ギガモンスターのテザリング料を1000円→500円に値下げ、ソフトバンクが発表。無料期間も7月末まで延長

ソフトバンクは、月間データ容量20/30GBの大容量プラン「ギガモンスター」向けテザリングオプションの無料キャンペーンを7月31日まで延長します。 また、現行1000円(税別、以下同)かかる同オプション月額利用料を、8月1日以降は500円に値下げするとのこと。 対象は、データ定額 20GB / 30GB(ギガモンスター)および、家族データシェア 50GB / 100GBです。 テザリングとは、スマホをアクセスポイント(親機)として、パソコンやタブレットなどの外部機器(子機)をインターネットに接続するための機能。これを使うと、スマートフォンのデータ回線を中継し、セルラーモデルではないタブレットや、LTE接続機能を持たないPCなどでもインターネットが使えるようになります。 テザリングオプションは上述のようにルーター代わりにスマホと回線を使う機能のため、とくに屋外でもPCを使うヘビーユーザーにとっては重要な機能。500円というのは値下げ前の半額であり、また他のデータ容量プランと同額となります。 また、大容量データプランのテザリングオプション価格は、無料キャンペーン期間こそ開きがありますが、NTTドコモやauも、原稿執筆時は横並びの月額1000円となっている状態。これら2キャリアのユーザーにとっては、今回も価格面で追随してくるのかも気になるところです。

iモードケータイの「代用」になる? VoLTE対応spモードケータイを試す(メール・Webブラウズ編)

NTTドコモがiモード携帯電話の出荷を終了した。機種変更先の1つとしてドコモが提案しているのが、VoLTE対応のspモード携帯電話だ。果たして、iモード携帯電話の「代用」として便利に使えるものなのだろうか? 今回はメールとWebブラウズについてレビューする。

MVNOはなぜドコモ系が多いのか? MNOはMVNOに“いじわる”できる? 総務省が解説

日本の情報通信に関わる制度を取り仕切っているのは総務省だ。4月15日に開催された「IIJmio meeting 15」では、総務省総合通信基盤局 電気通信事業部料金サービス課の内藤新一氏が登壇。総務省の情報通信に関する取り組みについて説明した。