マイクロソフト、次期Edgeブラウザーの「IEモード」テスト開始。企業向け、IE 11との100% 互換目指す

マイクロソフト自らも、もはやInternet Explorer (IE)を使い続けることは「技術的な負債」になると述べ、最新のブラウザーEdgeへの移行を強く薦めている昨今ですが、いまだ企業によってはどうしても独自のレンダリングエンジンとプラグイン機能を持つレガシーなブラウザーを使わざるをえない状況が残っているようです。 ただそのIE対応の問題については今年5月、開発者会議「Build 2019」でChromiumベースになるEdgeブラウザー向けにInternet Explorerモードを開発していることが発表されています。そして7月16日、マイクロソフトは評価版のIEモードを搭載する次期Edgeブラウザーの配布を開始しました。