アップル、深刻な脆弱性を修正したセキュリティアップデートを公開

アップルは25日、深刻な脆弱性を修正したmacOS High Sierra(v10.13.4)用の「セキュリティアップデート 2018-001」と「Safari 11.1」の最新版、「iOS 11.3.1」を公開した。

2018年3月の国内フィッシング事情

実在する企業やサービスを装ったメールやSMSで偽のWebサイトに誘導し、ログイン情報やクレジットカード情報などを騙し取るフィッシングが、3月も休みなく繰り返された。常態化したアップル、アマゾン、LINEに加え、3月も複数のクレジットカード会社を装うフィッシングが観測された。

アップル、深刻な脆弱性を修正したmacOSの最新版などを公開

アップルは30日、深刻な脆弱性を修正した「macOS High Sierra 10.13.4」と「セキュリティアップデート2018-002 Sierra」、「セキュリティアップデート2018-002 El Capitan」、「Safari 11.1」、「iOS 11.3」、「iTunes 12.7.4 for Windows」「iCloud for Windows 7.4」を公開した。

マイクロソフト装うフィッシングが再襲来――「偽メール、偽サイト」の見分け方

春分の日の21日夕方から、半年ぶりにマイクロソフトを装うフィッシングメールがばらまかれ、SNSなどで報告が相次いだ。10月からターゲットをマイクロソフトからアップルに切り替えていたグループが、またマイクロソフトのフィッシングに戻ってきたらしい。

アップル、「Apple Watch」の裏側に装着する補助バッテリ--特許を取得

Appleが考案したApple Watch向け補助バッテリ技術を紹介しよう。同社がこの技術を米国特許商標庁へ出願したところ、米国時間4月17日に登録された。
...

iPhone 8を非純正のディスプレイに交換すると使えなくなる問題、直りました

Apple(アップル)はiOSの新バージョンとなる「iOS 11.3.1」の配布を開始しました。こちらでは、非純正(サード製)のディスプレイに関する問題が修正されています。

アップルがiPhone用OLEDパネルの値下げを交渉中?第二世代iPhone Xの値下げも期待か

2018年に生産するiPhone向けのOLEDパネルにつき、アップルが供給元のサムスンと値下げ交渉中であるとの噂が報じられています。 台湾の製造業界誌DigiTimesのサプライチェーン筋情報によると、アップルはOLEDパネル1枚あたり110ドルから100ドルへの引き下げを求めているとのこと。その代わり、2018年中に約1億枚もの大量発注をするとされています。

7.5W対応 ワイヤレス充電器「TUNEWEAR 10W Plus WIRELESS CHARGER」をiPhoneで試す。

iPhone対応のワイヤレス充電器が各社から続々発売されています。TUNEWEARの7.5W対応 ワイヤレス充電器「TUNEWEAR 10W Plus WIRELESS CHARGER」は、5W / 7.5W / 10W に対応した急速ワイヤレス充電に対応ということで、Appleの7.5W充電にも対応するとうたわれております。実測値として7.5Wクラスの出力(充電速度)が得られるかどうかを中心にレビューを行いました。

iOS 11.3.1公開。画面修理のiPhone 8でタッチ操作不能の問題を修正、注記で正規修理店の利用を呼びかけ

アップルがiOS 11.3.1を公開しました。マイナーなバージョンアップではあるものの、非正規の修理プロバイダーでディスプレイを修理したiPhone 8でタッチ操作ができなくなる問題を修正しています。