話題になった四脚ロボットを開発したメーカー。 Google親会社Alphabetの傘下でしたが、ソフトバンクが2017年6月に買収。以来、ソフトバンクグループの傘下となっています。 孫社長は「ロボットが人工知能を搭載すれば、彼らは人間と同じように街中を歩くようになる。あるいは人間を超え、空を飛んだり海に潜ったりもする」とコメント。 さらに「今Pepperを馬鹿にしている人は、いずれ彼らに追い抜かれる。もちろんPepperも形を変える。巨大になったり、鉄腕アトムのように空を飛んだりするかもしれない」とも述べ、シンギュラリティ(技術的特異点)においてロボットが重要な役割を担うと語ります。 ボストン・ダイナミクスCEOも登壇 続けて、壇上にはボストン・ダイナミクスのCEO Marc Raibert(マーク・レイバート)氏が登壇。同社が開発するロボットについて解説しました。 左からソフトバンクグループの孫正義社長、ボストン・ダイナミクスのMarc Raibert CEO 「普通の人間は足で歩き、旅行や出張に行き、山にも登れます。手を使い、視覚と連携してデバイスを操作したり分解や組み立てることもできるんです。例えば東京の地下鉄の駅にはたくさんの人がいますが、その人混みをすり抜けて歩くことができます。視覚から得た情報をもとに、脳がぶつからないようにして歩いていけるんです。我々のゴールは、人と同等の運動・器用さに近づくことです」(Raibert氏) ロボットを使った宅配に意欲 またRaibert氏は、ロボットを使った宅配サービスにも意欲を示します。「我々の4足歩行ロボットは200kg、テストでは500kgまでの荷物を運べます。ドローンを使った宅配は知られていますが、ロボットを使って宅配するのはどうでしょうか」(Raibert氏) たしかに運べる重量に制限があり、騒音も激しいドローンに比べ、地上を歩くロボットによる宅配サービスの利点は多いように感じます。 さらに「ロボットは人間と同じ形をしている必要はない」とも語り、同社が今年発表したばかりの車輪付き2足歩行ロボット「Handle」を紹介。 「車輪のほうが効率的なんです。腕も付いているので、いろいろな作業ができます。汗をかくこともなく。簡単に50kgの荷物を運べるんです。粗い地面を移動したり、多方向に動くこともできます」(Raibert氏) 壇上では、ボストン・ダイナミクスのアーム付き4脚ロボ「Spot Mini」の実働デモも実施。生物のような動きで歩く様子に、参加者の目線は釘付けになっていました。

コルタナで家電を制御。サーモスタット GLASをマイクロソフトが公開

Microsoftが、音声AIアシスタント Cortanaの音声コマンドを利用できるスマートサーモスタット GLASの動画を公開しました。製造はJohnson Controls社。電気式サーモスタットを発明したウォーレン・S・ジョンソン氏が創業した会社で、いわばサーモスタットの生みの親とも言える企業です。 サーモスタットは、日本ではあまりなじみがないですが、エアコンなどの冷暖房設備と連動し、部屋の温度を一定に保つ働きをするもの。 GLASの詳細は不明ですが、OSにはWindows 10 IoT Coreを搭載。動画を観る限り透明なディスプレイはタッチパネルに対応しています。室内の温度調整はもちろんですが、屋外の気温や空気の質も監視し、適宜調整するです。また室内に人がいるかどうかを検出し、それに応じて温度を調節して省エネ化を実現します。 今回はMicrosoftが動画を公開していますが、以前に発表されたHarman KardonのCortana搭載スピーカー Invoke同様、メーカーはサード・パーティで、Microsoft自身が参入したわけではありせん。 情報もこの短い動画だけで、発売日や価格などは不明。近いうちに詳細な情報が発表されるものと思います。 音声AIアシスタントを搭載したスピーカーはすでに激戦区と化しており、この流れは他の家電にも波及ししていくはず。そうなると、さまざまな音声AIアシスタントがリビングに混在する状況も起こりそうです。そういう場合にも相互に連携できるよう、そろそろ何かしらの統一規格を作ってほしいところです。

「AIサムライ」浅草駅に見参 甲冑姿で観光案内

甲冑姿のマネキンが外国人観光客の質問に答える――その名も「AI-SAMURAI」が、東武浅草駅に登場する。