Windows HelloがFIDO2認定を取得。パスワード不要な未来へ一歩近づく

MicrosoftとFIDO Allianceは5月6日(現地時間)、Windows 10の生体認証機能Windows HelloがFIDO2認定を受けたと発表しました。5月下旬に予定されているWindows 10のMay 2019 Update(バージョン1903)からFIDO2認定済みとして利用可能になるとしています。 Windows HelloがFIDO2認定を受けたことで、Windows 10の次期バージョン1903からは、FIDO(WebAuthn)をサポートするWEBサイトで、パスワードではなくWindows Helloを使ってログインできるようになります。 WEBサイト側だけでなく、利用者側でも対応したブラウザを使う必要はありますが、とりあえず最新版のFirefoxがサポート。Chromium版のEdgeを含むChromiumベースのブラウザでもすぐにWindows Helloを使ったログインが利用可能になるとのことです。 とはいえ、実際にパスワード不要でのログインを実現しているサイト・サービスはまだ少なく、ほとんどはセキュリティキーを2要素認証で利用しているに留まります。ただ、今年2月にはAndroidがOSとしてFIDO2の認定を受けおり、これに加えて約8億台を超えるというアクティブなWindows 10デバイスの認証機能が使えるようになるのなら、今後普及が加速する可能性はありそうです。 関連記事: パスワードなし生体認証「FIDO」広がる、Yahoo!やLINEも対応 ヤフオク!などでAndroidのChromeから指紋認証ログインが可能に AndroidがFIDO2認証を取得。生体認証で「パスワードなし」ログインが可能に W3C、パスワードなしログインのWebAuthnを正式勧告。指紋などを使いログイン可能に