YouTube、誤報チェック機能がノートルダム大聖堂火災に9.11事件を関連付け。釈明は「ときどき間違える」

フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災は消防の尽力もむなしく、長時間にわたって大きな炎を空に噴き上げてしまいましたが、ネット上ではその模様を伝えるYouTubeのライブストリーミングページでも別の炎上案件が発生していました。 CNBCらが伝えたところによると、火災を伝えるライブストリーミング映像の下の部分に、解説として表示されるブリタニカ百科事典やWikipediaからの引用ページがニューヨークで2001年9月11に発生したアメリカ同時多発テロの解説になっていたとのこと。