「天気の子」を盛り上げたウェブPRの舞台裏--勝負のタイミングは「君の名は。」の再放送

新海誠監督が手がける「天気の子」は、2020年1月時点で興行収入140億円を突破し、動員観客数も1000万人をゆうに超えた。そのプロモーションを影で支えたのは、配給会社である東宝だ。250億円を突破した「君の名は。」の次作であるプロモーション戦略をどう練ったのか。ウェブ、SNS上でのプロモーションを担当した同社宣伝部の帯田氏に話を伺った。

動画は「倍速視聴」が当たり前の10代--時間も“コスパ”が大事

多くの10代の子どもたちの間では動画の倍速視聴が当たり前となっており、SNSで情報を得て効率的に楽しんでいるようだ。最新の10代における動画視聴事情についてお届けしたい。