LINEモバイル、「動画SNS見放題を規制」報道に言及

LINEモバイルの嘉戸彩乃社長は2月20日、総務省がソフトバンクのゼロレーティング(動画SNS放題)を一部規制する方針を固めたとする朝日新聞の報道に言及しました。 ソフトバンクは「動画SNS放題」という名称で、一部SNSや動画サービスのデータ通信をノーカウントにしています。こうしたプランは「ゼロレーティング」と呼ばれ、ノーカウントの対象外となったサービスが不利となることから、サービス間の公正な競争を妨げると問題視する声もあります。 一方、LINEモバイルも、SNSや音楽配信を中心に、TwitterやInstagram・FaceBook・LINE MUSICなどの通信をカウントしない「データフリー」を導入しています。今回のゼロレーティングに関する報道を受け、動向に注目が集まっていました。 「総務省のガイドラインを見てから検討」 嘉戸社長は『今は総務省から正式なガイドラインは出ていないので、出てからどうするか検討していきたい。ただ、データフリーに関しては"通信の秘密"と"ネットワークの中立性"の2つが問題になると認識しているが、1つ目は個別具体的な合意をユーザーにとっている。2つ目については、総務省のガイドラインを見ながら決めていくことだと認識している』とコメントしました。