耳につけるAI機器「Xperia Ear Duo」―音声でLINEのやりとりも可能

耳をふさがず周囲の音も聞こえる左右独立型のワイヤレスヘッドセット「Xperia Ear Duo(エクスペリアイヤーデュオ)XEA20」が登場した。

iPhoneを「置くだけ充電」できるマウスパッド―「Qi」規格に対応

「Qi」対応のワイヤレス充電できるハードマウスパッド「CORSAIR Gaming MM1000 QI WIRELESS CHARGING MOUSE PAD(CH-9440022-AP)」をリンクスが販売している。

人工知能でグーグルが挑む「3つの課題」──AI部門トップに就任した天才エンジニアが語ったこと

グーグルの人工知能(AI)部門のトップに、シリコンヴァレーでは天才エンジニアのひとりとして知られるジェフ・ディーンが昇格した。彼はいかに、グーグルの「AIファースト」戦略を牽引し、世界にイノヴェイションを起こそうとしているのか。ディーンが語った「3つのキーワード」からは、グーグルが挑戦すべきことと解決すべき課題が見えてきた。

ニューロンの画像解析を学んだAIが、神経科学研究を「民主化」する

ディープラーニングを用いて、神経細胞の分析を自動化する研究が進んでいる。これまで学生たちが顕微鏡をのぞき込んで総出で仕分けしていたものを機械が代行できるようになることで、新薬発見のプロセスを加速させることも期待されている。

デスクトップ版「Gmail」が大幅刷新--メールの有効期限やAI機能など

グーグルは「G Suite」を大幅に刷新し、セキュリティ、コラボレーション、人工知能(AI)の面で改良を加えた。
...

YKK APがドアノブ、鍵穴なしの「未来のドア」を公開--我が家の玄関が“執事”になる

YKK APは、未来のドア「UPDATE GATE」を発表した。液晶モニタを搭載し、ドアのデザインを変えられるほか、顔認証による解錠やAIを使ったスケジュールのお知らせ機能などを備える。
...

中国には世界人口並みのゴキブリを年産するAI制御の工場がある

ごきぶりホイホイのアース製薬研究所の60万匹で驚いてちゃいけない。中国には年産60億匹、世界最大のゴキブリ養殖工場があります。気になるその用途とは…?

フクロウ型AIロボットを宿した自動販売機、爆誕

自動販売機もどんどん未来化します。道端でジュースを買おうと自動販売機の前にたつと、フクロウが話しかけてくれるんだそうです。このフクロウ型AIロボット「ZUKKU」は、接客だけでなく顧客データ収集にも役立つんだそう。

YouTube、AI使用の不適切動画対策で830万本を削除。2017年第4四半期ガイドライン施行報告書公開

YouTubeは、初めて発行したコミュニティガイドライン施行報告書にて、2017年10月から12月の間に830万本の動画を削除したことを明らかにしました。YouTubeは昨年来のガイドライン違反動画の扱いに批判を受けたことから、四半期ごとに報告書で対策の進捗を示すと発表していました。

汎用的なAIよりも業界ごとのフィット感を大切にするNetSuite

ラスベガスで開催中のSuiteWorld 2018は2日目を迎え、開発を統括するエバン・ゴールドバーグ執行副社長が登場。「汎用のAIを作るつもりはない」とし、「裸足感覚」で急成長するVIVOBAREFOOTの導入事例を紹介した。

養殖中のブリ魚群映像をAI解析 NECと日本水産、体長など自動測定

NECは、養殖中のいけすのブリの魚群映像を人工知能(AI)を使って解析し、体長や体重などを算出する「魚長等測定自動化サービス」日本水産と共同で開発した。今秋の事業化を目指す。

子どものためにパパが作ったIoTプロジェクター「popIn Aladdin」 製造はVAIOが担当

3児の父親でもある社長自ら考案したという「popIn Aladdin」は、天井の引っ掛けシーリングに取り付けるプロジェクターであり、Androidベースのネット端末であり、LEDライトでもあるユニークなIoTデバイス。その開発経緯と機能の詳細を聞いた。