Androidなど「Bluetooth搭載端末」数十億台に影響する脆弱性が明らかに

Bluetoothを搭載した端末多数に影響を及ぼす、深刻な脆弱性が複数あることが、明らかになった。セキュリティ企業の米Armisが「BlueBorne」と名付けた8件の脆弱性は、悪用されると端末の乗っ取りや情報漏えいを引き起こすおそれがある。

グーグル、深刻な脆弱性を修正した「Google Chrome 61」の最新版公開

グーグルは6日、「Google Chrome 61」の最新安定版を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、Linux、およびAndroidである。Windows、Mac、Linux版が「61.0.3163.79」に、Android版が「61.0.3163.81」に更新される。

モジラ、深刻な脆弱性を修正した「Firefox 55」公開

モジラは8日、Webブラウザ「Firefox」の最新版「55」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、Linux、Android。法人向けの延長サポート版(ESR)「52.3」も公開されている。

Bluetoothに深刻な脆弱性―iPhone、Androidなど「53億台の機器に影響」

Bluetoothに深刻な脆弱(ぜいじゃく)性「BlueBorne」が見つかった。合計53億台に影響があるとしている。

「iPhone 8」「iPhone X」、Geekbenchベンチマークで「Android」スマホに圧勝

Geekbenchのテスト結果によると、アップルの「A11 Bionic」システムオンチップ(SoC)を搭載する「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」は、現在市販されているスマートフォンの中で、群を抜いて最も高速な性能を提供するという。
...

【TGS2017】帰ってきた国民的カノジョ。VR対応のラブプラス新作『ラブプラス EVERY』を体験

Photo:小暮ひさのりカノジョと東京ゲームショーで再会。東京ゲームショウ2017のコナミブースでは、今年8月末にコナミから発表された『ラブプラス』の新作、iOSとAndroid向けゲー『ラブプラスEVERY』の体験会が行なわれていました。本日はプレスデーで入場者は限定されているものの、たどり着いた時にはすでにカノジョとの体験を待ち望む人の列が形成されていて、100分待ちでした。Oh…。Photo

iPhone Xの「凹」を再現するアプリ登場。憧れのノッチ(出っぱり)を貴方のスマホでも

ついに発表された iPhone X の特徴的なディスプレイを、どのスマホでも再現できるAndroidアプリが現れました。 起動すると画面の上部中央に、iPhone Xでは前面カメラやセンサがあるノッチ(でっぱり、切欠き)が出現。インフィニティ・ディスプレイのGalaxy S8でも型落ちスマホでも、iPhone X の特徴的な凹型ディスプレイを満喫できます。

iOS 11は慣れた際の効率を重視。新機能多数で便利なれど気になる点も:週刊モバイル通信 石野純也

iPhone 8、8 Plusの発売を前に、iOS 11の配信が始まりました。アップル自身が「iPad向けには過去最大のソフトウェアリリース」と語っているように、特にiPad Proで使える便利機能が多数追加されているほか、iPhoneでもコントロールセンターが大幅に刷新されるなど、メジャーアップデートと呼ぶにふさわしい仕上がりです。 ユーザーが日々使うという意味でもっとも大きな変更となるのが、コントロールセンターかもしれません。従来のコントロールセンターは設定できる項目が決まっており、Androidと比べると項目の数自体も多くありませんでした。 iOS 11では大幅にデザインを変え、1画面にすべてのボタンが収まるようになっています。

Google日本語入力が実質iPhoneに対応。iOS版Gboardの最新アプデで

iOS 11の配信が始まった9月20日、GoogleがiOS向けキーボードアプリ「Gboard」をアップデートし、日本語入力に対応したと発表しました。iOS向けとしては、初のGoogle日本語入力アプリとなります。 GboardはiPhone / Android向けの文字入力アプリです。特徴は、単なる文字入力だけでなく、ウェブの検索機能が組み込まれている点。キーボード上に表示される「G」マークからGoogle検索を行い、その結果を直接入力することができます。8月に配信されたアップデートでは、YouTubeとGoogleマップを直接検索し、検索結果をペーストできる機能も追加されています。 これは、例えば友達と待ち合わせの相談をする際に便利です。これまではブラウザで住所を検索し、URLや住所をコピーしてからチャットアプリに戻って貼り付けて... という作業が必要でしたが、Gboardならアプリを変えることなく、そのまま検索結果を貼り付けることができます。 Googleのキーボードアプリ「Gboard」、iOS版がYouTubeとGoogle Mapsに対応 実質的なiPhone版Google日本語入力に 今回、iOS 11の配信開始に合わせて最新アップデートが配信。これにより、iOS版Gboardが日本語入力に対応しました。(記事執筆時、Android版は日本語には非対応) Gboardの日本語入力は、Google日本語入力とほぼ同じ。暗色へのテーマ切り替えや、キーボードの片側寄せはもちろん、スマートフォンで快適なローマ字入力ができるようにする「Godan入力」も用意されています。前述の「G」ボタンの機能を合わせれば、むしろGoogle日本語入力よりも便利です。なお、キーボードの高さのカスタマイズ等の機能は用意されていません。 ついに日本語入力に対応 12キー配列で日本語ローマ字入力が可能な「Godan」入力にも対応 また、前回のアップデート時に日本では利用できなかった手描きイラストのシェアにも対応しました。絵文字ボタンを押した後にペンアイコンをタッチすることでイラストを描け、それを画像として送信できます。コミュニケーションの幅が広がりそうな機能です。 なお、英語キーボードではGIF検索となっている部分が、日本語キーボードでは顔文字検索になっています。日本ではGIFよりも顔文字のほうが使われているとの判断なのでしょうか? ▲GIF検索の代わりに顔文字検索

iOS 11のカメラ保存形式を「JPEG」「H.264」に戻す方法

Windows、Androidだけでなく現在のmacOSとも互換性がない静止画「HEIF」と動画「HEVC」がiOS 11の標準フォーマットとなった。変換して転送は可能だが、互換性を持ったフォーマットで保存するやり方もある。