Galaxy Feel 2をドコモが発表。Galaxy S8似のハイミドル端末

Galaxy Feel 2 SC-02Lがドコモの冬春モデルとして発表されました。11月上旬発売予定で、想定価格は一括4万2000円(税込)。 前モデルとなるGalaxy Feel(SC-04J)は4.7インチのコンパクトモデルでしたが、Feel 2は5.6インチに大型化しています。ただ、縦長のインフィニティディスプレイになった上でのインチアップなので、実際には数字の差ほどは大きくはなっていません。そのサイズは149 x 70 x 8.4mm。 SoCはExynos 7885(2.2GHz + 1.6GHz オクタコア)でRAM 4GB、ストレージ32GB、最大512GBのmicroSDXCに対応します。バッテリー容量は3000mAh。カメラは背面、前面ともに1600万画素。 外観および仕様を見る限り、昨年末に海外で発表されたGalaxy A8(2018)がベースモデルのようです。 関連記事:サムスンが新スマホGalaxy A8 / A8+発表、縦長OLEDにフロント2眼カメラのハイミドル機 とはいえ、しっかりと日本仕様にも合わせてきており、防水防塵(IP68相当)のほか、ワンセグ(フルセグは非対応)、おサイフケータイにも対応。ストラップホールも備えます。 ミドルクラス端末ですが、Galaxy S9やNote9のAR Emojiにも対応。コストパフォーマンスが高い1台となっています。 カラーはFrost White、Opal Black、Aurora Pinkの3色です。