Samsung Unpackedは、相変わらずエンタメ感あふれる会場&スクリーン使い!

Samsungの発表会で、個人的にもっとも楽しみにしていること。それは、新しいスマートフォンでも、次世代ネットワークでも、人工知能機能でもなく、会場の演出です。Samsungのイベントのたびに言ってますが、Samsungイベントはライブ配信で見る方が全体図が見れて楽しい! 上と左右のデカスクリーンに加え、ステージ&ランウェイもスクリーンの大迫力。トップ画像がDJ Koh CEOの登場シーンですが、

5Gスマホ「Galaxy S10 5G」発表 ベライゾンなどに投入

米国サンフランシスコで開催されたGalaxy Unpackedより。サムスンが「Galaxy S10」シリーズの最上位モデル「Galaxy S10 5G」を発表しました。 第5世代移動通信の「5G」に対応し、画面サイズも他の3モデルより大きい6.7インチ。なお折りたたみスマホ「Galaxy Fold」にも5Gモデルが用意される予定で、会場には米国の携帯最大手ベライゾンのHans Vestberg CEO(写真=下)も登壇。『この5Gスマートフォンを市場に投入することを非常に興奮しています』と述べました。 「Galaxy S10 5G」は、クアルコムの最新SoC Snapdragon 855を搭載したスマートフォンです。5GモデムのSnapdragon X50を組み合わせることで、ミリ波帯を含む5Gに対応。下り最大2Gbpsの高速通信が利用できます。 また、Galaxy S10シリーズの最上位モデルという扱いで、カメラは「S10+」が広角・標準・望遠の3眼なのに対し、本モデルは深度計測用のレンズを追加した4眼構成。ディスプレイサイズも大きいほか、バッテリー容量もS10+の4100mAhに比べて多い4500mAhとなります。RAMは8GBを採用します。 なお、米国の5Gは日本より1年進んでおり、今年上半期中には商用5Gサービスが開始予定。ベライゾンは従来からサムスン製の5Gスマートフォンを発売すると宣言していましたが、今回その端末が「Galaxy S10 5G」だと判明した形です。「Galaxy S10 5G」はまずベライゾンへ2019年上半期に投入され、その後AT&Tなどにも投入されます。 日本での5Gは2020年まで待つ必要 4G(第4世代移動通信)の次にあたる5Gは、最大で十数Gbpsに達する「超大容量」、数msレベルの「低遅延」、あらゆるモノをインターネットに繋ぐ「超多接続」が売り。自動運転や建設現場の自動化、遠隔医療、AIなど、産業分野でのイノベーションの促進も期待されています。 一方で、障害物に影響されやすいミリ波帯(24GHz以上)の電波を利用することから、当初のエリアは限定的。5Gで業界をリードするクアルコムは、人口の集中する都心部をミリ波帯で、その周辺部を6GHz以下のSub-6帯でカバー。郊外では5Gではなく、1Gbps超え4Gの「Gigabit-LTE」でカバーする、5Gと4Gを組み合わせた3層構造のエリア化を提唱しています。 なお、前述の通り米国より1年遅れの日本では、現時点で周波数の割当も決まっていない状況。総務省は4月10日に5Gの周波数を割り当て予定で、それを受けた各携帯キャリアは9月に試験サービスを開始。商用サービスの開始は2020年春を予定しています。 なお当初の5Gスマートフォンについては、4Gスマートフォンの出始めと同様に、エリアやバッテリーの持ちを懸念する声もあります。 Verizon owns Engadget's parent company, Verizon Media. Rest assured, Verizon has no control over our coverage. Engadget remains editorially independent.

2年ぶり大刷新。Galaxy S10シリーズは何が変わったのか 実機レポ(石野純也)

サムスン電子は、米サンフランシスコで20日(現地時間)に、「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」の3機種を発表しました。実機は未確認ですが、5Gに対応した「Galaxy S10 5G」も別モデルとして用意していることを明かしています。これまで、Galaxy Sシリーズは大小2モデル展開でしたが、Galaxy S10からは小型のGalaxy S10eを加えた3モデル構成になります。 関連: 二つ折りスマホGalaxy Foldは20万円超。開いて7.3インチ、12GB RAMに6カメラの超ハイエンド ▲Galaxy S10シリーズ。左からGalaxy S10+、Galaxy S10、Galaxy S10e 大は小を兼ねるということで、まずは3機種の中で最上位モデルとなるGalaxy S10+から。この機種は、リアカメラがトリプル、フロントカメラがデュアルと計5つのカメラを搭載しており、画面サイズも3モデルで最大となる6.4インチ。19:9と縦に長く、左右がカーブした「Curved Dynamic AMOLED」を採用しています。 ▲6.4インチのGalaxy S10+ ▲側面がカーブしたディスプレイを採用 背面に搭載されたトリプルカメラは、ウルトラワイド、ワイド、望遠の3段構成。カメラの画面には、ワンタッチでそれぞれを切り替えることができるボタンが備えられています。画角はそれぞれ123度、77度、45度になります。中央のワイドカメラのみ、Galaxy S9、S9+などと同様の、F1.5とF2.4を自動で切り替える機能も備えています。画素数はウルトラワイドのみ16メガピクセルで、ほか2つは12メガピクセルです。 ▲背面にはトリプルカメラを搭載 ▲123度の広々とした写真が撮れるウルトラワイド ▲ワイド。このカメラのみ、F1.5とF2.4を切り替えられる ▲ズーム用のカメラも搭載 カメラにはAIで最適な設定を行う機能も用意されており、Galaxy Note9が対応している20種類に加えて、10種類のシーンを認識できるとのこと。また、AIで最適な構図を示す「ショットサジェスチョン」という機能にも対応しています。 フロントカメラは、セルフィ用の10メガピクセルカメラと、8メガピクセルのRGB Depthカメラを搭載。ディスプレイにはいわゆるノッチはなく、カメラ部分だけに穴をあけた形状になります。パンチホール型と呼ばれているものですが、Galaxy S10+はデュアルカメラを搭載しているぶん、シングルカメラのものよりも、やや穴は横長に。このディスプレイを、サムスンは「Infity-O Display」と呼んでいます。 ▲フロントカメラもデュアルになった ▲セルフィ撮影時には画角の切り替えが可能 トリプルカメラと並ぶもう1つの特徴は、指紋センサーを画面内に埋め込んだことでしょう。この指紋センサーは超音波で指紋を読み取る仕組みで、持ち方を変えても正確に指紋を読み取るといいます。実際、自分の指紋を登録して試してみましたが、確かに光学式の画面内指紋センサーを採用した他の機種よりも、スムーズにロックが解除されるような印象を受けました。 ▲超音波を使った画面内の指紋センサーを搭載 この指紋センサーと、顔認証を併用することもできます。ただし、Galaxy S10+には、Galaxy S9+やGalaxy Note9にあった虹彩認証が非対応になっていました。そのため、顔認証と虹彩認証を組み合わせる「インテリジェントスキャン」の項目も実機では見つけることができませんでした。代わりに、指紋認証と顔認証の優先度を設定することが可能です。 ▲顔認証と指紋認証は優先度を設定することが可能。ただし、虹彩認証には非対応になった さらに目新しいところでは、Bixbyルーチンにも対応。これは、あらかじめ指定した時間や場所で、普段行う設定をまとめて実行してくれる機能です。たとえば、朝起きたときにAlwasy On Displayをオンにしたうえで、ロック画面のショートカットを入れ替えるといったことが可能。会社についたら、サウンドをマナーモードに変え、Wi-Fiをオンにするといった設定も行えます。 ▲さまざまな設定を条件に応じて一括で実行するBixbyルーチン ワイヤレス充電は、「ワイヤレスパワーシェア」と呼ばれる機能にも対応しました。これは、Galaxyをワイヤレス充電の充電器として使うためのもので、同時に発表される左右独立型のイヤホン「Galaxy Buds」などの周辺機器を充電することを想定しています。本体を充電しながらだと、最大2つまでチャージが可能とのこと。Qi方式に準拠しているため、手元にあった筆者のiPhone XRも充電できました。 ▲他の機器をワイヤレス充電できるワイヤレスパワーシェア ▲Galaxy同士はもちろんだが、iPhoneも充電できた Galaxy S10+は仕様面でも最上位モデルといった位置づけになり、内蔵ストレージ(ROM)は128GB/512GB/1TB。1TB版が用意されているのはこの機種だけになり、最大512GBのmicroSDカードと組み合わせることで、ストレージは1.5TBにもなります。メモリ(RAM)も8GBだけでなく、12GB版が用意されているなど、スペック番長と呼べるスマートフォンに仕上がっています。 こうした機能の多くは、Galaxy S10にも共通で搭載されています。主な違いはディスプレイサイズとフロントカメラ。6.4インチのGalaxy S10+に対し、Galaxy S10は6.1インチとやや小ぶりで、フロントカメラもシングルになります。そのため、見た目もディスプレイに空いた穴が円形になっており、Galaxy S10+よりもフロントカメラが目立ちにくい形になっているといえます。ただし、メモリは8GBのみ。ストレージも1TB版はなく、128GBと512GBの2モデル構成です。 ▲6.1インチのGalaxy S10 ▲背面のトリプルカメラや指紋センサーなどの特徴は共通だが、フロントカメラはシングルに この2機種と少々位置づけが異なるのが、コンパクトモデルのGalaxy S10e。5.8インチのディスプレイはフラットで、左右にカーブがないため、ベゼル(縁)も目につきやすくなっています。どことなく、iPhone XSやXS Maxに対するiPhone XRといった趣もありますが、ディスプレイにノッチはなく、フロントカメラ部分に穴がいた仕様で、リアカメラもウルトラワイドとワイドのデュアル仕様。Galaxy S10、S10+と違い、望遠カメラは省かれています。 ▲コンパクトモデルのGalaxy S10e ▲背面はデュアルカメラで、Galaxy S10/S10+の望遠が省かれた格好  指紋センサーも画面内ではなく、側面の電源ボタンと一体化した仕様。メモリは6GB/8GB、ストレージは128GB/256GBと、Galaxy S10、S10+と比べると、スペックもやや抑えられていることが分かります。 ▲電源キーと一体となった指紋センサーは側面上部に搭載する 逆に、チップセットは3機種とも共通。細かな型番は明かされていませんが、7nmの64ビット・オクタコアプロセッサーか8nmの64ビット・オクタコアプロセッサーが搭載されており、おそらく前者がクアルコム製のSnapdragon 855、後者がサムスン電子製のExynos 9820だと思われます。CPUやカメラは上位モデルと共通にしながら、その他の部分でスペックダウンを図っていることから、価格も2モデルに比べると安くなる可能性が高そうです。こうした点も、iPhone XR風といえるところかもしれません。 これら3機種に加え、冒頭で紹介したように、5Gに対応したGalaxy S10が投入されることも明かされています。残念ながら、こちらは現時点で実機をチェックすることはできておらず、詳細なスペックも不明。ただし、ディスプレイサイズが6.7インチで、Galaxy S10+より大きくなることや、3D Depthカメラを搭載していること、さらに4500mAhの大容量バッテリーを搭載していることなどが判明しています。