川崎フロンターレ、サイン入りグッズ転売対策に「転売抑止AIエンジン」活用

プロサッカーチームの川崎フロンターレとソフトウェア開発会社のEFFICIENTは5月23日、サイン入りグッズの不正転売抑止を目的とした「転売抑止AIエンジン」を独自に開発し、運用を始めたと発表した。