グーグル、深刻な脆弱性の修正を含む「Google Chrome 71」公開

グーグルは5日、深刻な脆弱性の修正を含む「Google Chrome 71」の最新安定版「71.0.3578.80」を公開した。対象は、Windows、Mac、およびLinux。

グーグル、脆弱性を修正した「Google Chrome 70.0.3538.110」公開

グーグルは20日、「Google Chrome 70」の最新安定板「70.0.3538.110」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、Linux、およびAndroid。

グーグル、脆弱性を修正した「Google Chrome 70.0.3538.102」公開

グーグルは10日、「Google Chrome 70」の最新安定板「70.0.3538.102」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、およびLinux。

メモアプリ「Google Keep」が「Apple Watch」でも利用可能に

グーグルのメモ作成アプリ「Google Keep」が「Apple Watch」に対応した。

Googleがゲーム関連イベントをGDCにて開催へ

Image:Google/YouTubeなにが飛び出すのやら…Google(グーグル)は3月に開催されるGDC(ゲーム・デペロッパーズ・カンファレンス)にて、プレスイベントを開催します。その内容はまだ明かされていませんが、もしかしたらゲーム・ストリーミング関連の発表があるかもしれません。Googleのゲーム・ストリーミングサービスが公開!Chromeで使える「ProjectStream」これで家庭

Google KeepがApple Watchに対応。メモの確認や新規登録が可能に

Googleのメモアプリ、Google KeepがApple Watchに対応しました。GoogleアプリのApple Watch対応は、2017年にGoogle Mapが削除されて以来、1年以上ぶりになります。 Apple Watch上のKeepは、最新のメモ10件をカードで表示。一覧表示ではテキストは2行まで表示されます。もちろん、各カードをタップすれば、詳細表示が可能。既存メモの編集はできませんが、チェックボックスを使ったリストメモだけは、チェックを入れたり新たなリスト項目の追加が行えます。 メモの新規追加も行え、入力方法は音声と絵文字。日本語入力はできませんが、Apple WatchのScribble入力も使えます。ちなみに、Apple Watchで新規登録した場合でも、いったん保存してしまうと修正はできなくなります。その場でのメモ取りよりも、既存のメモを確認するのが主な使い方になりそうです。 GoogleはGoogle MapをApple Watchから削除した際、その明確な理由は明らかにせず、将来的には復帰する可能性も示唆していました。Google KeepのApple Watch対応は、Google Mapを含むGoogleアプリがApple Watchをサポートする先触れとなるのか、注目しておきたいところです。