Apple Store全店舗で営業再開--6月3日より客もスタッフもマスク着用で

アップルは6月1日、Apple Storeの営業を6月3日より全店舗で再開することを明らかにした。

Apple Storeの再開進む、貿易戦争に新たな局面

5月19日〜5月24日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

[ブックレビュー]自分にぴったりのノートアプリにめぐり合う--「iPad仕事術!SPECIAL 2020」

現在、iPadの画面サイズの種類が増え、Apple Storeで販売されているすべてのiPadがApple Pencilに対応しており、iPadで手書きを楽しみたい人には、豊富な選択肢が用意されている。しかし、道具は整っても、さて、手書きできるノートアプリを使ってみようと思ったとき、自分の目的に合ったノートアプリはどれなのか、迷うことになる。

アップル、視覚障害者などへ周囲の状況を触覚や音声で伝えるデバイス--特許取得

アップルは、視覚や聴覚に障害がある人に周囲の状況を伝えるデバイスに関する特許を出願。5月26日に登録された。

アップルのスマートグラスには「ジョブズモデル」が存在する?

Image:franz12/Shutterstockアップルファン必携に?最近続々と新情報が伝えられる、Apple(アップル)のスマートグラス(スマート眼鏡)。こちらですが、なんとスティーブ・ジョブズモデルが登場する…かもしれませんよ?今回の噂を伝えたのは、最近リーク情報でブイブイいわせているJonProsser。彼によると、この「SteveJobsHeritageEdition」はジョブズ氏のト

Apple Store残り8店舗も3日オープン。どうしても行くなら予約を!

Photo:suzuko※写真は2019年9月のApple丸の内の様子ですオンラインがおすすめ。先日の福岡と名古屋に続き、国内AppleStoreの残り8店舗が6月3日よりオープンします。当面のあいだは昼12時から午後8時の営業だそうです。来店する場合は入り口で検温されたり症状がないか質問されたりするほか、マスクの着用も必須。TodayatAppleのワークショップも開催されないなど、制限付きでの

Apple Watch Series 6(仮)、引き続き有機ELパネル搭載?ミクロLEDは見送りのウワサ

2020年の秋に発表と見られる次期Apple Watch Series 6(仮)はミクロLEDディスプレイ採用との予測が有力ですが、引き続き前モデルと同じく有機ELパネル搭載との噂が伝えられています。

アップル、国内ストアは6月3日(水)に全店再開。営業短縮や予約推奨など新体制

アップルの国内直営店は、6月3日水曜より全店舗が営業を再開します。 当初の営業時間は昼12時から夜20時までの短縮営業。入店人数の制限もあるため、購入や修理交換サポ トを含めて可能な限りオンラインでのサ ビスと、来店する場合は事前の予約を推奨しています。 5月27日に先行して再開していたApple名古屋栄・Apple福岡と同じく、営業時間の短縮や入店人数の制限、店頭での体調確認とマスク着用など、いわゆる「新しい生活様式」に沿った営業です。 すでに営業中の名古屋栄と福岡、3日から新たに再開する銀座・川崎・京都・新宿・丸の内・渋谷・表参道・心斎橋を含めて、全店舗で昼12時から夜20時の営業です。

iPhone 12(仮)ではLightning続投?からiPhone 13(仮)は4眼カメラ?まで。最新アップルの噂まとめ

まだ2020年フラグシップiPhone 12(仮)の公開も数か月先のなか、すでに2021年のiPhone 13(仮)の噂も飛び出した5月の最終週