話題の「ASMR」ってなんだ?絶頂反応入門はホロフォニクスと映画効果音YouTubeがオススメ(世永玲生の電網マイノリティ)

みなさん「ASMR」って聞いたことありますか? ASMRはAutonomous Sensory Meridian Responseの略で、主に聴覚や視覚によって引き起こされる、絶頂な感覚を指します。 日本でも数年前から「ASMR」という定義自体は使われていたのですが、近年、韓国や近隣諸国の大ブームや、日本でもTV等で取り上げられ始めたことからこれから更に話題を産むことが予想されます。 絶頂感覚といっても人によって感じ方は様々で、ゾワゾワする感覚が気持ち良いと感じる人もいれば、ホワホワした感覚が気持ち良いと感じる人もいて、ASMRってなんぞやって言った場合に、その傾向や受け取り方も人それぞれだったりします。 元々の出自ははっきりとしていて、音だけではなく、視覚や、触覚、またはそれぞれの組み合わせもASMRネタとされていたのですが、近年のASMRの盛り上がりがyoutubeでの「音系ASMR」が中心となって盛り上がっていることから、「音フェチがそれぞれに気持ち良いと思う音」を多くが指しているものと認識してもほぼ間違ってないでしょう。 スクイーズ系の握るおもちゃや、触り心地の良い物をなでてたりすることで得られる絶頂もASMRとして復権する日も近いとは思うのですが。 ちなみに日本では読み方も「エーエスエムアール」の呼称はまだ定着しきっては無い感があるのですが、海外のASMR職人は「アスマリスト」と呼ばれているので、最終的には「アスマー」で定着する気がしてます。 勝間和代さんがおすすめする「アスマーネタ」一回試してみたいものです。