インテル、AMDグラフィックス内蔵Kaby Lake-G終了へ。「市場はすでにほかのインテル製品に移行」

インテルが、AMD製グラフィックスチップを内蔵したCore i7/i5(Kaby Lake-G)プロセッサーの生産を終了すると発表しました。製品の出荷は2020年7月30日まで行われるものの、Kaby Lake-G)を採用したいベンダーは年明け1月30日までに発注を済ませておかなければなりません。 2017年に登場したKaby Lake-Gプロセッサーは、第8世代のCoreプロセッサーに、インテル製統合グラフィックスよりも高性能なAMDのGPUを組み合わせることで、NVIDIAのノートPC向けグラフィックスに挑戦するものでした。 しかしインテル曰く、いまや市場の関心の多くが「ほかのインテル製品に移」り、またPCハードウェア情報サイトTom's Hardwareによると「PCベンダーの多くがインテル+AMDの革新的組合せよりも、NVIDIA製GPUとWhiskey Lake-UまたはCoffee Lake-Hを採用した」こともあって、インテルとAMDの"呉越同舟"は終わりを迎えることになりました。