背面16カメラ搭載スマホ特許、LGが取得。撮影後に顔の角度を変更可能、自撮り用ミラーも搭載

韓国LGが背面に16カメラを搭載したスマートフォンの特許を取得したことが、USPTO(米国特許商標庁)に公開された資料から判明しました。このカメラシステムではさまざまな撮影機能の利用が可能です。 オランダのIT系メディアLetsGoDigitalが掲載した特許資料には、スマートフォンの背面左上に縦横4列の合計16カメラが搭載された端末デザインが確認できます。また、カメラの下にはフラッシュも搭載されています。 そしてこのカメラシステムの使い方としては、撮影前、あるいは撮影後でも、どのカメラで撮影した画像を利用するかが選択可能です。さらに複数カメラで撮影した画像を合成し、動画を作成することもできます。 また複数画像を合成することで、人形や人の頭の向きを後から編集することも可能です。たとえば集合写真などで、少し横を向いていた人の顔の向きを修正することもできるとしています。 面白いのは、背面のカメラアレイの下に小さな鏡が備え付けてあるところ。この鏡に顔が映るようにして撮影すれば、フロントカメラよりも画質の良い背面カメラで自撮りができるという、なかなかのアナログなアイデアです。 現在スマートフォンの背面に搭載されるカメラは、韓国サムスンの「Galaxy A9」のように4カメラ(ただし1つは深度センサー)にまで増加しています。さらに製品は未発表ですが、ノキアブランドからは5カメラを搭載した「Nokia 9」の投入も噂されています。このような多カメラシステムは、焦点距離の切り替えだけでなく、多露出撮影や後からのピント位置の変更にも利用可能です。 記事執筆時点では、LGが16カメラを搭載したスマートフォンを投入するかどうかはわかりません。しかしスマートフォンのカメラ機能の重要性がますます高まっている今、このような多カメラを搭載した端末が出現する可能性は十分にありそうです。