Facebook、サードパーティーによる事実検証を14カ国に拡大

Facebookは、サードパーティーによる事実検証(ファクトチェック)プログラムを14カ国に拡大し、2018年末までにさらに多くの国に広げる計画だと発表した。

FBのMessenger、自動翻訳機能で米国/メキシコ間の言葉の壁を取り払う

 Facebookはこのところ、米国を分断させていると批判されてきたが、今は米国とその南側の隣国との結びつきを強めるのを手伝おうとしているようだ。米国、メキシコのユーザー向けのFacebook… Read More

Facebookがグループページ内での課金をテスト中。マネタイズに貢献する新機能に?

Facebookが、グループページ内課金をテストしているようです。これが実装されると、新たなビジネス体系が作られていきそう。

日本語対応が待ち遠しい。Messengerで英語ースペイン語の翻訳ができるように

Facebook(フェイスブック)のMessengerで、英語とスペイン語のメッセージを翻訳することができる機能が追加されました。早く日本語対応になるといいな。

YouTubeを超えて広がる「好きなことで、生きていく」のいま

YouTubeは人気YouTuberが離脱するのを防ぐため、広告以外のマネタイズツールを強化しました。Facebookもグループ管理者が収益化できるプログラムのテストを開始するなど、オンラインサービスでのマネタイズ手法が広がりをみせています。