8K対応のVRヘッドセット「Pimax 8K」--スクリーンドア効果と無縁の没入感

解像度がフルHDの約2倍ある4K映像に対応したコンテンツやデバイスは、現段階でまだ特別感を抱く存在だ。ところが、シャープが12月より世界初の民生用8Kテレビを販売すると発表するなど、世の中は8Kへ向かっているらしい。
...

NHK、番組のインターネット同時配信実験へ--地方局番組や見逃し配信も

NHKは、テレビ放送におけるインターネット同時配信の検証実験を開始すると発表した。今回は、地域放送番組の配信や早戻しにも対応する。
...

Clova、テレビ消して。LINE製スマートスピーカー「WAVE」に音声リモコン機能が追加

日本初のスマートスピーカーとして期待されているLINEのスマートスピーカー「WAVE」に、待望の音声リモコン機能が追加されました。

20世紀にiPhoneがあったらテレビ型だったかもしれないよね

iPhoneのアクセサリを見渡すと、ケースにはKAWAIIがある。でも、そのほかのアクセサリはシンプルなものばっかり。機能性からくる機能美重視派にとってはいいことですが、できればもうちょっとバリエーション豊かだといいですよね。この、昭和時代を思わせるテレビスタイルのiPhoneスタンド「Retroduck」みたいに。

別所哲也氏と語る、ブランドが映画を作る意味

企業がコンテンツ、それも「映画」を作る理由とは何か。テレビCMと何が違うのか。「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏にブランド戦略コンサルタントの山口義宏氏が聞く。